05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2012.02.25 *Sat*

「ジェラシーの法則 二重螺旋【番外編】」レビュー

ジェラシーの法則

主要キャスト:緑川光・三木眞一郎・阪口大助・遊佐浩二・近藤隆・大畑伸太郎


愉しみにしていた二重螺旋の全サCD、昨日届きましたっ

ジャケットを確認して ム ラ ム ラ (ぇ)

と云いつつ、昨日は少し体調を崩していて帰宅してすぐにベッドに入ったので、結局聴けたのは今朝。
そして、リピ止まらず…!
激しい嫉妬に駆られる三木兄に萌えて萌えて萌え尽き、灰になりました…(サラサラサララ…/何)


今回のミニドラマ「ジェラシーの法則」は2010年のキャラコレ(全サ小冊子)に収録された番外短編。
全サを全サで音声化なんて…プレミア感は漂うけれど、逆に勿体ない!
これから二重螺旋にハマると入手するのが難しいものがどんどこ増えてゆく…

時系列はどの辺りかなあ。
二重螺旋関連の記事を書く際にいつも時系列が解らなくなります
ええと、夏休み中のお話で、尚ちゃんが真山妹関係でちょっとした怪我をした後。
桜坂くんは気合いで(笑)既に復帰済。
なので、やっぱり「相思喪曖」の後くらいでいいのかな。
「深想心理」はもう夏休み終わっているもんね。
…そもそも、1つ前の番外編「スタンド・イン」の時系列も良く解らない。
あれも確か夏休み中でしたよね。
けれどあれは桜坂くんの事件後、落ち込んでいた尚ちゃんの気分を浮上させるために…と云う内容だったので、「相思喪曖」よりは前ってことでイイんだよ…ね?(誰に訊いてる)
どなたか時系列表をください…!(笑)

ともかく、尚人・番犬トリオと共に花火大会へ行く、の巻です★
今回は篠宮三兄弟に加えて番犬トリオも登場で、とても豪華な面子

タイトルの“ジェラシー”の主語(?)は、雅紀兄さん
基本的に尚ちゃんと番犬トリオの、微笑ましい高校生青春★夏休み話のはずが、最終的には雅紀の尚人への激しい執着心に総て掻っ攫われると云う
本当に恐ろしい萌え兄貴ですよ、三木きゅん…(*´Д`*)ハァハァハァハァ


スポンサーサイト

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2011.11.29 *Tue*

「深想心理 二重螺旋5」レビュー

深想心理 二重螺旋5
Chara CD Collection 深想心理(しんそうしんり) 二重螺旋5

お勧め:★★★★★
絡み:★
主要キャスト:緑川光・三木眞一郎・阪口大助・遊佐浩二・近藤隆・大畑伸太郎・浜田賢二・柚木涼香


面白かったー!

また二重螺旋の波がやって来て、今作も相当リピっていますが、CD1巻から順番に聴き返して…たぶんシリーズ通して3回ずつくらいリピりました
どんだけ好きなんだと云う…
そんな時間があるなら、積んでいるCDを少しでも崩せばいいのに…って自分でも思ってます(…)

何と云うか、もうこれはBLCDの領域で語るのはちょっと違う気がして来ました。(ぇ)
内容は完全に昼ドラです。
このシリーズのレビュを書く度に、何だか言い訳めいたことを最初に書いてしまう癖が付いているのですが(…)、ひろはこのシリーズが好き過ぎて最早基準が解らないんですよね
面白いんです、ストーリーが面白くて聴き応えもあるしリピート率もとても高い。
けれど、今は昼ドラ的ストーリー展開の方がメインになって来ていて、BLCDとしてはどうなのかな、無条件にお勧めして大丈夫なのかな…と云う躊躇があります。
大好きな作品なので、その辺りをちゃんと説明したくなると云うか…(苦笑)。

あっ、三木くん×光ちゃんは今回も勿論美味しかったです
脇キャラへの愛着も深まり続けているし、本当にこのシリーズ永遠に続いて欲しいなあ


・ストーリー
吉原理恵子さん原作。シリーズ第5弾です。

第1弾「二重螺旋」のレビュは此方。
第2弾「愛情鎖縛 二重螺旋2」のレビュは此方。
第3弾「攣哀感情 二重螺旋3」のレビュは此方。
番外編「情愛のベクトル」のレビュは此方。
第4弾「相思喪曖 二重螺旋4」のレビュは此方。
番外編「スタンド・イン」のレビュは此方。

借金返済のため、慶輔が篠宮家の暴露本を出版するらしい――実の父親の非道な行為に呆然とする尚人(緑川さん)に、兄・雅紀(三木くん)は「俺が護るから、何も心配しなくていい」と断言。
その揺るがない言葉の強さに絶対の信頼を寄せつつも、兄の負担を思うと不安を隠せない尚人。
そんな中、遂に本が発売。
周囲は一気に騒然とし、マスコミが家や学校にも押し寄せて――。


突然今作から手を出す方はかなり少数かとは思いますが、一応注意をば。
兄×弟の兄弟相姦です。
それもCD1巻は強姦からのスタート、へたれひろは萌える以前にしんどい、痛い、辛い、が先走ってしまって、今思えばえらく長い間封印していたCDでした。
それが今ではこんなにリピートしているんだから何が起こるか解りませんね(笑)。



ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2011.04.24 *Sun*

「スタンド・イン 二重螺旋【番外編】」レビュー

スタンド・イン

主要キャスト:緑川光・三木眞一郎・阪口大助・浜田賢二


これ、めちゃくちゃ愉しみにしていたのに、すっかりレビュを書き忘れていました
『二重螺旋』シリーズの全サCDです♪
確か2月下旬に届いたので、もう2ヶ月も前…(遠)

このシリーズの番外編全サCDも2枚目。
原作は全サ小冊子「CHARA COLLECTION EXTRA 2009」に収録されていた「スタンド・イン」です。

時系列的には、「攣哀感情」の後になります。
桜坂くんの事件後、落ち込んでいる尚人(緑川さん)を浮上させるために、雅紀(三木くん)と裕太(阪口さん)のはからいで夏休み水族館デートに出掛ける2人――と云う感じ

ひとことで云うと、 温 泉 エ ッ チ です (ひろさん…)

このシリーズ、殺伐とした本編とは違って番外編は甘いの~~
めっちゃ癒されました
プラス、番外編のお愉しみは何と云っても篠宮3兄弟キャストのフリートーク!
制作側もそれを了解しているのか、どのトラックよりもフリトが長いと云うミラクル(笑)。
今回は浜田さんも加わって4人のフリートーク、必聴です!



ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2010.11.24 *Wed*

「相思喪曖 二重螺旋4」レビュー

相思喪曖 二重螺旋4
相思喪曖 二重螺旋4

お勧め:★★★★★
絡み:★
主要キャスト:緑川光・三木眞一郎・阪口大助・遊佐浩二・浜田賢二・大畑伸太郎・近藤隆・柚木涼香


ちょっとリピートし過ぎていました

いやはや。
緑川光受を聴くのが久々だったのもあるのですが、何より、心待ちにしていたシリーズの続編(!)と云うことで、届いてから延々と…それはもう、BGMかと云うくらい流し続けていました

尚人(@光ちゃん)が可愛くて可愛くて可愛くて可愛(∞)

ハアア…
この熱く迸る想いを何処に持っていけばイイの…!(ごろんごろんごろんゴンッ)


・ストーリー
吉原理恵子さん原作。シリーズ第4弾です。

第1弾「二重螺旋」のレビュは此方。
第2弾「愛情鎖縛 二重螺旋2」のレビュは此方。
第3弾「攣哀感情 二重螺旋3」のレビュは此方。
番外編「情愛のベクトル」のレビュは此方。

常識や道徳を捨てても欲しかった、実の弟・尚人(緑川さん)の心。
それを手に入れた今、雅紀(三木くん)に怖いものは何もない。
ところが或る日、父の愛人の妹・瑞希と尚人が面識があったと知らされた上、尚人が怪我をしてしまう。
嫉妬と心配で苛立つ雅紀は、「二度と俺に隠し事はするな」と初めて尚人に弱音を曝し――。

以下、原作のレビュもどきより一部引用。

父の不倫から始まった家庭崩壊。
父が居なくなり、姉が出て行き、母が亡くなり、弟は引き籠もりに。
何もかもが壊れて行く中で、半ば無理強いされた兄・雅紀との身体の関係を断ち切れずにいる高校生・尚人。
兄弟相姦という二重の禁忌に縛られながらも、甘い言葉で嬲ってくる憧れの兄には逆らえない。
そんな或る日、尚人は通り魔事件に巻き込まれ、それを切欠に人気モデル・MASAKIと兄弟関係であること、そしてその複雑な家庭環境がマスコミに暴かれることに…。
それでも、家族や友人、殊に雅紀の支えで事件のトラウマを抱えつつも復学。
元通りの日常が戻って来たかと思えば、同じ事件の被害者である後輩・野上が尚人にだけ懐き、更には執着を持ったことが発端となり、尚人の親友とも云える桜坂が刺されると云う新たな事件へと発展――。



↑此処までが、CD第3弾までのストーリー。
最初は兄弟相姦と云う雅紀と尚人の禁忌の関係がメインだったこのシリーズ。
巻を追うごとにそこが安定して来て“背徳性”はかなり薄れ、第4弾となる今回のCDは父親を軸としたトラブルが話のメインになっています。
なので、メインCPの禁忌の関係性がお好きな方(+お好きだった方)にはお勧めし難いです。
が(!)、ひろは何よりも尚人の幸せと雅紀の恋の成就を願っているので、今の展開は(2人の関係性に関しては)心地好くて萌えるの…

今回はCD1枚だったこともあって正直聴き足りない!
1日も早く、『深想心理 二重螺旋5』をCD化して戴きたいですっ



ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2009.03.19 *Thu*

「影の館」シリーズ(光の書・影の書)

影の館 novel&scenario
影の館 novel&scenario
※ドラマCDはメイトか、メーメイカーさんにて。


この週末、金曜日の冷たい雨のせいか風邪一歩手前の危うい感じだったひろ。
土曜日は元気だったのに、日曜日に撃沈(…)。
ベッドに横になって何をしていたかと云いますと、最近聴き返したい欲求が激しく募って仕方なかった「影の館」シリーズを、怒涛の通し聴き!

時間にして、何とまあ6時間半

流石に通しでシリーズを総て聴いたのははじめてな上、聴き返すのもかなり久々。
自慢じゃないですが、ひろはめちゃくちゃ飽きっぽいので、長時間集中してドラマCDを聴けないタイプ…。
すぐに違うことをしたくなってしまうのです。
が、もうのめり込むようにして聴いてしまいました。6時間半。
これ、「二重螺旋」シリーズに今までより更にハマってしまったせいもあるなあ…。
何せ、三木くん×光ちゃんが愛しくて恋しくて仕方ないの…!
そして、三木くんの大波は一向に落ち着く様子を見せません
このシリーズの記事を何故書きたくなったって、
三木くんが本当に惚れ惚れするくらい格好良いからです(とすっ)
「SASRA」と新譜はどうしたのひろさん…(…)


・ストーリー
吉原理恵子さん原作。
影の館――それは唯一の主人(エロヒム)の糧となるべく、その訪れをただひたすら待ち侘びる“影”(シャヘル)たちが集う、馨しくも忌まわしい、囚われの館。
天使達の頂点に君臨する天使長・ルシファー(緑川さん)と熾天使(セラフィム)の君主・ミカエル(三木くん)。
無二の友情で結ばれていたはずのミカエルとルシファー。
だが、ミカエルが自分のシャヘルとしてルシファーを力ずくで手中にしたことにより、天界を揺るがす愛執のストーリーが幕を開ける――。


――その妄執の果てに辿り着く岸辺は狂気か、束縛という名の究極の愛か?
もう、これ。
この一文に尽きます。
妄執、究極の愛、狂気。
ルシファー(光ちゃん)に執拗過ぎる愛…最早愛執としか云えない想いを注ぐミカエル(三木くん)の狂気が、凄まじいのひとこと。
キャスティングのせいもありますが、或る意味「二重螺旋」天界版
けれど、このシリーズはひろにとっては萌えとはまたちょっと違った位置に君臨する作品です。
萌えとかそう云うふわっとした言葉で片付けられない、どす黒い愛。
耽美度は「二重螺旋」を煮詰めて煮詰めて水が無くなるまで煮詰めた感じ…(笑)。

愛に勝る狂気はないことを思い知らされる、ミカエル本人としか思えぬ三木くんの凄まじさ。
もう……、苦しくて苦しくて仕方有りません。
子細なレビュは色々と余裕がないので控えますが、書きたい波は確実にやって来ているのでメモだけでも…。(最近そんなのばっかり)

そして雑感を途中までUP。(3/10 深夜)
更に「影の館2 影の書」の雑感を追記。(3/19)



ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2009.02.03 *Tue*

「攣哀感情 二重螺旋3」レビュー

攣哀感情 二重螺旋3
Chara CD Collection 攣哀感情 二重螺旋3

お勧め:★★★★★
絡み:★★
主要キャスト:緑川光・三木眞一郎・阪口大助・遊佐浩二・浜田賢二・武内健・近藤隆


愛されまくる尚人がひろも大好き…ねこ

シリーズとして、話が進んでいるかと問われればちょっと無言になってしまいますが(…)、この第3弾はどちらかと云うと、尚人が自分に向けられる雅紀の愛情を知り、裕太が少しずつ変化を見せはじめ、客観的にも尚人の主観的にも報われ始めたところで、日常に立ち返った感じ。
前作からの話の流れはぶつ切りにされてはいませんが、雅紀×尚人の世界で考えると、これも或る意味、全サCDと同じく番外編な気も…。


・ストーリー
吉原理恵子さん原作。シリーズ第3弾です。

第1弾「二重螺旋」のレビュは此方。
第2弾「愛情鎖縛 二重螺旋2」のレビュは此方。
番外編「情愛のベクトル」のレビュは此方。

連続暴行事件のトラウマを抱えつつも、復学した尚人(緑川さん)。
兄・雅紀(三木くん)に告白されて以来、悦楽の時間はより甘く淫らになり、またその愛に支えられ、日常生活に少しずつ戻って行く。
が、元通りの日常が戻って来たかと思えば、同じ事件の被害者である一年生・野上(武内さん)が尚人に急接近。
心の傷が癒えず不登校になっている野上は、尚人にだけ懐き――。

シリーズの特質でもある“兄弟相姦の背徳性”が、第2弾で尚人が雅紀の心を知ったことで一気に薄れています。
そこがお好きだった方には第3弾はちょっと物足りない感じかも…。
ひろは尚ちゃんが大好きで大好きで仕方なくて、兎に角早く幸せになって欲しかったので、寧ろこれくらいラブラブで尚ちゃんの心が幸せな方が嬉しいのですが
当時のひろは、自分が世間の萌えと激しくズレていることに落ち込みました(笑)。
けれど、ラブラブ…いいよ、ねえ…。(小声/…)
ねえ、ろんさん…(ぎゅ/名指ししないでください)

2人のラブラブ幸せにただ萌えているのとはちょっと違います。
「二重螺旋」→「愛情鎖縛」と云う経過があってこそ、幸せな2人に激しい萌えを感じます。
変かもしれないけれど、ひろの中で、これは逆も云えることで。
「攣哀感情」の2人の穏やかな雰囲気と、「愛情鎖縛」ラストでの告白があったからこそ、「二重螺旋」が凄く面白いって思えるし、しんどいのが解っていても聴くことが出来ます。
巧く出来ています(笑)。
ひろが今のところこのシリーズの絡みで一番好きなのが(突然何を云い出すか)「二重螺旋」での、尚人が「セックスするの、やめたい」って雅紀に伝えた時のお仕置きエッチなのですが。
あれに萌えられるのは、このCDを聴いて穏やかな2人に辿り着けることを知ったからです。
だから、やっぱりこのシリーズはそれこそ螺旋と云いますか…、立ち返って、また先を聴いて、それで萌えが加速するんじゃないかなあと個人的には思っています。



ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2009.01.29 *Thu*

「情愛のベクトル 二重螺旋【番外編】」レビュー

小説 Chara 2009年 01月号
小説 Chara (キャラ) 2009年 01月号 [雑誌]

主要キャスト:緑川光・三木眞一郎・阪口大助・浜田賢二


↑はこの番外編CD(全サです…)の原作の漫画Ver.が載った雑誌です。
ひろは全然知らなくて、年が明けて大分経ってからと云う超絶に「今更」な瞬間から探しはじめたのですが、案の定店頭からもWeb上からも消え去った後…。
最終オークションかなあ…と思っていたら、何と!
季菜子さんが雑誌ごとプレゼントして下さいました…!ねこ
うううう…っ、天使……!
本当に本当に有り難う御座いましたっ
相変わらず、いつもいつもして戴くばかりのひろです…だめなこです…今年はいいこになりたい…

そんなこんなで(?)念願の尚人・漫画Ver.を読んで更に二重螺旋熱が上がりました
CDを聴きながら、何度も何度も雑誌を読み返すと云う無限ループにハマっています…。
この番外編、最初っから最後までただただ穏やかで幸せで癒されます。
二重螺旋シリーズの番外編だからこその癒し効果なんでしょうけれども(苦笑)。
体力のない時でも、尚ちゃんの声を気軽に愉しめると云う点ではとても貴重な1枚かと
結構前の、しかも普通に買えない全サのレビュもなあ…と思いつつ、萌えの覚え書き程度に…。


●吉原理恵子さん原作。シリーズ番外編です。

第1弾「二重螺旋」のレビュは此方。
第2弾「愛情鎖縛 二重螺旋2」のレビュは此方。

攣哀感情 二重螺旋3」のレビュを書く前にこっち書くのもごちゃっとしてアレだなあ…(しかも全サだし…)なんてちょびっと悩みつつ。
久々に聴いたらフリートークが面白過ぎて書かずにいられなくなりました
このお話は時系列的にも「攣哀感情」の後…になるのかなあ。はて。



ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

プロフィール

    管理者:ひろ
    西に生息中のBL・ネイルアート好き声ヲタ。
    男性声優さんに関してはかなりの博愛主義。
    どうぞお気軽にお話ししてやって下さいv

    ●愛・好・尊・萌
    緑川光・中村悠一・中井和哉・子安武人
    戦国BASARA・TIGER&BUNNY
    西川貴教(TMR/TMR-e/abs)
    鹿乃しうこ・京極夏彦・辻村深月 and more...

    嗜好の詳細は取り扱い説明書をどぞ。

    ぱちぱち(*゚▽゚ノノ゙☆

    --
    2008年マイベストBLCD * 2009年マイベストBLCD
    2010年マイベストBLCD * 2011年マイベストBLCD

    緑川光さんにまつわる20の質問 * 中村悠一さんにまつわる20の質問



カウンタ

 
現在の閲覧者数:

Thank you for visit!
500,000HIT 08/07/23
1,000,000HIT 09/04/02
1,500,000HIT 09/12/07
2,000,000HIT 10/12/07
2,500,000HIT 11/09/22
3,000,000HIT 12/12/27
with Ajax Amazon



ブログ内検索

blog ranking★ * にほんブログ村へ * blogram投票ボタン * FC2 Blog Ranking



ゲーム・BL新作商品情報



新着記事



カテゴリ



コメント有り難う御座いますv

    データ取得中...



過去ログ



blog内記事ランキング



拍手ランキング



読書メーター

ひろの最近読んだ本



BLCD攻×受リスト



お買いもの?



ひろ×Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter



    Link



    QRコード

    QRコード



    RSS



    --

    track feed .



    Copyright © Little Sweets. All Rights Reserved.
    テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材: ふわふわ。り )     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。