07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2007.12.31 *Mon*

「シナプスの柩Ⅱ」レビュー



お勧め:★★★★★
絡み:★
主要キャスト:野島健児・小西克幸・千葉一伸


こんなにも、終わってしまうのが残念に思えるCDは久々です。
夏に発売された1巻から秋・冬と待って、漸くリリースされた本作。
待ち続けた甲斐あって、とても素晴らしい出来栄えでした。
それはもう、終盤に近付くにつれて終わってしまうのが勿体無くて仕方ないって、もっともっともっと聴いていたいって思えるくらいに。
切なくて痛くて辛くて、けれど可愛いところも息の抜けるところもちゃんとある、愛しさに溢れた作品でした。

心の底からお勧めです。沢山の人に涙して戴きたいです。


・ストーリー
華藤えれなさん原作。
Ⅰのレビューは此方。
高校時代に母親、大学時代に父親を亡くし、天涯孤独の身となった桐嶋水斗(野島さん)。
彼は日本心臓外科界の権威・長山の援助により医師となった。
だが、やがて才能と身体で長山に代償を求められることになる。
長山の甥のために研究論文を総て譲ること。そして、身体の関係を強要され――。
長い年月の間与えられた屈辱のために、心身ともに疲弊してしまった水斗。
救いを求める彼の前に、神業とも言える技術を持つ外科医・樋口洋一郎(小西さん)が現れた。
長山の呪縛から逃れるため、最後の望みを樋口に賭けた水斗だったが、彼に長山との関係を目撃されただけでなく、拒絶されてしまい――、水斗は失意の果てに自らの命を絶つことを選ぶ。

奇跡的に一命を取り留めたものの、記憶を無くし、汚れた過去を忘れ、無垢な子供の心に戻ってしまった水斗。
そんな水斗の姿を見た樋口は自分を責め、彼の面倒を見ていこうと決意する。
過去はこれからつくればいい――。
プライドを捨て、必死の想いで水斗に新しい日常を教えていく樋口。
そんな樋口を慕い、純真な想いをぶつけてくる水斗。
二人はゆっくりと愛を深め合い、未来を築き始めた。
一方で樋口は、心臓外科学会シンポジウムにて長山への復讐の機会を狙う。
だが、その裏では長山の魔の手が再び水斗に迫っていた――。

前作では解らなかった独特の世界観、リアルにどろどろしいストーリー…、免疫がついたのか何なのか、今回は純粋に面白かったと云えます。
ウイルスが暗喩するもの、色んな符号がピタリとハマって――って、前作の時点でそれすら気付けなかったひろさん、だめですか?(しーん)
ただ、色々新事実はあったものの、長山教授は悪の巣窟でした(どんな)
水斗が目に見えて解る健気さや懸命さを見せてくれたこと、その水斗に樋口が包みこむような愛をもって全力で向かって行くところ――矢張りラブはいいです(そんな感想なのかよ)
のじのいじらしい声と行動に、心が痛くて切なくてたまりませんでした。
前作ではこにたんに泣かされましたが、今回は兎に角のじの声に胸をぎゅうううっとされたように思います。


スポンサーサイト

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2007.08.04 *Sat*

「シナプスの柩I」レビュー



お勧め:★★★★★
絡み:★
主要キャスト:野島健児・小西克幸・千葉一伸


聴き始めから中盤までは、都会の大学病院を舞台とした、兎に角暗くてしんどい、聴いていても不快なだけの病院社会の裏事情がやけにリアルに淡々と展開され、正直これがBLである理由が何処にあるのか解らずに微妙な気持ちに。
野島さんが演じる主人公も、感情があるのかないのか、与えられる非情過ぎる現実を体温の無いロボットのように、ただ遣り過ごしては耐えているだけ。。。
確かに可哀想ではあるけれど、健気に耐えているようには到底思えず、自分の身を護るためとは云え、睡眠誘導剤を使ったり…と、ひろの耳には卑屈で厭なだけの奴に届き、情の生まれない厭な受けだなあと。
小西さんの役も完璧で凄い人なだけであって、特に萌えもないし、如何したものかしら…と半ば遣り過ごすような気持ちで聴いていました。
それが中盤、話が一転してからはストーリー展開にぐいぐいと引き込まれ、萌えが生まれ、本編のラスト2分で思わず涙が零れました。
BLと云うよりは、人間ドラマとして秀作だと思います。
原作も読んでみたいところ。続きが気になって仕方ないんです。。。


・ストーリー
華藤えれなさん原作。
高校時代に母親、大学時代に父親を亡くし、天涯孤独の身となった桐嶋水斗(野島さん)。
彼は日本心臓外科界の権威・長山の援助により医師となった。
だが、やがて才能と身体で長山に代償を求められることになる。
長山の甥のために研究論文を総て譲ること。そして、身体の関係を強要され――。
心身ともに疲弊し、悲しいだけの日々を送っていた水斗の前に、ひとりの男が現れる。
NYで数々の実績をおさめた敏腕外科医・樋口洋一郎(小西さん)。
彼を利用し、長山の手の届かない米国で医師としてやっていく――。
最後の望みを樋口にかけた水斗だったが、その望みも長山の手によって絶たれた。
その上、長山との関係を樋口に目撃され、絶望の淵に立った彼の選んだ道は――。

独特の世界観です。
初めて聴いた時は、前半部分のメイン2人の繊細な心の動きに付いて行けず(…寧ろ気付けず?)、双方の言動の意味が良く解らずに「うーん」と思いながら聴いていましたが、解ってから何度も聴く内に、水斗の辛さや痛さやなんかにヒくこともなくなりました。
何よりもストーリーがリアルにどろどろしくて、華藤えれなさんて何者なの?! と(笑)。
モノローグが原作そのままならば、とても美しい文章を書かれる方ですね…
と思っていたら、スレイヴァーズシリーズを書かれた方でした!(どれだけ無知なんでしょうか…)



ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2006.10.06 *Fri*

「夜ごと蜜は滴りて」レビュー

夜ごと蜜は滴りて
LYNX CD COLLECTION 夜ごと蜜は滴りて

お勧め:★★★☆☆
絡み:★★★★★★
主要キャスト:野島健児・小西克幸・神谷浩史・遊佐浩二・福山潤・増田ゆき・風間勇刀


・ストーリー
和泉桂さん原作の、時代特有の風情が漂う下克上ラブです。
時は大正。没落しつつある旧家の次男・清澗寺和貴(のじけんさん)は、美貌と奔放な振る舞いで社交界に「淫乱」との醜聞を垂れ流していた。
そんな中、秘書仲間の深沢(小西さん)と出会い、彼の清廉で温和な人柄に反感を覚えつつも、我知らず惹かれていく。
しかし、彼の中に直接的に宿った想いは、深沢を己のものにして、それから後に貶めたいと云う、何とも歪んだ独占欲であった。
その想いに従い、深沢を誘惑した和貴を待ち受けていたのは、もう一つの顔を持つ深沢の仕掛けた淫靡な罠だった――。

待望の小西さん×のじけんさん なCDです。
このお二人は、「ねじれたEDGE」、「手を伸ばせばはるかな海」の名作CDCPなのです
ひろは両作とも大好きで大好きで何度も聴いているので、今回とっても愉しみにしておりました
…が、今回もその過剰な期待に自ら堕とされました。。。

現在ひろは、BLCDは99%キャスト買いです。
原作が大好きで大好きでCD化を待ち望んでいるもの以外は総てキャスト買いなのです。
BLものは小説・コミックスとも数を読破しておらず、明るくないせいもあるのですが、何より、何度も叫んでおりますようにひろは声ヲタなのです。
でもね、声や演技に「萌える」か如何かと云うポイントは大きく原作に関わって来るのですよね。
原作の雰囲気や世界観やキャラクタや何よりストーリー自体が好みであれば、自ずと萌えはやって来るものでして。。。
今回は、そう云った意味の萌え度が個人的に低かった(過剰な期待のせいもきっと有りつつ)ので拍子抜けでした 2枚組で聴くの、疲れちゃったのかなあ…



ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2006.08.06 *Sun*

「手を伸ばせばはるかな海」レビュー

手を伸ばせばはるかな海


お勧め:★★★★★
絡み:★★
主要キャスト:野島健児・小西克幸・鳥海浩輔・鈴木千尋・黒田崇矢


・ストーリー
『完璧な』弟・和輝(鳥海さん)に対する劣等感の末、湘南の人気レストラン「ブルーサウンド」に居場所を見つけた大学生・宮上瀬里(のじけんさん)。
スタッフの中で唯一苦手なのが、大柄で野性的な厨房担当・中河原大智(小西さん)だった。どこか弟を思い起こさせる自信に満ちたその態度は、気弱な瀬里を萎縮させるが、やがてそれは彼なりの気遣いである事に気付く。
そんな折、大智は突然現れた和輝から瀬里をかばったうえ、キスをしてきて――。

ひろが大好きな崎谷はるひさん原作の、じれったい系青春ラブストーリー。
以前レビューを上げた、「目を閉じればいつかの海」の続編です。
厳密には「続編」ではなく、同じカフェレストランを舞台にした、同じ時間軸での別のカップルのお話ですので、このCDだけでも充分楽しめます
今回もボリュームたっぷりの2枚組で、細やかなところまで原作の良さが聴ける出来栄え。
話がしっかりしていて面白いのでさくっと聴けてしまうところも魅力的です。
特に派手な設定や展開のあるお話ではなく、細やかな心理描写で進んで行くじれったい感じのラブストーリーで、敢えて悪し様に表現するならば、「地味」です。だからこそ、声優陣の演技力が光る作品になっていると感じました。
切なくてお話に芯があって、原作共々お勧めします。


・声
主人公ハタチの大学生・宮上瀬里(みやがみ・せり)に、のじけんさん。
瀬里ちゃんの、天然でピュアなところがのじの声と演技で完全再現
瀬里は真面目でネガティブで大人しくて、一見気が弱そうでいて、確かに気の弱いところもあるのですが、意地っ張りで頑固者。…と云う、色んな意味で地味に難しいキャラ。
だけど、のじの声が乗るとめちゃくちゃ可愛い存在になってしまいます。
瀬里の喋り口調には特徴があって、やたらと「…」の間があったり、常にどもるみたいに読点が多いのですが、それが見事なまでに自然。のじ、グッジョブ
のじのお声は、可愛くてあどけない感じです。
まあるい声って云うのがひろ的にはぴったり来ます。
へっ? とか、ひっ、とか、小さな感嘆詞まで総て可愛い。
個人的に、絡みのシーンでえぐえぐ泣いてるところがめちゃくちゃツボでした。
こにたんの台詞で、「泣いてる…すっげぇ可愛い」って云うのがあるんですが、激同意です(笑)。

そんな瀬里を見守る厨房シェフの中河原大智(なかがわら・だいち)に、小西さん。
開けっ広げでサバっとしていていい意味で自由人。へたれな面もあるけれど頼れるいい男です
聴きはじめた時、大智ってこんな声だったっけ…? と思いました。
前作、「目を閉じればいつかの海」を聴いた時は、
これぞ大智! こにたんナイス!
と思った記憶があるのですが、今回は「…あれ?」でした。
理由は、こにたんの声が大智にしては結構男臭いと云うかオッサンっぽいなあと失礼ながら思ったからなのですが、聴き進めていくとそんな違和感も消えました。
フリートークでメインCPのお二人が仰っていましたが、このお話って「生」っぽいんですよね。
そんな「生」っぽいお話の一端を担っているのは、確実に大智の人柄だと思います。とても魅力的なキャラには違いないんですが、彼って普通に居そうなんですよね(笑)。
そんな、現実に存在していそうな大智の声は、こにたんのちょっと低めのトーン。がさつで男らしいのをベースに優しさやあったかさ、包容力を感じるお声です。
ほんと、おおらかな声ってあるんだなあって思います。
個人的にこにたんの語尾の按配がとっても好き。何か優しくて安心するんだよ~
SCENE14で瀬里ちゃんを呼び捨てにするところの声が超絶にセクシィです たまらん!

のじがコンプレックスを抱いている『完璧な』弟・和輝(かずき)に、鳥海さん。
この鳥ちゃんの演技がめちゃくちゃイイんですよ~!
天邪鬼でガキ臭い和輝が思わず愛おしくなります(笑)。
好きな子を虐めたくなってしまう小学生のような和輝なのですが、ほんとはお兄ちゃんなのじのことが大好きで大切なのです。
鳥ちゃんは小莫迦にするみたいに、揶揄するような声でのじに接するんですが、深層心理があらわれているのか、端々に甘えた雰囲気が滲み出ていて。
あ~、このひと匙加減が上手だなあと感心しました。
のじとこにたんの職場である、「ブルー・サウンド」で、のじをめぐってこにたんと鳥ちゃんが喧嘩をするシーンが2度ほどあるのですが、もうもうめちゃくちゃお気に入りです。
SCENE8の鳥ちゃんの台詞が特にツボ。
「…そんなに俺が嫌いかよ……」
「あんたの…? 瀬里が…? 何だそれ。瀬里、そうなの?
「瀬里を返せよ、俺のだったのに!!」
あああ、イイ…!
超歪んだブラコン。鳥ちゃん可愛いです
鳥ちゃんがメインの続編「耳をすませばかすかな海」もCD化されることを願います。
続編と云えば、ブルー・サウンドシリーズの第四弾の「振り返ればかなたの海」の攻キャラ・山ぴーのお声って安元くんなんですよね~!
うわあ、これがCD化されたらもしや安元くんBLCDデビューですか?!(ドキドキドキ)
確かPCゲームの「アニマムンディ」にメフィスト役で出演されていたかと思いますが、そこまで濃いシーンはなかったはず…。


フリートークはメインCPのツーショットで7分強。
のじの失敗談を嬉しそうにバラすこにたんと、相変わらずゆるいのじ。
癒される…(笑)。


▼原作(お勧めです
手を伸ばせばはるかな海
手を伸ばせばはるかな海 (角川ルビー文庫)

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

プロフィール

    管理者:ひろ
    西に生息中のBL・ネイルアート好き声ヲタ。
    男性声優さんに関してはかなりの博愛主義。
    どうぞお気軽にお話ししてやって下さいv

    ●愛・好・尊・萌
    緑川光・中村悠一・中井和哉・子安武人
    戦国BASARA・TIGER&BUNNY
    西川貴教(TMR/TMR-e/abs)
    鹿乃しうこ・京極夏彦・辻村深月 and more...

    嗜好の詳細は取り扱い説明書をどぞ。

    ぱちぱち(*゚▽゚ノノ゙☆

    --
    2008年マイベストBLCD * 2009年マイベストBLCD
    2010年マイベストBLCD * 2011年マイベストBLCD

    緑川光さんにまつわる20の質問 * 中村悠一さんにまつわる20の質問



カウンタ

 
現在の閲覧者数:

Thank you for visit!
500,000HIT 08/07/23
1,000,000HIT 09/04/02
1,500,000HIT 09/12/07
2,000,000HIT 10/12/07
2,500,000HIT 11/09/22
3,000,000HIT 12/12/27
with Ajax Amazon



ブログ内検索

blog ranking★ * にほんブログ村へ * blogram投票ボタン * FC2 Blog Ranking



ゲーム・BL新作商品情報



新着記事



カテゴリ



コメント有り難う御座いますv

    データ取得中...



過去ログ



blog内記事ランキング



拍手ランキング



読書メーター

ひろの最近読んだ本



BLCD攻×受リスト



お買いもの?



ひろ×Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter



    Link



    QRコード

    QRコード



    RSS



    --

    track feed .



    Copyright © Little Sweets. All Rights Reserved.
    テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材: ふわふわ。り )     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。