05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

This Category : BLCD(タイトルか行)

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2011.07.01 *Fri*

「恋する暴君3」レビュー

恋する暴君3
Dramatic CD Collection 恋する暴君3

お勧め:★★★★☆
絡み:★★★
主要キャスト:緑川光・鳥海浩輔・宮田幸季・杉田智和・関俊彦


まずは、製作に携わった総てのお方とBLの神様に感謝…!
インターさん亡き後、もう続きは聴けないものだと諦めておりました。
寧ろインターさんが通常運営していた頃から既に打ち切りかもと云う不安すらあったし…
リリースされただけで、聴かせて戴けただけで本当にめちゃくちゃ嬉しい…!
メインキャストの変更がなかったことが最大の僥倖です。
そこに更に投入された関さん…一体何のご褒美かと思いましたよね

けれど、こうなって来ると更なる欲もむくむくと…。
続き…出して戴けますよね?(いい笑顔で)


・ストーリー
高永ひなこさん原作の、シリーズ第3弾です★
5年近く片思いをしていた先輩の宗一(緑川さん)に「お前だから、ギリで我慢できてるんだろーが!」と云う特別宣言は貰ったものの、1週間に1度のHの約束もうやむやにされ、煮詰まっていく森永(鳥海さん)。
酔った宗一を送る途中、往来で思わず迫ってしまうのも仕方のないこと……。
しかし、そんな2人を見ていた人物が。
凶暴凶悪、史上最も手ごわい受・宗一に、天敵・磯貝(関さん)が現れる――!

第1弾「恋する暴君」のレビュは此方
第2弾「恋する暴君2」のレビュは此方


CD化にあたり、何となく危惧されていた某国民的アニメの歌が絡むと云う版権問題。
ひろ個人的には「え、申請して普通に使えないの?(無知)」と云う感じだったのですが、やっぱり色んなややこしい権利関係云々を置いておいても、BLだから問題アリなのかなあ…。
そこはサクっと、架空アニメのオリジナル曲に差し替えと云う形でクリアされておりました。
個人的には、“ドラ●もんの歌をちょっと音痴に歌う光ちゃん”をかなり愉しみにしていたので残念。
でも光ちゃんの歌自体は入っていて、“いい声なのに音痴”っぷりが素晴らしき出来栄え(笑)。
緑川光、天才じゃなかろうか ←全力で誉めてます

CD自体のリピ率は勿論高いのですが(特に歌が…/笑)、何だろう、前巻までの軽快さはちょっと影を潜めてしまった感じがあるかなあ。
突き抜けて良かった~~!! とは正直思えなかった自分が残念ですが、鳥ちゃんと光ちゃんの暴君コンビがお好きな方は必聴ですし、折角の続編にあまり水を差すようなことは云いたくないな…が素直な気持ちです。
取り敢えず、何を置いても兄さんの歌は凄く凄く聴いて欲しい…!(笑)


スポンサーサイト

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2011.01.24 *Mon*

「きみが恋に溺れる2・3」レビュー

きみが恋に溺れる2 // きみが恋に溺れる3
RUBYCD COLLECTION きみが恋に溺れる2 きみが恋に溺れる3

お勧め:★★★★☆
絡み:★★★★★★
主要キャスト:遊佐浩二・高橋広樹・森川智之


ひろ、このシリーズの綺麗でひたむきな天然受・ゆっちーが大好き
けれど、どうしたことでしょうか…
2010年にぽんぽんっと2作リリースされたシリーズ第3弾と4弾。

何度聴いても総てモリモリに掻っ攫われる残念なひろ… ←喜んでる

単なる当て馬としては勿体なさ過ぎます。
途中、もうピロキかゆっちーとくっついてもイイとすら思いましたし!!(待)
何だったら一番魅力的なキャラだったような気すら…
そんなわけで、この上なくピロキが羨ましい作品でした(笑)

お勧め度は、「きみが恋に溺れる2」が★4、「きみが恋に溺れる3」が★5と云ったところ。
きみ恋3はシリーズの中でも一番シリアス。
礼一郎の想いと行動に胸を打たれました。泣けました


・ストーリー
高永ひなこさん原作。
「きみ恋」シリーズ第3弾・第4弾です。

●きみが恋に溺れる2
呉服屋・藤乃屋に勤める陣内(高橋さん)の上司は、社長令息で店長の主藤礼一郎(遊佐さん)。
感情が表に出にくい礼一郎に最初は反発していた陣内だが、紆余曲折を経て恋人同士に。
だが、自分から求めてこない礼一郎に陣内は不安を覚える。
そんな或る日、展示会の打ち合わせのため、陣内の先輩でもある鬼島(森川さん)が現れ、礼一郎にちょっかいを出してくる。
鬼島に警戒しない礼一郎に苛立つ陣内だが――。

--

●きみが恋に溺れる3
呉服屋・藤乃屋に勤める陣内にとって、社長令息であり店長の礼一郎は、上司であると同時に年下の可愛い恋人でもある。
先輩の鬼島からの横槍もものともせず、二人は幸せ絶頂…のはずだったが、礼一郎の見合い話が進むにつれ、微妙な擦れ違いが生まれてしまう。
さらに、その隙をつくように鬼島が陣内に再び迫って来て――。

第2弾「きみが恋に溺れる」のレビュは此方。


あらすじでも鬼島さん祭りだなあ(笑)。
このままにしておくのは勿体なさ過ぎるモリモリキャスティング。
原作・CD共に更なるスピンオフを是非…っ!
な、何ならひろが立候補をば…っ(強制退場)



ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2011.01.08 *Sat*

「黒衣の公爵」レビュー

黒衣の公爵
黒衣の公爵

お勧め:★★★☆☆(うーん、3.5かな…!)
絡み:★★
主要キャスト:立花慎之介・森川智之・下野紘・羽多野渉・日野聡・檜山修之・遠近孝一


暫くの間、2010年リリース作品の中で何か書いておきたいって思った作品や、何故かレビュを書いていない! な作品をぼちぼちUPしていくつもりです。(つもり…/弱気)
なのですが、好き! って思っても何かうまく文章が綴れないものもあるんですよねえ。
何でだろ。(訊かれても誰も知りませんて)

…そんなわけで(?)、覚書かメモ程度のものもぽんぽんっと上げてみようかなと。
アンケートのコメント欄等々で、うちのレビュを読み物として好きだって仰って下さる方が意外といらしたので(ありがとうございます…!)、頑張りたいんですが…普段より更に読み物なんてそんなレベルに達していない短いものもごさっと上がる予定です…すみませ(…)。
とか書いてる間に既にちょっと長くなってると云う。
これが残念なひろクオリティ

記事のタイトルを“レビュー”にするか“メモ”にするか迷ったのですが、取り敢えずレビュで統一しておきます。


・ストーリー
剛しいらさん原作。
隣国との和平交渉の特使として、ただひとりの付添人アンディ(下野くん)を連れて、南紅大国に向かうシオン・ド・オルレアン(立花さん)。
北青王国の王子として生まれ、類まれなる美貌と優れた人格をもつシオンだが、彼の別名は「黒衣の公爵」。
彼を愛した者は、皆死んでしまう――死神に愛された王子。
そんな不吉な運命を抱くシオンを迎えた隣国の国王・天人(森川さん)は、シオンの運命と自分の強運、どちらが勝つか賭けようと宣言する。
そしてその言葉の意味は、彼がシオンを愛すると云うことに他ならないのだが――。

面白かった! けれど、聴くひとを選ぶ1枚。
としか云いようがない…
カタカナが壊滅的にだめなひろは、物語の舞台が異国だと許容範囲を超えがちなのですが(…)これはそう云った点はクリア出来たように思います。
単に声で聴き分けているからかな?(笑)
結構辛くて痛い過去回想もあるので、そう云うのがひどく苦手な方は気分が落ちてしまうかも。



ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2010.10.29 *Fri*

「COLD SLEEP」・「COLD LIGHT」・「COLD FEVER」・「LAST FEVER 四季」

COLD SLEEP / COLD LIGHT / COLD FEVER
ルボー・サウンドコレクション ドラマCD COLD SLEEP ルボー・サウンドコレクション ドラマCD COLD LIGHT ルボー・サウンドコレクション ドラマCD COLD FEVER

主要キャスト:野島裕史・羽多野渉


やっと、やっと通して聴きました。
3作+通販特典、計7枚。7時間…もっと?(苦笑)

もうね、なんだろう…。
壮絶。凄絶? 悲惨?
どんな言葉を並べればいいの…

切ない、なんて思っていたのは最初だけ。
痛々しくて苦しくて哀しくて、辛くて辛くて一体何処にこの気持ちを持って行けばいいのか…持て余しています。
何度も何度も心が折れそうになりながら、それでも聴くのをやめられなかった。
この云い方が自分の伝えたいニュアンスと合っているか解らないけれど、純粋に、面白かったです。
正直、凄まじく気力・体力を奪われました。
作品の内容だけではなくて、今の自分の心持ちみたいなものも、何とも形容出来ません。
けれど、この哀しい2人がひどく愛しくて、幸せになって欲しいと心から思いました。


・ストーリー
木原音瀬さん原作。

●COLD SLEEP
事故で記憶を失くした高久透(羽多野くん)は、自分の友達だと名乗る年上の男・藤島啓志(野島裕史さん)に引き取られた。
藤島は極端に無口なうえ、透の「過去」を何ひとつ教えてくれない。
自分が何者かも解らず、透は何処にも居場所がないような寂しさを募らせる。
しかし藤島と共に暮らすうち、彼の中に不器用な優しさを見いだして──。

●COLD LIGHT
透をかばって負った傷も癒え、藤島の退院の日がやって来た。
再び2人の生活がはじまり、恋人として暮らしたいと願う透。
しかし藤島は「君と恋愛するつもりはない」と拒絶する。
透の記憶が戻った際のこと、過去の“何か”を藤島は恐れていて――。

●COLD FEVER
或る朝目覚めた時、透の時間は6年の月日が経っていた――。
事故で失くした記憶を取り戻したものの、周囲に愛されていた『もう一人の自分』の影に苦しみ、さらに誰よりも憎んでいた男・藤島と同居していたことに驚愕する透。
藤島に見守られ、失くしかけた夢と歳月を取り戻そうとする透だが、藤島の裏切りが明らかになり――。


原作未読です。
ひろ、いつもBLCDのレビュを書く時は最低でも4~5回リピートします。
でも…これは出来ない、なあ…
内容も、いつもは声のことや好きなシーンのことばかり言及しがち。
けれど、この作品に関してはもう、云いたいことも思うことも総てストーリーそのもののことばかり。
これって、逆に云うと声にちっともギャップがなかったってことなんだろうなあって。

精神的にも、肉体的にも極限に痛め付けられる、悪夢みたいなストーリー。
それでも聴くのを止められない自分は、ドMになってしまったのかと思いました(ぇ)
ストーリーにも芝居にも、2枚組の3部作を聴かせるだけの、確かな力がありました。
秀作だと思います。

いつもの調子のレビューはいつまでたっても書けそうにないので、覚え書き程度に思ったことをつらつらと書いてみようと思います。
どうにも纏まらないので、長いだけで異常に読み辛いと思います…
斜め読み推奨。
いつも通り、ストーリーのネタバレはデフォルトですのでだめな方は此処までで。



ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2010.07.31 *Sat*

「愛しき爪の綾なす濡れごと」レビュー

愛しき爪の綾なす濡れごと
愛しき爪の綾なす濡れごと

お勧め:★★★★☆
絡み:★★★
主要キャスト:緑川光・平川大輔・遠近孝一・杉山紀彰・川原慶久・岸尾だいすけ・下和田裕貴


平川さんと光ちゃんは、受×受お花畑CPをもっと演ればイイ…!!

この、綺蝶×蜻蛉CPメインのCDは3作目。
以前リリースされた番外編が聴きおさめかと思っていましたが、何と此処に来て過去に立ち返ってのまさかの2枚組。
時間軸の構成が入り組んでいるので、愉しみ方は人それぞれと云う感じですね。
ひろはどちらかと云うと、ファンディスク的なスタンスで聴きました★

前回は確か、光ちゃんの蜻蛉が最初聴いた時と印象が全然違ってめっちゃイイ~!! とめろめろになったのですが、今回はもうもう、平川さんに耳が釘付けっ!
此処まで聴いて、改めて綺蝶の平川さんは神キャストだったなあってしみじみ思いました
攻めなのに何処か受けなんだよなあ、平川さん…凄いよ。
と云うか平川さん×光ちゃんは矢張り好みだ…


・ストーリー
鈴木あみさん原作。
花降楼シリーズ、第9弾です。
吉原にある男の遊郭・花降楼。
傾城・蜻蛉(緑川さん)は、娼妓の身でありながら仕事で抱かれることに嫌悪感を抱いてしまい、ちっとも客の相手をしようとしなかった。
見かねた遣り手の鷹村(遠近さん)は、蜻蛉の出した条件に見合う『理想の客』として目下売り出し中の俳優・水梨慎哉(杉山さん)を登楼させる。
だが、初会の座敷には水梨だけでなく、お職争いのライバルである綺蝶(平川さん)とその上客の東院(川原さん)が一緒にいて――。

▼同じく綺蝶×蜻蛉CPがメインの作品
シリーズ第2弾「愛で痴れる夜の純情」
シリーズ第6弾「華園を遠く離れて」

▼因みにその他の花降楼シリーズ。
シリーズ第1弾「君も知らない邪恋の果てに」
シリーズ第3弾「夜の帳、儚き柔肌」
シリーズ第4弾「婀娜めく華、手折られる罪」
シリーズ第5弾「華園を遠く離れて~弄花~」
シリーズ第7弾「媚笑の閨に侍る夜」
わわっ、8枚目だけレビュ書いてない…!(…)



ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2010.04.12 *Mon*

「キスができない、恋をしたい」レビュー

キスができない、恋をしたい
キスができない、恋をしたい

お勧め:★★★★★
絡み:★★
主要キャスト:武内健・近藤隆・鈴木千尋・森川智之


これ、めっちゃひろ好みでした
1枚で手軽に聴けるし、内容も重くなくて、絡みもしっかりあって(崎谷さん原作だから当然ですか?/笑)、でもエロだけじゃないと云う超バランス! な1枚。
今回は脇CPなモリモリ×ちーちゃんがまたいい味出してて…と云うかそのCDのレビュを書いたつもりだったのに書いていなくて愕然。
ひろさん記憶障碍疑惑(…)。

因みに、近藤さんは受け推奨派なひろでしたが考えが変わりました!(鼻息

近藤さんの攻め、最高…っ!!

もっと攻めて欲しい~~と云うか積みCDの中に近藤さん攻めがあったら今すぐ聴きたい…!


・ストーリー
崎谷はるひさん原作。
恋愛証明書」のスピンオフ作品です。

ライブハウスで働く天野脩(武内さん)の6歳年上の恋人・岩佐憲之(近藤さん)は、超多忙なフリーのSE。
解ってはいるけれど、最近話さえしていないのはさすがに切ない。
駄目な恋ばかりしていた脩を叱ってくれ、ちゃんとセックスしてくれた憲之。
それから付き合い始めた二人は、好きあって始まった関係ではない。
でも今は憲之のことが大好きなのに……落ち込む脩に憲之は――。

ツンツンデレ×あほっ子。
原作も薄めで(←頁数が)さらっと読めて割に良い印象を持っていました。
で、その時点ではモリモリ×武内さんで脳内再生されていたのですが、実際問題モリモリのキャスティングが無理になって。
じゃあ誰? って考えても、こう…いまいち思い付かなかったんです。
でもって、公式キャストが決まってみて、近藤さんはミスキャストだと思っていました。
すみません、これからは聴いてもいないのにキャスティングに偉そうに文句云ったりするの辞めます…



ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2009.10.06 *Tue*

「交渉人は疑わない」レビュー

交渉人は疑わない


お勧め:★★★★★
絡み:★★
主要キャスト:平川大輔・子安武人・日野聡・安元洋貴・梶裕貴


レビュを書くにはちょっぴり今更感漂いますが…叫んでおきたかったので!

めっちゃ面白かった~っねこ

満足度の高い2枚組です。
シリアス×コミカルの匙加減が絶妙なストーリー展開が面白くて飽きないし、何より、ドラマCDの醍醐味でもある台詞の掛け合いが絶品!
特に平川さんとこやぴの掛け合いはお見事で、聴いていてめちゃくちゃ愉しい

原作の良さも役者の良さも両方ちゃんと出ている作品だと思います。
キャラクタが浮かぶと云うか、ちゃんと立って動いているのが目に浮かぶようなのも嬉しい。
声的にも、メインは勿論ですが、脇の隅々まで嬉しい布陣です。


・ストーリー
榎田尤利さん原作。
元検事、元弁護士。
華々しい経歴に加え、モデル顔負けの美貌を持つ芽吹章(平川さん)の職業は、国際紛争と嫁姑問題以外はなんでもござれの交渉人――ネゴシエイター。
その美貌とは裏腹にやり手の交渉人として活躍している彼は、高校時代の後輩で今はヤクザの兵頭寿悦(子安さん)と深い関係に……。
兵頭への想いに揺らぐ芽吹の元に、新たな依頼人・溝呂木がやって来る。
その依頼人は、兵頭の暗い過去を知る人物で――。

前作のレビュは此方。



ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

プロフィール

    管理者:ひろ
    西に生息中のBL・ネイルアート好き声ヲタ。
    男性声優さんに関してはかなりの博愛主義。
    どうぞお気軽にお話ししてやって下さいv

    ●愛・好・尊・萌
    緑川光・中村悠一・中井和哉・子安武人
    戦国BASARA・TIGER&BUNNY
    西川貴教(TMR/TMR-e/abs)
    鹿乃しうこ・京極夏彦・辻村深月 and more...

    嗜好の詳細は取り扱い説明書をどぞ。

    ぱちぱち(*゚▽゚ノノ゙☆

    --
    2008年マイベストBLCD * 2009年マイベストBLCD
    2010年マイベストBLCD * 2011年マイベストBLCD

    緑川光さんにまつわる20の質問 * 中村悠一さんにまつわる20の質問



カウンタ

 
現在の閲覧者数:

Thank you for visit!
500,000HIT 08/07/23
1,000,000HIT 09/04/02
1,500,000HIT 09/12/07
2,000,000HIT 10/12/07
2,500,000HIT 11/09/22
3,000,000HIT 12/12/27
with Ajax Amazon



ブログ内検索

blog ranking★ * にほんブログ村へ * blogram投票ボタン * FC2 Blog Ranking



ゲーム・BL新作商品情報



新着記事



カテゴリ



コメント有り難う御座いますv

    データ取得中...



過去ログ



blog内記事ランキング



拍手ランキング



読書メーター

ひろの最近読んだ本



BLCD攻×受リスト



お買いもの?



ひろ×Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter



    Link



    QRコード

    QRコード



    RSS



    --

    track feed .



    Copyright © Little Sweets. All Rights Reserved.
    テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材: ふわふわ。り )     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。