07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2012.03.13 *Tue*

『金持ち君と貧乏君』

金持ち君と貧乏君
秀良子//2012/02/15
金持ち君と貧乏君 (IDコミックス gateauコミックス)


もう今日は疲れたし、漫画読んで早めに寝ようと思っていたのにブログに向かっている謎。

この本、すっごいすっごいすっごい良かった…!

謎の涙が止まりませんでした。
何でこんなに涙が零れるのか、自分でも理由が良く解らない。
あまりに泣けて困ったので、取り敢えずお風呂に入って来ました。
実家暮らしの頃のばかみたいな癖です、泣くのはお風呂場って云う(笑)。


・ストーリー
とっても金持ちな明治君はことあるごとに、とっても貧乏な三崎君につっかかる。
そのたびにフワリとかわされて…そんな毎日。
でも或る日、三崎君のお母さんが倒れてしまい、三崎君は学校をやめて働こうとする。
が、そこに明治君のお祖父様がまさかの愛人契約を持ち出して――。

……。
何かひろの思うあらすじとちょっと違うような気もするのですが、間違ったことは何も書いていない……。
一体自分が何にこんなにも感動したのか、胸を掴まれたのか、何を書きたくなったのかと云う明確な部分が今あまり整理出来ていないのですが(正に「良かった、好き、何か残しておきたい」って云う勢いだけで書いている状態)、間違いなく、このあらすじの部分じゃない(笑)。
“時を、記憶を、重ねて透けるそれぞれの願いを丁寧に描いた優しくて微笑みに満ちた物語”
と云う、とても綺麗なフレーズがこの後に続くのですが、個人的には全体を包み込む優しさの中の、何とも形容し難いピュアな切なさがとても心に響いた1冊でした。
ただ優しいとか、頬が緩むとか、そう云うのじゃないんですよね。
それでいて、ぐっと胸に迫る部分と適度に息が抜ける部分とのバランスが秀逸だと思いました。
切なかったです。面白かったです。お勧めです。
ああ、ひろBL読んでいて良かった。
今のひろの状態は漫画を読むのに万全とは云い難い(色んな感情を受け止めるこころとか、受け取り方とか、萌えを見逃さないとか)感じなのに、こんなに心に響くとか幸せ過ぎます。


メインキャラクタもストーリーも至ってシンプル。
金持ち君と貧乏君と、金持ち君のおじいちゃんの、不思議な三角関係です。

明治くんはまあ解りやすくお金持ちのお坊ちゃん。
対する三崎くんは、懐かしの『山田太郎ものがたり』かと思うような、貧乏子沢山な母子家庭の長男。
初っ端から学校で原価0円の天然水や野草を販売していて(笑)、突っ込みどころ満載です。
で、明治くんはそれを逐一咎めては突っ掛かっていくんですよね。
咎めると云うか、ニュアンス的には軽く蔑むレベルに受け取れなくもない感じ。
けれど、三崎くんはそれにちっとも動じないんです。
のらりくらりとかわして、何だったら逆にやり込めてしまうくらいに余裕たっぷり。

別の日には、ちんまい弟を学校に連れて来ちゃう。
そうすると、女生徒がかわいいかわいいってお菓子をくれるんですよ。
それを、弟は洟を垂らしながら「にいちゃ」っていちいち三崎くんのところに報告に来る。
それだけでもうあまりのいじましさに涙出ましたよね、ほんと…

「もっかいいってこい」
「あい」


狡賢い感じもない。
ただただ、逞しい。
こう云うのってどうにも巧く書き表せないし、個々の感覚とか価値観にとても左右されるんでしょうけれど、三崎くんが正に「貧乏である」と云う色んなエピソードや、明治くんの言動に、ひろは沢山ひりひりずきずきしたんです。
何だろう、プライド?
絶対に侵害されたくない、そのラインを越えたらだめ、痛いイタイ痛いって云うボーダーってありますよね。
その微妙なラインが沢山提示されるんです。
ともすれば、しんどかったり痛い話が苦手なひろはチーーンとなりがちなんですが、三崎くんの言動には恥ずかしさとか、痛々しいって思ってしまう危うさがちっともない。
揺るがない。同じ高校生なのに。未だ高校生なのに。
ちいさな弟たちが明治くんから千円札を受け取った時だけは少し空気が揺れましたが、それもぐっと呑み込んで表面上はさらっと受け取ってしまう。
ああ云う、施しみたいな描写ってずーーーんと来るのに、秀さんの漫画だと何だかさらりと描かれてしまう不思議。

そんな風に、明治くんは幾度となく子どもが土足で踏み荒らすみたいに三崎くんを傷付けるようなことをし続けるんですが、結局勝手に傷付くのは彼の方なんですよね。

「友達じゃねえ」

そう云われて、車の中でぐすぐす泣く明治くん。
明治くんは実は三崎くんが好きで、うっかり突っ掛かってしまう…と云うまたまた典型的なアレ(どれ)です。
と云うかそんなことはそもそも解っていたけれど(しかも、三崎くんも明治くんが自分のこと好きだってことを解っている/笑)、この子ほんとに三崎くんのことが好きだったんだ、ってことが提示された最初のデレシーンにキュンが起きなくて…(負け組)
どうにもひろは明治くんのツンデレっぷりがあんまり可愛いと思えなくて、最初の数話は彼に興味が持てなかったんですよね。
それが、1冊読み終えることには明治くんに感情移入していた秀さんマジック…!!
三崎くんの、

「お前ってなんか、てーねーに育ってんなあ」

あたりから急激に明治くんが好きになりましたよね。なんだろうこれ。


とは云え。
ひろの萌えと云うかキュンはおじいちゃんに総て掻っ攫われた気はしています。
明治くんのおじいちゃんと、三崎くんのおじいちゃんは同級生で、共に戦争を生き抜いた世代。
おじいちゃんも三崎くん(祖父)がとても好きだったんです。
けれど、遂に想いを伝えることは叶わなかった。
だから60年経って、祖父に生き写しの三崎くんを通じて、叶わなかった60年前の恋に思いを寄せるんです。
もう、これが切ないの切なくないのって切な過ぎて何でもないようなシーンでも涙が止まりませんでした。
おじいちゃん自体、ピヨピヨした(どんな)ちんまい可愛いおじいちゃんなんですが、三崎くんと居る時のおじいちゃんは、16歳の頃の姿で描かれるんですよね。
それがもう、常にほっぺが赤く染まっていて可愛過ぎて鼻血ブー!!!(ひろさん?)
おじいちゃんモードはピヨピヨと云う感じですが、16歳モードはほわほわ
笑顔が可愛過ぎて…がぶっ。(ひろさん食べ物じゃないですよ)
この、おじいちゃんズの16歳エピソードが本当に胸に迫りました。

「月が綺麗だ」

あまりにも有名な、夏目漱石のあのフレーズ。
文学少年だったおじいちゃんは、それに思い至っていて。
けれど、そんな含みがあるなんて考えもしなかった。
太陽と月のモノローグはそれこそ、昔少女漫画で読んだような、使い古されたような表現なのに、不思議と心の一番深いところにすとんと落ちて来て、おじいちゃんが60年越しの想いを知った瞬間、何が何だか解らなくなって、ただただ涙がぼったぼった零れました。
ちんまいおじいちゃんが、もっともっと小さくなってぽろぽろ涙を零しているのがどうしようもなく刺さったんですよねえ…。
おじいちゃんは三崎くんを通して、遠い遠い60年前の彼を昨日のことのように見つめて、今でも胸を痛めて泣いちゃうくらいに、ずっとずっと思い続けてる。もう決して叶わない恋をしている。
この切なピュアさが兎に角刺さりました。


で、最初は此処で終わる短篇だったそうなんですが、ひろは俄然後半が好きです。
エピソードとしては↑のおじいちゃんズ16歳のくだりが一番好きですが、後半、奇妙な三角関係(って思ってるのは実際明治くんだけなんだけれども)が始まってからの、明治くんの恋に転げ落ちてく感が愛しくて仕方ない。
子どもみたいな残酷さとピュアさでばかみたいに三崎くんに向かって行くのは同じなんだけれども、彼と対等になりたいって思うようになって(何たる成長…!)恋に悩んで泣いて。
泣き腫らした目で気持ちが溢れてしまったシーン、めっちゃぐっと来ました。
60年前、おじいちゃんがどうしても口に出来なかった想いを、明治くんはするっと云ってのけてしまって、おじいちゃんの反応にも胸を掴まれるしで…。。。

ああっ、何なの明治じじまご…!(何)


もうひとつ「おお」と思ったのが、前半では兎角真っ直ぐな芯の通った強さを持っているように思えた三崎くんが、実はとても自尊心が高いのだと妹に指摘されているシーン。
三崎くんは確かに強い子なんだけども、それなりにちゃんと高校生なんですよね。
明治くんに対してあんなに余裕たっぷりだったのは、彼が自分を好きだと云うことを知っていて余裕があったからなんだ! って云う(笑)。
それが、明治くんが好意をツンで隠さなくなった途端、あっさり落ちちゃう三崎くんの微笑ましさにも和みましたムフ

後半の明治くんの追い上げ(何)にきゅんっきゅんしつつも、矢張り最後の最後で2度おじいちゃんに持っていかれたひろは、最終じいちゃん萌えだったと云うことでファイナルアンサなんだと思います。
切なモードに入ったおじいちゃんに1度騙され、数年後のあの1コマに騙され(読めば解ります)、最終的に総て掻っ攫われました(笑)。
おじいちゃんフォーエバー!

…だだだっと打ち込んでみたものの、何だかこの本の良さがちっとも書けていないなあ
もう完全に感覚なんです、是非読んでみてください…!(それ最初に書こうよ)


蛇足。
因みに、この漫画で一番笑ったのは、三崎兄妹の会話です。

妹「バラの花束はじめて見た
兄「食えねーぞ、それ」
妹「何言ってるの?!
  バラはジャムにもなるんだよ?!」


ちょっ、妹…!!!!!(爆笑)
女の子だから、ロマンチックにバラにうっとりしているところにデリカシーのない兄の発言に「何言ってるの?!」なのかと思ったら、ジャムってアンタ…!!(笑)

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

COMMENT

こんにちは~。いつも思うのですが、ひろさんは本当に文章が
お上手ですよね。私もこの本読んだのですが、おじいちゃんがかわいくて、
明治君がツンデレみたいなことしか感想思いつきませんでした。。
あと、明治君の取り巻きの委員長みたいな、双子があまりにもツボな外見で、
出てくるたびに笑いました。

本当にこの本はおもしろいのですが、本当に読んでみて感じてみてとしか
言えないですよね~。

バラジャムのくだりは私も笑いました。。。
v-16
by Rika #-
2012/03/16(金) 09:58 [Edit
>Rikaさん
こんばんはv

文章が…なんて、とんでもない!
ひろもこの本、すっごい良かったなー(*´Д`*) って思うのに、何が良かったのかをどうもうまく言葉に出来なかったですよー。
結局、もう読んで貰うしかない! って云うのがまとめです(笑)。

あの双子、ひろも好きでした(笑)。
出て来るだけで和むし笑えますよね(*´艸`*)
by ひろ #hurAyYjo
2012/04/15(日) 21:37 [Edit
>拍手コメントレス//さちこさん
こんばんはv

おおおっ、そんな即ゲットしてくださったなんてっ(*´ェ`*)
お勧め出来て嬉しいですv
此方こそ有り難う御座いました~v
by ひろ #hurAyYjo
2012/04/15(日) 21:41 [Edit

Comment Form


 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

    管理者:ひろ
    西に生息中のBL・ネイルアート好き声ヲタ。
    男性声優さんに関してはかなりの博愛主義。
    どうぞお気軽にお話ししてやって下さいv

    ●愛・好・尊・萌
    緑川光・中村悠一・中井和哉・子安武人
    戦国BASARA・TIGER&BUNNY
    西川貴教(TMR/TMR-e/abs)
    鹿乃しうこ・京極夏彦・辻村深月 and more...

    嗜好の詳細は取り扱い説明書をどぞ。

    ぱちぱち(*゚▽゚ノノ゙☆

    --
    2008年マイベストBLCD * 2009年マイベストBLCD
    2010年マイベストBLCD * 2011年マイベストBLCD

    緑川光さんにまつわる20の質問 * 中村悠一さんにまつわる20の質問



カウンタ

 
現在の閲覧者数:

Thank you for visit!
500,000HIT 08/07/23
1,000,000HIT 09/04/02
1,500,000HIT 09/12/07
2,000,000HIT 10/12/07
2,500,000HIT 11/09/22
3,000,000HIT 12/12/27
with Ajax Amazon



ブログ内検索

blog ranking★ * にほんブログ村へ * blogram投票ボタン * FC2 Blog Ranking



ゲーム・BL新作商品情報



新着記事



カテゴリ



コメント有り難う御座いますv

    データ取得中...



過去ログ



blog内記事ランキング



拍手ランキング



読書メーター

ひろの最近読んだ本



BLCD攻×受リスト



お買いもの?



ひろ×Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter



    Link



    QRコード

    QRコード



    RSS



    --

    track feed .



    Copyright © Little Sweets. All Rights Reserved.
    テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材: ふわふわ。り )     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。