10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2007.11.14 *Wed*

「私と猫と花の庭」レビュー

私と猫と花の庭
私と猫と花の庭

お勧め:★★★☆☆(3.5くらい…?)
絡み:★★
主要キャスト:代永翼・森川智之・遊佐浩二・柿原徹也


ひろは…ひろは、どうやら萌えるところが人とズレているみたいです…。
このCD、総括的にはそれなりに良かったと思ったのですが(偉そう)、ひろが良かった! って思ったシーンはBLとか何も関係ないところばかりで、自分で云うのもなんですが絶対作品を愉しめていないと思うんですよね…
それ以前に、原作を読まないとだめなCDだと感じました。

簡単に云うと、ごめんなさい!
森川さんと遊佐さんに萌えが完全に集中しました!(自首)


・ストーリー
月宮零時さん原作。
引き篭もりの(違)画家・九条皐月(森川さん)は、このところ自分の後を尾けてくる少年・スズナ(代永さん)に会えることを楽しみにしていた。
或る日、遂に皐月と言葉を交わし、その庭に入ったスズナは、それから毎日のように皐月の元に通うようになった。
そんな、まるで猫のようなスズナに徐々に惹かれていく皐月。
「俺のこと、殺してよ――」
スズナから発せられた言葉に、皐月はそっと彼の喉元に手を掛ける。
スズナは皐月の「秘密」を暴こうとしていた――。

原作をね…読んだ方が良いんだと、それが一番の感想でした(…)。
このCD、雰囲気はとても良いんです。
BGMの虫の声とか、ちょっと郷愁を感じるようなピアノのメロディとか、そこはかとなく「スロウ」な雰囲気がとても好き。
この作品の世界観や世界の厚みみたいなものは(原作を読んでいないひろですら)良く出ていたんじゃないかと思います。
展開もミステリアスな感じで、実際はサスペンスでも何でもないのですが、タッチがミステリ風。
CDの途中で飽きて投げることはない…の、ですが。
如何せん解りにくい。
抽象的な台詞廻しはきっと原作の雰囲気そのまま脚本に起こしたのでしょうが、ただ綺麗で洒落ただけの台詞遊びに聴こえてほんとに解らない…。
あとはひろさんの妄想で補完してね、って作品ならば(ぇ)それで良いのですが、それはきっと違うんだろうなあと思いました。
感受性の問題?
スズナが死にたがる意味、それを皐月に求める意味、そして「男に欲情する自分を消したい」スズナ――この辺り、物語の重要な核なんじゃないかと察するわけですが、ひろは皆目解りませんでした。
原作は一時期良くレビューが上がっていたように思うので、きっと良作なんですよね。
確かに、話の構成は面白かったもんなあ…うう、読んでから聴かなきゃだめだったかなあ…。
と、シリアス作品には異様に辛口になってしまうひろです


・声
森下スズナ(もりした・すずな)に、代永翼さん。
ひろ、初聴きです!
BL受けデビュウだそうですが、お声を聴くこと自体が初めてでした★
吃驚するくらいブックレットイラストのスズナそのもの!
あの絵から出て来たんじゃないかって思うくらいに本人~~っ!! って感じでした。
これはたぶん、ひろが代永さんのお声もお顔も知らなかったせいも大きいのですが(笑)。
「森下スズナ」と「代永翼」、どちらが役名でどちらが役者名なのか最初混乱しました(だめすぎ)
そんなこんなで、ちびっこい少年の可愛過ぎるお声。
本当に仔猫のようで、めちゃ可愛かった~
ハイトーンですが、作っている感じが全然しませんでした
宮田さんと云うよりは、下野くん系かなあと云う印象です。
絡みも、初めてとは思えないくらい様になってました!
大変失礼な話ですがカッキーより上手だった…!!(本当に失礼)
色気よりも可愛げ! 本当に猫ちゃんみたいだったよう~
ただ、逆に普通の台詞廻しがたまに間合いがちょっと違うと感じたり、発音に引っ掛かりを覚えたり、細かいことはそれなりに(笑)。

九条皐月(くじょう・さつき)に、森川さん。
ヤバイ。

萌えが、来た…!!

若干くたびれた雰囲気の30代半ばくらい。(←たぶん…)
柔らかな低音はどちらかと云うと素朴な雰囲気。
朴訥、までは行かないにしても、作品全体のスロウな雰囲気にとっても良く合っていました。
モリモリのこのトーンのお声、本気で癒し効果があります!
マイナスイオンより凄いもの(何)が出てます…!!
結構「普通の人」ヴォイスで、高慢だったりフェロモンだったりいやらしかったり、何処までも優しかったり、そう云うオプションは全然ないのに、

泣きたくなるくらい心に沁みるお声でした…。(きゅぅぅぅん)

以前、何処かで「森川さんはどんな役でも完璧にハマるから安心する」って感想を読んだことがあります。いやいや、どんな役でもってそれはないでしょう…と思いましたが、今回しみじみとそのことを思い出しました。
派手で解りやすい何か一種のサインのようなものがある役ではないのに、ハマっていました。
ハマっていましたと云うか、萌えました(笑)。

鏑木雅人(かぶらぎ・まさと)に、遊佐さん。
モリモリの描いた絵を扱っているギャラリーのオーナー。
何気にモリモリとは高校時代からの知り合い。
ゆっちーの第一声に肌が痺れました…!
正統派のくせ者系(笑)美声なゆっちー。
めっちゃ腹黒そう! めっちゃ計算高そう! 妖しい!!(云いたい放題ですか)
作中で、代永さんには性悪とまで云われていましたが(笑)。
ゆっちーのナチュラルエロヴォイス、もっと聴きたかったよう…。
更に過去でも良かったから、モリモリと絡んで欲しかったアル…。(それは無理です)


・雑感
そんなこんなで変わらず声には萌えまくっていますが、折角の作品の良い部分は未だちゃんと解れておりませぬ…。
どなたかレクチャして下さい…。(原作読もうよ)

取り敢えず一番最初に代永くんを可愛い!! と思ったのは、モリモリに「スズナ」って名前を云い当てられて、「えっ?!」てなった後の、

ふん。(ぷいっ)」

でした。(そんなピンポイント…)
親を巻き込んで云々とか、赦されぬ関係が云々とかがちょっぴり耽美な香り。
そんな印象を受けた作品でしたが、ひろが一番好きなのがトラック6。
冒頭、モリモリが病院のベッドで眠り続けている自分の母親に語り掛けるシーンがあります。
ひろは此処で涙が止まらなくなりました

母さん。
あの子…、スズナはいい子でしょう?
あの子のお陰で、私はもう一度…生きる気になれたんです。
――ねえ、母さん。
私は、スズナが好きなんです。
そのことを、貴女に話したかった――。

たった、これだけの台詞。
なのに、もう何回聴いたか解らないくらい聴いています。絡みより聴いてます(笑)
特に、
ねえ、母さん←母さんの、「さん」が凄いクる(何)
そのことを、貴女に話したかった――
が凄く綺麗で素敵で切なくて、お芝居とは思えないくらい。
何て穏やかで優しい声で語り掛けるんだろうって。
モリモリの魅力に、涙の海に溺れました…。(ぶくぶく)

そして、

止まっていた時計が、再び動き出す――

そんなモノローグでちょっぴり「予感」はしましたが――、作家と云うのは、その人の世界の中の、数多の人の人生に決着を付けなきゃいけない仕事なんだと改めて感じた瞬間でした。


フリートークは4分ちょっと。
普通に喋っていても代永さんは可愛いままのお声でした★
何か何か何か、ゆっちーの常に半笑い素喋りをめちゃ久々に聴いてラブー!(笑)
こうなってくるとゆっちーヴォイス、最早ただのオッサン(笑)なのに妙に愛しいのは何故なのでしょう。。。(もきゅ)
モリモリの「マジシャンだからね」発言は妙に納得な感じで(…)。
カッキーの喋りが今回はイマイチ。何時ももっとイイ! って思うのになあ。


▼原作
私と猫と花の庭
私と猫と花の庭 (ガッシュ文庫)

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

COMMENT

ひろさん、こんばんは♪
お節介おばちゃんが、しゃしゃり出ました~
たまたま原作を読んで、すっかり好きな作家さんになっちゃったんですけど…
CDは、原作の持ち味を壊さず、丁寧に作られてたと思います。
もちろん、カットされた部分はあるんですけどね…たとえば、冒頭のストーカーの部分は、もっと書かれてますよ。
その際に、皐月はスズナの顔を見てるんですけどね…だから私は、皐月の一目惚れって話でもあると思ってます。
スズナの、皐月に殺して欲しいという感情は、性癖の為に自己否定してしまう自分を丸ごと理解して欲しい、つまり、皐月に愛して欲しいという意味だと思ってます。
そして、皐月自身の心の傷や空虚を、スズナは直感したんだろうと思うんです。
皐月に、死にたいという願望があったとまでは思いませんが、でもあの時を悔やむあまり、皐月の時間は止まってました。
スズナは、そんな皐月の心情とシンクロした事が、殺して欲しいという感情になったのかもしれません。
でもスズナの若さは、死ではなく、生そのもので、だから皐月の時間を一気に動かしたわけです。
そんなスズナだから、作為的な声はイヤだな…と思ってました。
だから代永くんの若々しい声を得て、ホントに嬉しかったです。とにかく、スズナそのものの、可愛い猫でした!
そして、帝王がねぇ…実に素晴らしかったですよ!
最初の、後をついて来るスズナの足音を聴いているモノローグで、既に皐月はスズナに惹かれているのが解って、むしろ罠を張ってスズナを庭まで誘導したのは皐月だったと感じました。
高校生時代の皐月と鏑木のシーンは、原作にはありません。
でも、あのシーンがあったからこそ、皐月と鏑木の関係がはっきりとしましたね。
高校当時から鏑木とはあんな風で、遊佐サンの音色を得て、ますます胡散臭いコト(笑)。
でも、平素はあの調子でいる分、司を呼んで欲しいという皐月に向かって言った「…良いのか?」に説得力が増しました。
あの一言に、鏑木の皐月に寄せる真情がストレートに出て、だから司の一件があったとはいえ、この二人は変らず友人同士なんだなと思いました。
なかなか上手く物語の味わいをお伝えできなくて、すっかり余計なお世話になってますね。
スミマセン…すごすごと退場します……(泪)
by 季菜子 #79D/WHSg
2007/11/15(木) 00:44 [Edit
ひろさん、こんばんわvv
なんですと~~~っ!!!!!!!
そんなに森川さんイイでござるですか!?!?!?
うっわ~俄然聞きたくなってきた・・・
でも次の次なのです~。
まだまだ先は長いです。(涙)
なんかもうドキドキで緊張してきちゃいましたよ~!!!!!
by あいら #79D/WHSg
2007/11/15(木) 22:24 [Edit
>季菜子さん
うわあああんっ、お姉ちゃん…っ!!(ひし)
ひろも萌えたい…萌えたいです…!
と云うか、萌えよりもきっとじんわりじわじわ、心があったかくなるような作品な筈だと踏んでいるのですが…。
そっかあ…CDの出来栄えも良いんですねえ。
ひろはもう、冒頭のストーカーのあたりから世界観に置いてけぼりだったので「??? えっと…、えっと…」と焦りながら聴いておりました><。
そう、季菜子さんが教えて下さった「皐月に殺して欲しいという感情」の辺りから、もう完全にストーリーの深いところは追えなくなっちゃって…。
そっか、スズナは元々そう云う性癖で、それを否定してたってことなんですね。
ひろはスズナが皐月さんに構いたがる理由が良く解らず、最初は本当に何か弱みを握ろうとしてるのだと素直に思い込んでいたくらいで…(苦笑)。
皐月は(モリモリ声効果もきっとあるのでしょうが)とても素敵な人に描かれていたので、皐月が好きになるくらいの説得力がスズナにはないとだめだなあって。
代永さんのお声は本当に可愛くて、久々に、貴方どうやって声出してるの?! って気分になりました!(笑)
こんなの、宮田さん以来です~!
モリモリは最早、皐月そのものでしたよねえ…って、原作を読んでもいないのに偉そうに云っちゃいますが(笑)。
お芝居って思えないくらい、すんなりと皐月にシンクロしている感じがしました。
そして、今更過ぎるけれど改めて美声だな、と><//
高校生時代の皐月と鏑木のシーン、ひろはとってもお気に入りです♪
ちょっぴり若いお二人のお声にドッキーン★
遊佐さんヴォイスの胡散臭さには恋に堕ちました(笑)。
…とまあ、声自体には萌えたので、あとはストーリー的な萌えやきゅんを叩きこむだけなのですが……。
たぶん、ひろはスズナのことが解らなさ過ぎてだめだったんだと思うんです。
季菜子さんのコメントと、季菜子さんのブログのレビュを熟読してもう一度チャレンジするでありますっ!(´∀`*)エヘ
またレクチャしてやって下さいねっvv(もぎゅぎゅ~)
by ひろ #79D/WHSg
2007/11/15(木) 23:20 [Edit
>あいらさん
こんばんはv
ちょっとあいらさん!!(ガシッ)
これ、モリモリ可也きてますよ!!(´∀`*)
確かあいらさん、この原作お好きですよね?(あれ、違ったかな…)
原作スキーならきっと大絶賛なんじゃないかと思います♪(´∀`*)
もうもう、素朴なお声の中に潜む優しさったらないです!
ひろの心はすっかりモリモリに攫われてしまいました…早く聴いて下さいましっ><//
by ひろ #79D/WHSg
2007/11/15(木) 23:23 [Edit
ひろさん、こちらにもお邪魔しますvv
は~森川さんがほんっと素敵でした~。
それだけに自分の理解力のなさが寂しくて・・・(涙)
私もさっぱりわかりませんでした。
なので早速原作ポチってきましたですよ。
きっといい話なんだろうな~とは思ったので。
皐月さん・・・ほんとよかったです~。
スズナの代永くんってば。
めさめさ可愛い声なんですね~。
アニメ見てなかったんで初めて聞いたんですけど。
ほんと可愛い声でしたvv
仔猫~なカンジがよく出てましたよね!!!!
by あいら #79D/WHSg
2007/11/20(火) 22:15 [Edit
あいらさん、此方にも有り難う御座います♪
モリモリ、本当の本当の本当に素敵でしたよねえ…?(うっとり…)
て、あいらさんも解らなかったのかあ。
じゃあひろが解らないのは仕方ないですね(笑)。良かったー!(ぇ)
そうなんですよね、いい話であろうことは解るんだけど、解れないこのもどかしさが…><。。。
取り敢えずは、皐月さんにモリモリをキャスティングしてくれて有り難うv でした♪
代永さん、ひろも初聴きでしたが可也のショタ声ですね~。
仔猫そのままって感じでめちゃ可愛かったです(´∀`*)v
by ひろ #79D/WHSg
2007/11/20(火) 22:28 [Edit

Comment Form


 


TRACKBACK

TrackBack List

森川さん・・・っ!!!!!(涙)原作 月宮零時森下スズナ 代永翼九条皐月 森川智之鏑木雅人 遊佐浩二石田司 柿原徹也という布陣。あらすじは、助けてコミコミさ~ん!!!画家の九条皐月は、このところ自分を付けてくる少年・スズナを楽しみにしていた
2007/11/20(火) 21:53:43 | 人生イロイロ。萌えもイロイロ。 [Del


プロフィール

    管理者:ひろ
    西に生息中のBL・ネイルアート好き声ヲタ。
    男性声優さんに関してはかなりの博愛主義。
    どうぞお気軽にお話ししてやって下さいv

    ●愛・好・尊・萌
    緑川光・中村悠一・中井和哉・子安武人
    戦国BASARA・TIGER&BUNNY
    西川貴教(TMR/TMR-e/abs)
    鹿乃しうこ・京極夏彦・辻村深月 and more...

    嗜好の詳細は取り扱い説明書をどぞ。

    ぱちぱち(*゚▽゚ノノ゙☆

    --
    2008年マイベストBLCD * 2009年マイベストBLCD
    2010年マイベストBLCD * 2011年マイベストBLCD

    緑川光さんにまつわる20の質問 * 中村悠一さんにまつわる20の質問



カウンタ

 
現在の閲覧者数:

Thank you for visit!
500,000HIT 08/07/23
1,000,000HIT 09/04/02
1,500,000HIT 09/12/07
2,000,000HIT 10/12/07
2,500,000HIT 11/09/22
3,000,000HIT 12/12/27
with Ajax Amazon



ブログ内検索

blog ranking★ * にほんブログ村へ * blogram投票ボタン * FC2 Blog Ranking



ゲーム・BL新作商品情報



新着記事



カテゴリ



コメント有り難う御座いますv

    データ取得中...



過去ログ



blog内記事ランキング



拍手ランキング



読書メーター

ひろの最近読んだ本



BLCD攻×受リスト



お買いもの?



ひろ×Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter



    Link



    QRコード

    QRコード



    RSS



    --

    track feed .



    Copyright © Little Sweets. All Rights Reserved.
    テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材: ふわふわ。り )     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。