06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2008.05.12 *Mon*

「愛玩少年」レビュー

愛玩少年


お勧め:★★★☆☆(3.5くらい?)
絡み:★★★★★
主要キャスト:立花慎之介・子安武人・成田剣・梶裕貴・武内健・伊藤健太郎


今月のこやぴラッシュ・最終章…。

こやぴ攻めメインの4作品総て購入した挙句総てレビュしてるなんて…。
も、ももももしやひろ、こやぴ大好きなの?!(何衝撃)
作品的には「ビーチサイド・ショパン」が美味しかったですが、声が一番好みだったのは「unison」、けれどこやぴヴォイスにキューーーーン!!! と激しく萌え上がったのはこの作品でした


・ストーリー
水上シンさん原作。
町外れに住む黒羽男爵(子安さん)。
妖しい噂が絶えない彼の元に、酒乱の義父に売られ奉公に来た清次(立花さん)は、その美貌の男爵が自分の初恋の相手だと知る。
清次は懸命に愛情を伝えようとするが、人を信じられず、総ての愛を否定する男爵は彼を愛玩犬として扱い、淫らな調教をはじめ――。

耽美です。
此処までお耽美の香りがきついと、へたれひろはどうも苦手シグナルが出てしまって…。
正直原作をチラ読みした段階では、だめ、だめ、絶対、だ、め…(息も絶え絶え)と云う感じでした(…)。
未だひろは、「これも愛…」と思えないくらいBLレベル(何)が低いのです。。。
「萌え」なんて遙か彼方。
どんなにエロ濃ゆくても、甘くてふわっとしたものが好き…でもメサイアは大丈夫…(何)。
だったのに、CDにはまんまと萌えました。
思っていたほどエロ濃くなかったのは残念(ぇ)でしたが、背徳感と云うのでしょうか、そう云うものは構えていたほどではなく、意外に聴きやすかったです。
むむむ、ちょっと構え過ぎたのかなあ(笑)。
脚本が幾分ライトになっているせいもあると思いますが、ひろはCDの方が素直にラブストーリーとして受け止められた気がします


・声
河村清次(かわむら・せいじ)に、立花さん。
酒乱の義父に売られ、こやぴ男爵の屋敷へ奉公に…。
幼い頃から義父に虐げられて育った割には優しく真っ直ぐで、とても芯の強い少年。
一途にこやぴ男爵への愛に生きる立花さんは、無理のない綺麗な少年ヴォイスでした
本当に少年なんじゃないかと思うようなやわらかなお声ですが、今回は立花さんの身に色々と有り過ぎて、癒される暇が中々なかったです
こやぴだけでなく、成田さんや梶くんや武内さんにまで淫らな調教をされる立花さん…。
怯えた声が可哀想で思わず、やめて~~~っ!! と成田さんを止めたかったくらい…(待)。
ソフトだけど芯の強さを感じるお声に、一途さが良く出ていたと思います
因みに、ブックレットイラストの清次は丸刈り。(五部刈り…?)
けれど立花さんのお声的には、やわらかな髪に、黒目がちな大きな瞳が印象的な線の細い美少年と云う雰囲気(笑)。

黒羽(くろば)男爵に、子安さん。
由緒ある家柄の、美貌の男爵なこやぴ
ブックレットのこやぴの解説によると、「愛のある変人」だそうで(笑)。
因みに決め台詞は、「私の仔犬」です。(は?)
生まれつきの白髪と赤い瞳。
その容姿ゆえに家族に疎まれ、人を信じない冷酷な性格になってしまったとか…。

も、も、も~~~~~っ!!!!!

このこやぴヴォイスがやばいくらいツボでした!!(ガシッ/何)
こやぴの低音って、基本的に太いじゃないですか。(←声が/解ってます)
男爵ヴォイスは低音なんです。
けれど、儚げって云うのかなあ…声が細くて綺麗で…、今にも消えてしまいそうなこやぴ…。
あまりに美麗で、夢の中に住まう人のようでした
存在感はあるのに、朧げと云うか…本当に素敵。
囁くようなウィスパーヴォイスこやぴ、他では中々聴けないと思います!
けれど、気付いた時には普段のこやぴに戻っていたのも何と云うかマジック★(ぇ)

後藤勲(ごとう・いさお)に、成田さん。
こやぴ男爵に仕える元軍人。

拷問の達人な成田さんですよ…!!

痛いのも怖いのも苦手なのに、ちょっとテンション上がっちゃいました(笑)
成田さんは低音な上に鋼鉄のような硬いお声で、感情が本当に読めません!
イイ…成田さんの拷問……じゃなかった、軍人ヴォイス…
冷たい声で苛立ったように鞭を振るう姿(声です)に痺れました
でも、これは成田さんだからこそ…。
成田さんじゃなかったら、びくびくぶるぶるして終わったと思います
いや、後藤自体には普段の成田さんのキャラなんて一切加味されていないんですけれど!(何)
そんなクール一直線な成田さんですが、過去回想にはちゃんと感情が乗っていて。
後藤って云う同じ人だって解るのに、全然違うんです。役者さんって、凄いなあ…・

日向(ひなた)と香月(かづき)に、それぞれ梶くんと武内さん。
最初梶くんって解らなかったです!
妖艶な声と抑揚で、本当に女の子のようでした…と云うか見た目はまるっきり女の子なんですよね、この2人。
武内さんは吃驚するくらい喋りません(笑)。
台詞と云うより、吐息だけ…みたいなシーンも多かったような。
けれど、それでも可愛さにキュンってなるって一体…。
凄すぎるぞ、武内健…。(何フルネーム)

北村(きたむら)医師に、伊藤健太郎さん。
黒羽家の主治医に代わって、怪我をした立花さんの往診にやって来た医者なイトケンさん。
も~っ、淫らでしたよ!(笑)
梶くんと武内さんを並べて、妖しい薬を打って、2人一気に…!(キャ~~ッ!!!/ひろさん?)

「僕はお医者さん、なんだからね――?」

って云う台詞が妖し過ぎるイトケンさん(笑)。
最初は結構爽やか体育会系な感じだったんですが…、どんどんねっとり度が増して…
途中から爽やかヴォイスの方が作った感があると云うか、わざとらしく聴こえたのが凄い!
こやぴ男爵のスキャンダルを掴もうとするイトケンさん、解りやすく悪党でした★


・おすすめ
・トラック1
もしかすると、ひろがこのCDの中で一番萌えたかもしれないのが、こやぴの第一声でした。
町外れの寂しい場所に建つ、古い廃墟のような屋敷を買い取ったこやぴ。
わざわざ随分寂しいところを買い取ったんですね、と云う男に対し、

「――いいえ…とても気に入っていますよ……」
「なに、使用人と家人だけの少人数。…却って静かな環境の方が好ましい」
「屋敷近くの………、あの、森には…、古い墓地があるようだね…?」


囁くような細くて緩慢な喋り口が ヤ バ イ … !

のっけから激しく萌えてしまいました。
屋敷近くの…、の後の間の長さとか、兎に角妖しい!
この世のものとは思えない(は?)妖しげな男爵の雰囲気が物凄く出ていると思います。
一番最初に、男爵を普通に「美しいひと」として受け入れられて良かったなあって思いました(ぇ)。

・トラック4
義父に売られ、こやぴ屋敷へ奉公にやって来た立花さん。
やって来てすぐに梶くんのちんこ(コラ)を舐めるように強要されたりと、些か濃ゆ過ぎる迎えられ方です

子「焦らずに、徐々に躾けなくては駄目だよ…。
  愛情と鞭で根気良く……、従順なイヌに調教しなくては……」


綺麗な声でなんてこと云うのこやぴっっ!!! と悶えていたら、次の瞬間には、立花さんが成田さんに「服を脱げ」と命令され、首輪を付けられていました…。
お、おおおおおお……。(ブルブル)
震えている間にも、立花さんが「躾」に耐えかねて逃げ出さぬよう、成田さんが冷たく威嚇

成「…この錐で二・三度身体を突けば、この屋敷のことは口外出来なくなる――

おおおおお…(ブルブルブルブル)
成田さんの声が淡々とし過ぎていて、最早本気としか思えない…っ!

子「以前逃げ出そうとした下女は、暴れて頚動脈を誤って突かれて、……死んだよ――

あああああ…(あれ?)
こやぴの、「死んだよ…」が囁きヴォイスでどえらく萌えました。
って、云ってることめっちゃ怖いんですけれどっ!!(ビクビク/今更)
更に萌えたのが、

「誓うか? 服従しないなら、この場で殺す――」←フェロモンらしきものが大量に出ております

でした…(末期)
特に、「この場で殺す――」にゾクっとしました。ううっ、こやぴ…っ!!(もぎゅうっ)
しかしこの後、立花さんは首輪に付いた鎖を引っ張られながら、墓地で突然こやぴに突っ込まれ、しかもそのままの状態で引き摺るように散歩させられ、痛そうな喘ぎが不憫で仕方ないです…。
この辺に萌えられないのが、未だBLレベルが低い証拠?
が!
こやぴのひとこと、

「ふふ…っ私の可愛い仔犬……」

に我を忘れて巻き戻しを連打していたことは秘密です…(…)。

・トラック5
朝も昼もなく、こやぴにヤられ続けているらしい立花さん…
冒頭の若干痛そうな立花さんの喘ぎと、それに重なるこやぴの密やかな息遣いがたまりません…!

立花さんは、昔一度だけこやぴに会ったことが有り、一目惚れ&初恋をするのですが、その時に拾ったこやぴの眼鏡の破片を今でも大切に持っています。
その、大切にされていると解る破片を見付けたこやぴがやけにそれに拘るのがもう…っ!
好きって、執着してるって、云っちゃえよ…っ(ツンッ)(そんなノリの話じゃありません)
この前後の立花さんの一途なモノローグ、とっても良いです
後半の成田さんの過去回想も好き。
貴様ぁッ! と切れる成田さんが特に好きです…(ぇ)

・トラック8
こやぴの白髪と赤い瞳は近親相姦を繰り返した家系に生じる、色素欠陥遺伝子がもたらしたもの。
「人が人であるべき条件」、即ち黒髪と黒い瞳であることにとても敏感なこやぴ…。切ないです。
一方、こやぴ男爵への恋心を自覚している立花さんは、こやぴが梶くんや武内さんと淫らなことをするのが赦せない。

「僕は、貴方のイヌじゃない……っ!!!!」
「僕は、恋人に、なりたい…男爵の、恋人になりたい…!」


イヌ扱いじゃ耐えられない立花さんは、僕だけを見て下さいと懇願。
恋人になる資格がないと云うのなら、いっそ殺して下さい、なんて…!
もう、本当に純愛。
こやぴに総てを捧げる覚悟なのに、こやぴの心の傷は大きく、受け容れてくれないのです…
受け容れて、裏切られたり失くすかもしれないと云う恐怖が付き纏うんでしょうねえ…。
そんなこやぴはイヌとしての立場を弁えさせるために、成田さんに命令して拷問させるのですが……、立花さんの必死の懇願に、遂に成田さんを制止してしまうラストがとても好きでした

「ご…ッ、後藤……ッ、止めろ……ッ!!」

この頃には何だか、何時もと同じくらいの太さ(←声/だから解ってますって)になっているこやぴ…アレレ?(笑)

・トラック9
漸くこやぴが心を開いてくれたのかと思ったら、何故か地下室に閉じ込められている立花さん…ううう。
成田さんに命令して、腕を縛らせた時には思わず、「なんで?!」ってなりました(苦笑)。
かわいい…とか囁いてる癖に!
こやぴ男爵の意気地なし~~~っ!!!(ぽかすか/ぇ)
けれどこの後、立花さんの一途で強い愛情がこやぴを溶かすシーンは、涙が出るくらいに立花さんが健気で一生懸命で、本当に素敵でした。

ところで(何)、このトラックで笑うところでもないのにぶふぉっと噴き出してしまったのが、

子「私の可愛い仔犬……」

でした(笑)。
何だかほわっとした感じのトーンなので、余計に「は?! また仔犬?!(ぶふぉっ)」って(笑)。

因みに、イトケンお医者様の淫らな診察(ぇ)もこのトラックです
梶くんがとっても妖艶なの…

・トラック12
今まで(ひろにとって)、「?」と畏怖の対象でしかなかったこやぴ男爵が、その苦悩を語るトラック。
短いトラックなのですが、めちゃくちゃ切なかったです…こやぴ…。(くすん)
過去を淡々と語ったかと思えば、立花さんの一挙一動に苦しむこやぴを是非。


そんなこんなで、最後はハッピーエンド
トラック13のラストでは、リンゴーン と早くも結婚式に突入したような教会の鐘の音が…(笑)。
最終的にちゃんとラブラブエッチも収録されていて、「私の可愛い仔犬」から「私の可愛い清次…」になっていて安心しました(笑)。
ずううっと痛そうな喘ぎばかり聴いていたので、最後に立花さんの気持ち良さそうな喘ぎが聴けたのも嬉しかったです★
今回は結構豪快な感じ…むふ


フリートークはツーショットで4分半強。
冒頭、「男爵役の子安武人どえす」と云うか「子安武人ドS」って自己紹介(笑)。

で、何かこやぴヴォイスが甘いんですけど~~~~~っ!!!!(沸騰)

立「僕、初めてですね、子安さんと……」
子「あっははは…(爽)」

↑こ、この笑い声ですよ! 必聴!!!!!(ぇ)
めちゃ爽やかで、声が若いんですけど! しかも甘いんですけど…!(キュルキュル/巻き戻し)

「僕は凄い、優しいドSなんで(微笑)」

本当に虐めて欲しいひとだけ、相手が求めているから求め返してあげるらしいこやぴ(笑)。
ドMな人は優しくいぢめて下さるそうな…あああん…(めろ/ぁ)

立「子安さんSだなって云うのは、普段の会話から良く解りますよね(笑)」
子「そうですか?(きょと)僕なんか変なこと云ってます?」

立「めちゃめちゃナリケンさん虐めてるじゃないですか!(笑)」

子「あ~っ、いや、あの人はもうMなんでいいんです別に!
  どんどん虐めてやれば!」
いいんです別にってどゆこと…!!(笑)

段々段々興奮してくるんで! なんて云われてる 成 田 さ ん が ラ ブ … !


声萌えで或る程度は乗り越えられますが、世界観や内容が大丈夫かどうかも結構重要だなあ…な1枚でした。
なんて云いつつ、こやぴと立花さんファンなら聴くしかないんですけれど(苦笑)。
調教が辛過ぎて思わず耳を閉じたくなってしまうような、そんな出来栄えではなかったです


▼原作
愛玩少年
愛玩少年 (JUNEコミックス ピアスシリーズ 163)

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

COMMENT

も・・もう・・・レビューだけで萌え♪ですわ(キュン)
「是3」を聴いた後なので 次は千葉ちゃんかな~と思って
先にエビリティ6を聴く気マンマンだったんだけど
「誓うか? 服従しないなら、この場で殺す――」
これ聴きたさにこっちからイッちゃおっかな?(悩)
by ぼたん #-
2008/05/13(火) 10:03 [Edit
ぼたんさん、こんばんはv

むふふ…こやぴヴォイスが鳴り響きましたか?(´∀`*)
エビリティ6、後半の神奈さん×進歩くんに萌えました~っvv
あああ、早くエビリティの4以前を聴かなきゃっ…!(…)

あああ…果たしてぼたんさんは「この場で殺す」なこやぴヴォイスに悶えて下さるかなあ…v(ドキドキドキ)
by ひろ #hurAyYjo
2008/05/13(火) 20:57 [Edit
>拍手コメントレス//ぴよさん
こんばんはv
こやぴと共に軽やかに越えてしまいました、(個人的に)禁断のお耽美ワールドを…!><//
「私の仔犬」は完全にキーワードでしたよね。
キーワードって云うより、ちょっとした決め台詞と云うか…。(笑/違います)
「私のぴよこ」!(爆笑)
でも、こやぴが本気ヴォイスで囁いてくれれば、その間の抜けた感じにすら萌えてしまいそう…vv いや、萌えますね。(断言した)
今妄想したら萌えました(笑)。

梶くんの妖艶受けヴォイスも良かったですよねえ(´∀`*)vv
彼はこの短期間の間に受けレベルが大幅UPした気が致します!
こやぴかモリモリを相手に…ああああ…涎で梶くんが見えません…!(だめ)
武内さんは「不埒~」が本当に愉しみですよねえっ><//
また果てしなくひろをいけない気分にさせて下さるのだろうなあ…あああ…v(キュン)
by ひろ #hurAyYjo
2008/05/13(火) 21:04 [Edit
何故だかずっと後回しになっていたこのCD(どろ-ん)
実際に聴いて見ると 一番ツボったのが

立「僕、初めてですね、子安さんと……」
子「あっははは…(爽)」

このコヤPの笑い声だった(爆)だーって問答無用に萌えますよね この声って
それと「新しい子犬~云々」の梶クンが大人声のヘリちゃんっぽくて嬉しかったです
by ぼたん #-
2008/07/07(月) 23:40 [Edit
ぼたんさん、こんにちは♪
ずっと暖めておられたんですね、このCD(笑)。
で、最萌がラストのあのこやぴだったなんて~~っっ!!(笑)
いや、萌えは確かにかなりのものでしたけれども(´∀`*)でれ

今月はこやぴ攻めを聴いていないなあ(´・ω・`)
光ちゃん受けとこやぴ攻めは毎月コンスタントにリリースされればイイのに…。(ぇ)
by ひろ #hurAyYjo
2008/07/08(火) 13:08 [Edit

Comment Form


 


TRACKBACK

TrackBack List

cv:子安武人×立花慎之介 由緒正しい男爵家、謎めいた一族の面々、近親交配による変異。まるで江戸川乱歩か横溝正史のシリーズのような設定で、かなりワクワクして聴き始めたんだけど、うーん・・・切なさも執着もラブもエロも寂寥感もみんなちょっと足りない気がし...
2008/07/07(月) 23:41:12 | あなたの声が聴きたくて [Del


プロフィール

    管理者:ひろ
    西に生息中のBL・ネイルアート好き声ヲタ。
    男性声優さんに関してはかなりの博愛主義。
    どうぞお気軽にお話ししてやって下さいv

    ●愛・好・尊・萌
    緑川光・中村悠一・中井和哉・子安武人
    戦国BASARA・TIGER&BUNNY
    西川貴教(TMR/TMR-e/abs)
    鹿乃しうこ・京極夏彦・辻村深月 and more...

    嗜好の詳細は取り扱い説明書をどぞ。

    ぱちぱち(*゚▽゚ノノ゙☆

    --
    2008年マイベストBLCD * 2009年マイベストBLCD
    2010年マイベストBLCD * 2011年マイベストBLCD

    緑川光さんにまつわる20の質問 * 中村悠一さんにまつわる20の質問



カウンタ

 
現在の閲覧者数:

Thank you for visit!
500,000HIT 08/07/23
1,000,000HIT 09/04/02
1,500,000HIT 09/12/07
2,000,000HIT 10/12/07
2,500,000HIT 11/09/22
3,000,000HIT 12/12/27
with Ajax Amazon



ブログ内検索

blog ranking★ * にほんブログ村へ * blogram投票ボタン * FC2 Blog Ranking



ゲーム・BL新作商品情報



新着記事



カテゴリ



コメント有り難う御座いますv

    データ取得中...



過去ログ



blog内記事ランキング



拍手ランキング



読書メーター

ひろの最近読んだ本



BLCD攻×受リスト



お買いもの?



ひろ×Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter



    Link



    QRコード

    QRコード



    RSS



    --

    track feed .



    Copyright © Little Sweets. All Rights Reserved.
    テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材: ふわふわ。り )     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。