06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2009.01.11 *Sun*

ひろの“萌え”の在り処

ぱぴこさんのブログで『Punch↑』のレビュを読んでから、
ずーっと牧さんとこーたんのことを考えています…ねこ(ビョーキ)
何でこんなに好きなんだろう。
って、好き過ぎて訳が解らなくなって来ました。

ひろは一度大好きになったものは、その対象に申し訳ないくらい、ずっとずっとずーっとしつっこく大好きなのですが(西川くんとか光ちゃんとか/…)、牧さんとこーたんもきっともうこの先ずーっと大好きなんだと思う…。

で。
そもそも、何でこんなに愛が盛り上がってしまったのか…と考える過程で、ふと自分の“萌え”って何なんだろうと云うえらく原始的なところまで辿り着いてしまいました。
ひろは常に世間一般の萌えとはちょっぴりズレた萌えの感性を持っている気がして仕方ないのですが、何と云いますか、どちらかと云うと世間の流行に着いて行けてない感があるんですねこ
今日はちょっと自分の萌えを探る旅に出ようと思います…
CD以外のBLメディアの摂取数が確実に極少なので、色々考えてもあまり傾向が立たない気もするのですが…。

以下、超絶にどうでもいい内容な上に、壮絶に長いので畳みます


●ひろのBL遍歴
取り敢えず、“BL萌え”の出発点まで立ち返ってみる…。
ひろのBL歴はそう長くもなくて、学生の頃に突然二次創作のBLブームがやって来たのが始まりでした。

最初は、何故か榎×京。
京極夏彦さんの妖怪シリーズが大好きで、自称・神な探偵、榎木津礼二郎が大好きで。
実家にネットが開通したのをキッカケに、気付いた時には京極二次創作サイトを廻る日々。
最初はギャグか、ラブを仄めかすくらいのものを読んでいた筈が、何時の間にかBL方面へ足を突っ込んでいました。
榎さんと秋彦さんが喋っていると嬉しいなあとは思っていたわけですが(…)。
そのままBLに堕ちていって…、最初はCPなんて気にせずに何でも読み漁っていたのですが、だんだんと自分の好みが解って来るんですよね。
で、最終的には榎京に落ち着いた――って云う。

それと同時進行でやって来たのが、NARUTO。
アニメがスタートする直前に、イルカ先生って云う先生が大好きな関さんヴォイスだと聞き付け、原作を一気読み。
まんまとカカイルに堕ちました。
と云うか、最早公式CPだとすら思っていました(…)。
今まで二次で一番ハマったのはこのCP。同人誌も腐るほど持っています(笑)。

そんなわけで、ひろのBLへの介入は二次創作がスタート地点。
その後、オリジナルBLの商業誌に行く前に、声萌えが高じて何故かBLCDへ飛んでしまったので、訳の解らないことに…ねこ


●何が「面白い」と感じるのか、「萌える」のか
二次創作BL→BLCD→商業BL…と云う流れでどっぷりその道へハマって行くことになったひろ。
そのせいか、好き作品への愛は「キャラ萌え」が根強いように思います。
二次創作BLはどの組み合わせがストーリー的に如何萌えるか(ツンだとかへたれだとか)以前に、好きキャラ2人がラブっていれば嬉しいタイプ。
BLCDを聴いて最高に萌えるのは、好きな声のひとが、そのひとのイメージにぴったりの、しかもひろの好きなキャラを演じて下さっている時。
突き詰めて考えて行くと、兎角、キャラ萌えなんですよねえ…。
BLも好きだけれど、基本的には声に萌える人種。
二次創作BLを読み漁りながら、一方では声の出る(←此処重要)乙女ゲームにのめり込んでいたひろ。
商業BLに足を踏み入れたのは、光ちゃんの声をもっともっと聴きたくて、うっかり迷い込んでしまっただけでした。
BLCDはありとあらゆる意味で衝撃的でしたが、最初何にハマったって、あろうことかフリートークにハマったんです(笑)。
好きな声優さんの声が聴きたかっただけなので…今思えば何たるBL作品への冒涜
CDは声に萌えて完結。
CDを選ぶ基準は、レーベルも原作の内容も原作者も演出も何も拘りなく(と云うかそもそもそう云う観点についての知識が全くなかった)、ただ光ちゃんが出演しているか、若しくは好きキャストの組み合わせかどうか。
そこから原作に立ち返ると云う発想は皆無でした。
不思議なことに興味もなく…。
そう、BLは二次創作で満ち足りていたのに…。。。
ある時、CDを聴いてたまらなく好きになった作品の原作を、どうしても読みたくなってしまったのです。


●初めて自分で、新品で買った商業BL
山田ユギさんの、『どうして涙が出るのかな』。
どうして涙が出るのかな (バーズコミックス ルチルコレクション)

CDを聴いて、早川(@森川さん)がどうにもたまらなく好きになってしまって。
これはどうしてもどうしても原作が読みたい…! って。
早川の表情を見たくなってしまったんです。
あのシーンの早川はどんな顔をしているのか、音では良く解らなかったあのシーンはどうなっているのか…などなど、そんな風に思ったのは初めてのことでした。
そして、此処から完全にユギさんにハマりました
物凄い勢いで既刊を集めた記憶が…(笑)。

それとほぼ同時期に買ったのが、大和名瀬さんの『ちんつぶ』。
ちんつぶ 1 (1) (MBコミックス) ちんつぶ 2 (2) (MBコミックス)

これもCDを聴いて、神谷ちんこ(@櫻井くん)がたまらなく愛しくなってしまって、

「一体何時岩淵(@遊佐さん)とくっつの?! ちょっと?!?!

と、CDのその後まで知りたくなってしまったのです。
だから、『ちんつぶ』以外のお話も収録されていたけれど、当時は読み飛ばしていた気が(…)。

うーん、何処までもキャラ萌え…・・・。
再確認してしまったねこ

思えば、商業BLと云う世界に本格的にハマっていったのはこの辺りから。
作家を知り、原作を知り……、レーベル色とか演出とかを気にし始めたのはもっと後かなあ。
今となっては嘘みたいですが、この頃は関俊彦さんと光ちゃん以外にこんなに声の世界に堕ちていくとは思いもしていなかったんです。
だって、「どうして涙が出るのかな」を聴いた当時のひろは、有り得ないことに森川さんのお声の聴き分けすら出来なかったわけで…


●じゃあひろの好きな作品は?
此処までで、ひろはきっとキャラ萌え在りきなんだ、と云うことを念頭に検証していく…。
どんなキャラに萌えるのか、まで行くとキリがないので、今回はそこは敢えてスルー。
「商業BLで好きな作品は?」と問われて、ぱっと思い浮かぶものを挙げてみます。
『Punch↑』は後回し。。。

同じ鹿乃さん作品の中でめちゃくちゃ好きなのが、『後ろの正面Darling』。
後ろの正面Darling (バンブー・コミックス 麗人セレクション)

に、収録されている「あの仔が欲しい」。
このお話については、むだに熱く語っているのですが、今でも大好き。
何がこんなにも好きな要素なのかなあ…。
最終的にはペロ(犬)萌えと云うところに落ち着きかけたのですが(笑)、最初は桂(受)が好きだと思ったんです。
鹿乃さんの描く受けちゃんのヴィジュアルで好きなのが、どちらかと云うと(鹿乃さんのイラストにしては)眉の細めのしゅっとしたあっさり顔なのですが、この子も正にそう。
ちょっと影のある、綺麗な顔の受けちゃん。
そして薄幸キャラ…うう、抱き締めたいねこ
ああ、けれども良く良く考えてみると、英吾(攻)のギャップ萌えなのかも…。
強面な癖に、犬に優しかったり色々と(何)邪険に出来なかったり、受けちゃんにもどんどんメロメロになって行っちゃったり…。
でも、表面上はそっけない上に、受けちゃんが鈍感でめろめろになられていることに全く気付いていないの。
お願いだから早くくっついて!! ってめちゃくちゃ思いました。
その焦れったさと、(ひろが)大好きな受けちゃんが物凄く愛されるのが嬉しい、のか…?
今でも、ラブラブな番外編とか続編とか読みたいくらいに大好きです。
1話読みきりのお話なのに(笑)。

扇ゆずはさんの、『浴びる純情』も大好き。
浴びる純情 (GUSH COMICS)

ちょっと癖の強い絵だなあと思っていたのが、これを読んでから一切気にならなくなりました。
これは若ッかい教師×生徒なのですが、受けちゃんが超絶に薄幸キャラ。
めっちゃ可愛いのに、「魔性」って云われているのに(何)、全然愛されていなくて、逆に壮絶にいじめられている…みたいな(…)。
けれど、ちっともうじうじしていなくて、真っ直ぐで強くて、頑張っていることを誇示するわけでもなく、それが当たり前と云う感じの…兎に角愛しい子なんです。
そして最初はツンケンしていたのに、気付いた時には有り得ないくらい受けちゃんにめろっめろになってしまう超絶美形な先生…。
はっねこ
これも同じパターンだ…。
早くくっついて欲しいな、ラブラブが読みたいな…って思ったのも同じ(笑)。
健気若しくは薄幸な受けちゃんがすっごく愛されて幸せになれる話が好き、なの…?


そして、言葉では云い表せないくらいひろのドツボなのが、『幻惑の鼓動』。
幻惑の鼓動 15 (15) (キャラコミックス)

吉原理恵子さん原作で、禾田みちるさんのコミカライズが合い過ぎて物凄い萌。
これはストーリーの文句なしの面白さと、メインキャラクタの魅力が総て。
“血の繋がりより深い絆がある”と云う吉原さんらしい濃ゆさがまたたまりません。
主人公・晃一がとても男らしくて凛としていて強いひとなのに、総受けとしか思えない。
超姫扱いされていても、全く違和感がない。不思議なひとです(笑)。
そしてひろが大好きなのが、王子攻めの塔谷。
↑の画像はひろの一番好きな表紙を引っ張って来ているのですが、もう塔谷が好き過ぎる…!
そしてその塔谷の晃ちゃんへの想いが中々伝わらなくて、何年も悶々としていました。
焦らされまくりで、逆に萌えが爆発してしまったと云いますか…。
これも重い宿命を背負った受けちゃんが強く凛としていて、しかも周りから愛されまくっていて、けれどもそこにあまり気付いていないと云うのが好きなのかも――。
あとは、塔谷との焦らされ加減。
(一応)両想いになったのが確か14巻とかですよ…どんだけ…(笑)。

うーん。
メインCPが両方とも好きで、特に受けちゃんが好きで、その受けちゃんが健気とか薄幸とかいい子なのに報われない人生を送って来ていて、運命のひと・攻め様と出逢って、焦らされながらも最後には幸せになれる――と云う展開が好きなのかも。
シンデレラストーリー?ねこ
あれ、ひろBLですら夢見がち?(笑)
あと、CD化して欲しい! って心から思う+声キャストを無理して当てなくても、勝手に頭の中で妄想出来る――と云う点も一緒。
「好き」を超えて「どうしよう!」って思ってしまう作品は大抵そうだなあ…。

本仁戻さんの『探偵青猫
探偵青猫 1 (1) (花音コミックス)

とか、大槻ミゥさんの『永遠の七月
永遠の七月 (バーズコミックス リンクスコレクション)

あたりもめっちゃ大好きで、ちょっと変化球だけどそう云う系統ではあるかも。

山田ユギさんは最早何でも好きって云うレベルだけど、例えば『太陽の下で笑え。
太陽の下で笑え。 (花音コミックスミニ)

の、矢田と直樹のお話とか…悲恋だけど、直樹(受)はその後幸せになれる。
あっけらかんと図太く見せている繊細なひとたちが幸せになれるのが好きなのかなあ。
勿論、攻め様は受けちゃんに(実は)めろめろで!

最近読んだユギさんだと、『死ぬほど好き
死ぬほど好き (バンブー・コミックス麗人セレクション) (バンブー・コミックス 麗人セレクション)

の、『明烏』と『夢泡雪』。
傲岸不遜な感じの攻めの新人リーマンくんが、何だか知らない内にくたびれたオッサン主任にハマってしまう過程がめちゃ萌えだったなあ…。
そう考えると、「受けにめろめろになってしまう、攻め」が好きなのかもしれません。
一見、恋愛にそうそうのめりこみそうにないタイプだと更に燃え上がる
受けちゃんとの出逢いで人生変えられたって云うくらいにね(笑)。


●CD→原作に立ち返った作品
上で挙げた作品が偶然、CD化されていなかったり、CDを聴く前に原作を読んだものだったので、逆を考えてみました。

CD→原作でぱっと思い付くのが、ホームラン・拳さんの『僕は君の鳥になりたい。』。
僕は君の鳥になりたい。

CDの藤井(@羽多野くん)に惚れて…惚れて…惚れました…。(は?)
繊細で優しい受けちゃんが姉の彼氏である優しいへたれのお兄さんに恋しちゃうお話。
これは完全に炯(@鈴村さん)に感情移入して聴いて、藤井に惚れて、原作までぶっちぎりました。
うーん、完全にキャラ萌えだ…。
最後は切ない想いが報われて、炯が幸せになれるのもとても好き。

寿たらこさんの、『SEX PISTOLS 2』もそうだったなあ。
SEX PISTOLS 2 (2) (スーパービーボーイコミックス)

CDを聴いて即原作を買いました。
米国(攻)の暴君っぷり、こやぴの声が神キャスト過ぎて萌え倒れて…、原作を読んで更にこやぴしか居ない! と確信した思い出の1枚(笑)。
これも結局は微薄幸気味な委員長(受@平川さん)にめろんめろんになるのが微笑ましく、嬉しく…。
ストーリーも設定も、『是』シリーズ並みに練り込まれていて本当に面白い。
現実じゃ有り得ないのに、やけにリアルに読ませて下さいます。

崎谷はるひさんの『ねじれたEDGE』もそう。
ねじれたEDGE (幻冬舎ルチル文庫)

本当は、先に『ANSWER』のCDを聴いていたんです。
で、崎谷さんに興味を持って、崎谷さん原作のCDを集めて……、最初に原作が読みたくなったのがこの作品。
その後崎谷作品は総て集めましたが、一番最初がこれだったのは自分でもちょっと意外かも(笑)。
CDを聴いた時点での激しいキャラ萌えはなかったような…。
焦らされ加減に「早くくっついて幸せになって~!」ってハマってしまったのかな。
CDを聴いて、一体どんな風に文章に起こされているのかが気になったのが一番大きかったように思います。
薄幸受け…とはちょっと違いますが(その点では寧ろ『ANSWER』の方があてはまる)、斜に構えていて、プライドが高く、最初は兎角可愛くない年上の受(教師)。
それが、年下ながらに包容力抜群の攻めと出逢い、まあかなりねじれるわけですが、最終的には幸せになれる…そして、少しずつ受ちゃんが変わって行くのが心地好い…。

恋をして、幸せになって、お互いいい方向に変わって行ける――って云うのも萌え度が高いのかも。
キャラが人間として成長して行けるのを読むのが嬉しくて幸せなのかな。
ああ、あと優しさに触れて優しくなれたりするのも心地好い。
優しくておおらかなひとの出て来るお話が好きです。

包容力抜群の攻めとうじうじ受け…と云う系統で行くと、『手を伸ばせばはるかな海』も死ぬほど好き。
手を伸ばせばはるかな海 (角川ルビー文庫)

崎谷さんのブルーサウンドシリーズの中で一番好きです。
これもCDを聴いて即原作を購入しました。
焦らされて云々~でハマってしまった過程が↑と全く同じ。
プラス、これに関しては攻めの大智に激萌え。
奇しくもCDキャストが『ねじれたEDGE』のこにたん×のじと全く同じ。
このせいで、

包容力たっぷり、情愛たっぷりのおおらか・懐の深い攻め=こにたん
うじうじ受け=のじ


と云う構図がすっかり出来上がってしまったひろでした
これも、同シリーズの巻末や小冊子等々でこのCPのその後の短篇がチラチラ読めるのですが、崎谷さん、どうかガツン! と1本書いて下さらないかなあと思っています…。

CD→原作とはちょっと違うけれど…『あしたのきみはここにいない』もそうかな。
あしたのきみはここにいない (バーズコミックス ルチルコレクション)

これも崎谷さん原作だ…。
コミックス→CD→小説と云う順番にリリースされて、その順番に手に取りました。
段階を踏んでどんどん作品にのめり込んだと云いますか…、兎に角鳥ちゃん×ちーちゃんのCPが最高に良かったことと、スマートな大人に見えた攻めが、受けちゃんにずぶずぶハマってめろっめろになって、駄目過ぎる大人になってしまったのも好きでした(笑)。
これは“成長”とはちょっと違うけれど、人間味の点では飛躍的に成長したのでは、と(ぇ)。

CD→原作で印象深いものってとても少ないけれど、これくらいかも。
BLに本格的にハマって、声の芝居にものめり込んで沢山BLCDを聴き始めた頃には結構原作・レーベル・キャストって云う観点が頭にあった気がするので…。
本当の本当に初期に触れたものしか、がつんと頭に残っていません。

あ! でも割に最近衝撃的だったのがあった!
かわい有美子さんの、『透過性恋愛装置』!
透過性恋愛装置 (CROSS NOVELS)

これ、重版される…んですよ、ね…?ねこ
何も考えずに強烈に勧められるままにCDを聴いて、あまりの萌えに入手困難な原作を求めて彷徨いました!
最近、ノーマークのものでの一番の爆発的萌えはこの作品だと断言出来ます。
これも、厭な奴だった受けちゃんが、恋をしてすっかり可愛くなっちゃったり、元々持っていた可愛くて素直な面が更に愛しく思えたり、兎角受けちゃんの変身・成長っぷりが心地好く、嬉しいストーリー。
攻め様も懐深く、最終的には受けちゃんにめろめろに…ああ、幸せ…
続編が読みたいです。
その後のラブが読みたいです。

こうやって見て来ると、CD→原作の構図でもどうもキャラ萌えが先立っているような…。
プラス、早く幸せになって欲しい&その先のラブラブが読みたい! と云う気持ち。
そこに、その恋が人間としての成長に影響していれば個人的には神なのかも…。


●じゃあ、『Punch↑』は何故訳が解らなくなるほどに萌えるのか
な、長かった…。
一体何の話題を書いてるのか、、、迷走し過ぎました…。

Punch↑
Punch (ビーボーイコミックス) ルボー・サウンドコレクション ドラマCD Punch↑

鹿乃さんに開眼させてくれた浩太くんと牧さんに愛。
ひろの中では、CD化が決まり、キャスティングが発表された時から愛がうなぎのぼり。
そもそも大好き過ぎた原作に、自分の思っていた通りのキャスティングが叶った幸せ…。
きっと、今までこんなに大好きだった原作がこんなにも(自分の感性的に)恵まれた形でCD化したことはありませんでした。

ひろはこーたん(受)と牧さん(攻)のどちらがよりキャラ萌えなのかな~…と此処数日ずっと考えていたのですが。(もっと別のこと考えようよ…)
何かもう決められないくらいに2人が大好きで、このCPが大好きなんです…。(一体何のノロケ)
最初はね、こーたんが好きだなあ、可愛いなあ、愛しいなあって思ったの。
が、最終的に兎に角牧さん×こーたんCPが好きだ! ってなった段階で、訳が解らなく…。
雑誌を追い掛けてまでこの2人の恋の行方が気になるなんて、自分的には有り得ない事実(笑)。

取り敢えず、今まで考察(ぇ)して来たひろの萌えと照らし合わせてみる…。

・好き作品への愛は「キャラ萌え」が根強い。
・健気若しくは薄幸な受けちゃんがすっごく愛されて幸せになれる話が好き。
・焦れったさと、(ひろが)大好きな受けちゃんが物凄く愛されるのが嬉しい。


うん…何か『Punch↑』ってそうだよ、ね…。
キャラ萌えは鬱陶しいくらい、ビョーキレベルだし
こーたんは喧嘩っ早くてすぐ手が出るけれど、19歳にしてはだいぶ健気で、しかも不幸恋愛体質、小さい頃に両親も失くして初恋の人はお兄ちゃん(ニューハーフ)の彼氏…。
牧さんに出逢うまでは、彼氏の顔色を窺ってびくびくして、いい子にしていた子。
牧さんとは出逢った頃からガンガン何でも云い合っているし、ちゃんと可愛い本音も零しちゃったりなんかして(自分の親友が牧さんの好みの男前だから会わせたくなかった、とか…それを斜に取っちゃうあのばか牧さんめっっ!! …いや、そんな不器用な牧さんもすき…/ぇ)良かったねえ…ねこ
けれど、こーたんのそんな不器用なところすら愛しいのです。
そんなこーたん、牧さんにすっごく愛されて幸せになれるのですが、何故だかお互いに不器用なんですよねえ…両想いになってからも。
だからラブラブになった今でも、鹿乃さんにまだまだすっごく焦らされている気分です(笑)。

・「受けにめろめろになってしまう攻め」が好き。
・攻めが一見、恋愛にそうそうのめりこみそうにないタイプだと更に燃え上がる。
・恋をして、幸せになって、お互いいい方向に変わって行ける、キャラが人間として成長して行けるのを読むのが嬉しくて幸せ。
・早く幸せになって欲しい&その先のラブラブが読みたい! と思う。


うん…何か悉く当てはまる、ね……。
牧さんは恋愛にのめり込むタイプなのかな。
元カレ・御園生さんや、こーたんの前にフォーリンラブしていた忍チンとの関係を見ていると、どうもあのいかした変態キャラを全く発揮出来ていない感が…。
何処までもスマートでいい男を演じまくっていると云うか。
それはそれで、相手に好かれたくて必死だったのとか、まあ(自分を含め)格好良いのが好きな牧さんだからこそ、なのでしょうけれども。
まあ、忍チンに対してはちょっぴり素も出ていたし、こーたんとラブラブになってからは、「…浩太がエロくてヤバイ」なんて悩ましげなノロケをかましたりしていますが(笑)
こーたんにはガンガン変態ですからねえ。
こーたんの前では、いい男:変態の比重が1:9くらいな気すら。
そんな、牧さんが自然体でいられる相手がこーたんって云うのだけでも激萌え。

ひろは牧さんの一見浮気性なところにすら萌えます。
何かねえ…、牧さんはどの道こーたんにしか幸せにして貰えない気がするから…(ぇ)。
その点では凄く安心だし(勝手に)、基本尻軽攻め(笑)な真性ゲイの牧さんなので、ストライクゾーンがまあ広いこと!
その人を貴方が攻めるの? と云うような男前すら圏内な牧さんが大好き。
何だったら純佑すら攻めようとしている牧さんが大好き(笑)。
けれどね、本気で本気の最後のラインはこーたんだけだって云う確信があるんです…。
それっくらいこーたんにめろめろなんです…。
だって、「愛してる」とか上手く云えないって思うくらいにこーたんに入れあげてるんだも…っ!!!!(ひろさん落ち着いて)

それが逆に、こーたんになるとひろの心は一気に狭くなります。
もうっ(さっきから鼻息荒い)
ひろGOLD2008年12月号で初恋の相手に電車でぎゅってされてたこーたんのこと、未だ赦してないから…っ!!!!ねこ(ひろさん関係ない)

何だかなあ…。
こーたんも、漸く丸ごとの自分を受け容れてくれる相手にめぐり逢えて、しかもその人も自分のことを愛してくれていて、けれどたまにやっぱり不安で…って云う何かアアーッ!!(ひろさん落ち着いてください)
取り敢えず、こーたんは何となく腕の隙間から擦り抜けて行ってしまう気がして心配で仕方ないんです…うう、ひろの妖精……ねこ
牧さんと一緒に居てくれないといやだ…。。。(ぐしっ)

……。
結局何が書きたかったのか良く解らなくなって来たアル…。
何この無駄に長い雑記…(汗)。
『Punch↑』はなんかもう、どっちがどう、じゃなくて、牧さん×こーたんだからいい! んですね。
牧さんの浮気未遂は赦せても、こーたんのそれは赦せないって一体これ何の嫉妬でしょう?(笑)
牧さんは子どもっぽい一面もあるし、軽そうで流されそうに視えるけれど、やっぱり大人なんだと思うの…。
此処数話は牧さんの切ない内面を読ませて貰っていたせいか、何か牧さんは大丈夫って云う安心感があるもの。
包容力もあるし、こーたんも云っていたけれど、そんなに器用な人じゃない。
根は何処までも優しいひとなの…変態だけど……。
あー…牧さんがほんとに好きだな。
こーたんのことが大好きで大切にしたくてたまらない牧さんが!
はっねこ
矢張り、「攻め様が受けちゃんにメロメロ」の法則はひろの中で神のようです…(笑)。

・BLCDを聴いて最高に萌えるのは、好きな声のひとが、そのひとのイメージにぴったりの、しかもひろの好きなキャラを演じて下さっている時。
・CD化して欲しい! って心から思う+声キャストを無理して当てなくても、勝手に頭の中で妄想出来る。


因みに、↑も叶ったし♪
だからこそ、余計に物凄く好きで好きで仕方ないのかもしれません。
牧さんがこやぴじゃなかったら、もしかしたら数ヶ月は意地張ってCD聴いてなかったかもしれない(でも結局作品愛に負けて聴くと思う/笑)くらいに、こやぴを切望していたので…
予想を遙かに超えた好演だったのも本当に嬉しかった。
勿論、中村さんのこーたんも


うん……、結局この記事は何だったんでしょ?(笑)
牧さんとこーたんが好きで好きで好きで仕方ないんですけれど、どうすればいいですか? って云う相談?(笑)
ブログって、こう云う時いい。
くだらないことでも、書き起こすだけで何だかすっきり~

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

COMMENT

ひろさーん(*´Д`)


待ってました、こういうの!
ひろさんのBLの歴史!(*>д<)おぉー。

Punch↑の記事は丸々全部、共感。
萌え所が似てる…嬉しい

特に(実は言えなかったけど)GOLD12月号での感想。
浩太の行動がかなりショックだったんです(>д<)
おもっきり嫉妬してる自分に苦笑いでした(笑)
牧さんには余裕綽々なのに、浩太には狭くなります…うー。
なのでact.6は他話ほど繰り返し読めませんでした
(でも牧さんの゛愛してる〝は激しくリピート。笑)

愛される事に不慣れな浩太が、
大人な牧さんから愛され、愛され、愛され…温かい居場所を見つけ
大人な余裕を見せてたはずの牧さんも、いつの間にか浩太の存在が大きくなり過ぎて、らしくない位に本気モード…。
イイです…(*´Д`)Punch↑大好きです。
これから、どうなるのかなぁ


私事ですが
実は、ひろさんに影響を受けて
(私のはつまらない記事だけど…)3日前から、ブログを書いています。
Punch↑の事とか『好き!』を伝えたくて…。
ちゃんと出来たらひろさん遊びに来てくれますか?(ドキドキ)
by まろ茶葉 #-
2009/01/11(日) 16:15 [Edit
こんにちは。
私も牧さん大好きなんです!!!
変態すぎる牧さんに、「しょうがないなー」って感じで年下なのに包容力ある浩太もかわいい!

何よりそれがコヤピ×ゆうきゃんなところが大きいです。
by ありぃ #-
2009/01/11(日) 18:48 [Edit
ひろさん、こんばんわvv

熱い萌え語りお疲れ様です~。
なんだかひろさんという方がだんだん見えてきましたよ♪
でも驚いたのがひろさんの出発地点が京極堂だったってことでしょうか。
しかも榎さん攻めですか~。
私的に榎さんは受けだったので。(笑)
なんだか色々新鮮でした。
もちろんカカイルには大賛成ですけどね!!!!

実は勿体無くて&うえださんがいないのがショックで「Punch↑」って聞けてないんですけど、だんだん気になってきました。
三木祭りが落ち着いたら聞いてみようかな~。
by あいら #FiPkFC0s
2009/01/11(日) 20:04 [Edit
>まろ茶葉さん
こんにちは~v

えへへ、途中からどんどん自分でも何書いてるのか解らなくなりながらも、めちゃくちゃ長ったらしく書いちゃったので消すのも忍びなく、UPしちゃいました(´∀`;)
何気にBL歴は浅く(声萌えの方が長いのです…)、BL作品に関しては読破数がほんとにめっちゃくちゃ少ないので語っても微妙なのですけれども…。

『Punch↑』は毎度毎度これ以上書くことない! って思うくらいにしつっこく感想を書くのに、それでも後から後から萌えが噴き出て来てしまって…うう><//
GOLD12月号のこーたんの狼藉(ぇ)への嫉妬はいまだおさまらず…。
一昨日も昨日も読み返しながら嫉妬の嵐でした!!(苦笑)
2巻発売まで1ヶ月を切りました(♪)が、コミックス読んでまた嫉妬にメラメラしそうな気がします…まろ茶葉さん、ひろを止めてください…(ノд<。)゜。

ねえ、何か牧さんなら赦せちゃうんですよね(笑)。
でもこーたんには心が狭いの…この嫉妬心は一体何なんでしょう???(´・ω・`)

そうそうそうっ、そうなんですっっ!!
牧さんから今までになくあったかく(変態だけど…/…)愛されるこーたんと、余裕がなくなって本気モードになってしまっている牧さんが愛しくてたまらないんです…!!!(ガシィッ)
そう、それが云いたかったの…!><//(キューン)

コミックス2巻は勿論ですが、本誌での続編も期待したいですね。
こーたんの一挙一動にめちゃくちゃどきどきするけれど…ううっ><


そしてそして!
うわ~っ、ブログ開設おめでとうございます~vv(´∀`*)
是非是非(!)遊びに行かせて下さい~っvv(すちゃっ/猛ダッシュの準備)
by ひろ #hurAyYjo
2009/01/12(月) 16:51 [Edit
>ありぃさん
うわわっ、お久し振りです!(´∀`*)

牧さん良いですよね…vv
そう、声の力も勿論大きいのですが、何よりも鹿乃先生の原作が大好きで大好きで愛しくてたまりませんっ><//
こーたんのあの包容力、たまりませんよね…♪
でも、それは実は牧さんの包容力が上回っているからこその萌えだと思うわけで…ああっ、好き過ぎるっ!!><//
by ひろ #hurAyYjo
2009/01/12(月) 16:53 [Edit
>あいらさん
こんにちは~v

思いがけずめちゃくちゃ長い萌え語りになってしまいました(´∀`;)
しかも途中で方向を見失いました(笑)。

そうなんです、BLへの入りは京極なんですよねえ。
SLAM DUNKとかは原作にハマったのが連載終了10年後とかなので(…)そのずっと後なんです。。。
しかも榎攻め(笑)。
京関を読み漁った後にちょっと木場榎に迷い込み、最終的に最萌は榎京…と云うところに落ち着きました。
秋彦さんも榎さんも大好きで…vv
カカイルは最早説明要らずですよ、ね(´∀`*)むふん♪

「Punch↑」に関しては、うえださんがゆっちーに変わったことで…と仰られる方が結構いらして、その度に正直、「今回は脇だし、メインの良さを兎に角聴いて欲しいなあ!><//」って思っていたんです。
けれど、牧さんのキャストがこやぴから誰かに変わる…なんてことになったら、ひろも躊躇して聴けないなあって思い直したりもして。
なので、もしも気が向かれたら、本当にこやぴの牧さんが神過ぎるので是非聴いてください! ってあいらさんにはお願いしちゃいます><//
by ひろ #hurAyYjo
2009/01/12(月) 16:59 [Edit
>拍手コメントレス//アヤさん
こんにちはv
うわーい、アヤさんだ♪
コメント何時でも大歓迎です(´∀`*)むふ

てゆか!
アヤさんの初声萌えは光ちゃんだったんですか…っ?!
キャーっっ!!!><//
ちーちゃんの前に光ちゃんを見初めて下さっていたなんて!
な、何か萌えちゃった…vv(´∀`*)でれ

しかもBacklash!
ひろはあれ、光ちゃんとこやぴをクリアした段階で積んだままです…。
あの、最後にキス待ち顔で迫って来るスチルにどうしても噴いてしまって(笑)。
あの光ちゃんはちょっと攻めっぽい雰囲気でしたよねえ♪
で、そこからBLCDの初買いが「有罪」って!
ちょっ、アヤさん勇者過ぎる…っっ!(笑)
あれが初BLだと後で色々と「おお!」とか「ええっ?!」とかならなかったですか?(笑)
ひろも初BLの時はあまりの衝撃に何度も停止ボタンを激しく連打しました…ほんと、ウブな頃もあったんですねえ…。(遠い目)

ところでちーちゃん、何か最近更に可愛くなってひろを誘惑して来るんですけど…(´・ω・`)(困らないでください)
by ひろ #hurAyYjo
2009/01/12(月) 17:12 [Edit
ひろさん、こんばんは。私の『Punch↑ 1巻』レビュ見て下さってありがとうございました。
結局、骨組みだけで長くなって、好きなイチャイチャシーンの事しか書けてない気もするのですが…ひろさんの好き傾向の旅と、牧さんと浩太くんの想いを見れて、書いて良かったなと思えました。

Punch↑だけでなく、大好きな「どうして涙が~」や「小さなガラスの空」の話が出てきてvv(矢田の不器用さが大好きなんです)
探偵青猫もSEX PISTOLSも好きなんで、好きな作品の語りは見てるだけで嬉しいですvvv


で、「あの仔が欲しい」なんですが…ペロちゃん(*>△<*)ってか虎田一家のお話が…ズキュンでした。
そしてそして、Punch↑vvvもう ひろさんはどんだけでもPunch↑を好きでいてくださいvv見てて嬉しいので。
2巻すっごい嫉妬の嵐かもしれませんが…(><;)
ちょっと牧さんへの寛容さと浩太くんへの厳しさに笑ってしまったんですが、私の大好きな浩太くんにも優しくなってあげて下さいvvv
by ぱぴこ #-
2009/01/12(月) 20:26 [Edit
ぱぴこさん、こんばんはv

ぱぴこさんのあのレビュで、悶々と愛を考えることになりました(笑)。
好き傾向の旅は途中で迷い込み過ぎて結局旅の終わりまで辿り着けていない感ありありですが(苦笑)、自分が好き! って思うものは矢張り何かしら同じ要素があるものなんですねえ★

「小さなガラスの空」は、友達をユギさんにはめようとして強制的に全部読ませた(笑)時に、やたらと「矢田が! 矢田がっ!!><。」って喰い付いて来て、個人的には「え、そこなの??」って思ったのですが、再読してみたらほんとに「矢田が~~っ!!。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。」ってなって(笑)。
ほんと切ないです、あの話は…。。。
青猫もそろそろ続きが読みたいなあと思いつつ。
基本、雑誌は追い掛けないタイプなのでどうなっているのか全然解らない…(´・ω・`)

で、で、で!!
ペロですよペロ~~~~~~っっ!!!!!(キューン)
ひろ、何だったらこーたんと同じくらいにペロを愛しています!!(鼻息)
も~~~っ、あの仔は何であんなにも可愛いんでしょう????
はっひはっひと走り寄る姿にめろめろです…英吾になりたい…いや、桂になりたい…(*´Д`*)
『Punch↑』、語っても語っても語りたくなります。
もうずっと大好きです…!!
2巻、早くゲットしたいなあ…表紙も描き下ろしもめっちゃ愉しみですね♪*♪

はあ。
でもね、ぱぴこさん…。
やっぱりこーたんには厳しくなっちゃうの…。
愛ゆえ?(…ぇ)
こんなにこーたんのことが大好きで仕方ないのに…。(ぎゅうううううう)
牧さんへの対応(何)くらい寛容になりたい…うう、頑張る…!(それ頑張ることなのか)
by ひろ #hurAyYjo
2009/01/13(火) 23:00 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by #
2009/01/14(水) 21:10 [Edit
>鍵コメレス//コモさん
こんばんはv
レスが遅くなってごめんなさい!(ノд<。)゜。

うわーいっ、お迎え来た~っ!!(猛ダッシュで身支度)
ブログ教えて下さって有り難う御座いますvv(´∀`*)むふ
改めまして、後でゆっくり遊びに行かせて下さいねっ♪*♪

ねえ。(何)
何か書いても書いても足りないんですよねえ…!
で、後で読み返すと何が云いたかったのか…って自分でも思うって云う、毎日そんな記事ばかり書いています(笑)。

お名前も美味しそう…v(じゅる…がぶ。/待)
改めまして、コモさん(´∀`*)
これからもどうぞ宜しくお願いします~♪(モギュモギュ)
by ひろ #hurAyYjo
2009/01/15(木) 23:11 [Edit
>拍手コメントレス//メイさん
こんばんはv

無駄に長い記事を読んで下さって有り難う御座います~っ!><//
攻めは受けにめろめろ…、これは激しい萌え要素ですよ、ね…!(ガシ)
ひろもメイさんとは萌え嗜好がとても似ている気がします(´∀`*)でれれ
嬉しいなあ♪*♪
攻めがつれなくても、途中から激しくハマっていったりするのは萌えですよねえ…むふ。

牧さんとこーたん、ほんと早く安心して愛でられるCPになって欲しい><//
もうあの2人には波乱とかなくてもいいから、穏やかにまったり幸せにやって行って欲しいです…もう好き過ぎて、自分の萌えとかそう云うことよりも、彼らの幸せを願わずにいられません。
そして、メイさんの鬼発言(笑!)に爆笑しつつ(笑)。
by ひろ #hurAyYjo
2009/02/26(木) 22:47 [Edit

Comment Form


 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

    管理者:ひろ
    西に生息中のBL・ネイルアート好き声ヲタ。
    男性声優さんに関してはかなりの博愛主義。
    どうぞお気軽にお話ししてやって下さいv

    ●愛・好・尊・萌
    緑川光・中村悠一・中井和哉・子安武人
    戦国BASARA・TIGER&BUNNY
    西川貴教(TMR/TMR-e/abs)
    鹿乃しうこ・京極夏彦・辻村深月 and more...

    嗜好の詳細は取り扱い説明書をどぞ。

    ぱちぱち(*゚▽゚ノノ゙☆

    --
    2008年マイベストBLCD * 2009年マイベストBLCD
    2010年マイベストBLCD * 2011年マイベストBLCD

    緑川光さんにまつわる20の質問 * 中村悠一さんにまつわる20の質問



カウンタ

 
現在の閲覧者数:

Thank you for visit!
500,000HIT 08/07/23
1,000,000HIT 09/04/02
1,500,000HIT 09/12/07
2,000,000HIT 10/12/07
2,500,000HIT 11/09/22
3,000,000HIT 12/12/27
with Ajax Amazon



ブログ内検索

blog ranking★ * にほんブログ村へ * blogram投票ボタン * FC2 Blog Ranking



ゲーム・BL新作商品情報



新着記事



カテゴリ



コメント有り難う御座いますv

    データ取得中...



過去ログ



blog内記事ランキング



拍手ランキング



読書メーター

ひろの最近読んだ本



BLCD攻×受リスト



お買いもの?



ひろ×Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter



    Link



    QRコード

    QRコード



    RSS



    --

    track feed .



    Copyright © Little Sweets. All Rights Reserved.
    テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材: ふわふわ。り )     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。