06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2009.05.21 *Thu*

「デコイ 囮鳥」レビュー

デコイ 囮鳥
ドラマCD デコイ 囮鳥

お勧め:★★★★☆
絡み:★★
主要キャスト:近藤隆・子安武人・鳥海浩輔・三宅健太・三木眞一郎・小西克幸


すっごく面白かった!

…けれど、何だろうなあ…、、、
これはもう、個人的な好みと感性の問題としか云いようがありません。
語弊があるかもしれないけれど、凄く聴くひとを選ぶ作品だと思います。
何と云うか、「萌え」と云う切り口のみでこの作品をはかっちゃいけない気がするのだ…

ひろ、このCDを2枚聴いて続きが気になって眠れなくなった(笑)ので、本を買いに走ったんです。
そうしたら、正直本の方が面白かった。
…から、困った(笑)。
これはハードボイルドやミステリの類です。
ひろの中で、BLや萌えとは違うところに位置付けられてしまいました。
…から、更に困った

骨太な男たちの世界。
お手軽に萌え補給♪ と云う感じではなくて、本物を知っているオトナ向け
ひろもオトナになってから(何時なれるの…)聴き返したら神CD…!! って叫び出すかも…(笑)。
あと、積んでいる「エス」シリーズを聴いてから出直した方が良さそうです、ね…(苦笑)


・ストーリー
英田サキさん原作。

目が覚めたとき手に残っていたのは、一丁の拳銃。
彼は、記憶を失っていた――。
混乱する安見亨(近藤さん)に、黒い長髪の美しい男(子安さん)が声を掛けてくる。
火野と名乗るその男は、どんな仕事でも請け負う“便利屋”で、安見はその相棒だと云った。
そして、プライベートでも火野は安見にとって大切な存在であったと告げられる。
記憶を失い、自分が何者か解らない恐怖、人を殺してしまったと云う負い目を持つ安見は、火野に真っ直ぐな想いをぶつけられて、彼という存在に縋り溺れていく。
一方で、安見が関わった“殺人事件”が引き起こす混乱を防ぐため、関東侠和会の遊撃部隊に属する那岐(鳥海くん)と加賀谷(三宅さん)も動き出す。
安見と火野、那岐と加賀谷。
4人の男たちの過去と因縁が交錯し、混迷の戦いが始まる――。


しつこいけれど、面白かったです。
これを聴いたら絶対に「迷鳥」を聴かずにはいられないと思うし、ひろのように我慢出来なくて原作を買いに走ってしまう方もいらっしゃると思う!
けれど、何だろう。
声や絡みに“萌え”を一直線に求めて聴くと激しく肩透かしを喰らいます。
頭をストーリーをどっしり愉しむモードに切り替えてからお聴きになることをお勧めします。

そして…実はひろ、苦手なのです…、ヤの世界のお話が。
人名、組名、関係、ちっとも覚えられない。
けれど、ひろは総て完璧に把握してストーリーを愉しみたいタイプ。
よって、解らないと云うことにイライラして、集中出来ない…あほです。人生損してます…。
そんなわけで、初聴はひたすら美しくも妖しく怖いこやぴにしがみ付いて聴き終えました
どなたか、このCDの正しい愉しみ方をご教授願います…っねこ


・声
もう何よりも誰よりも先に書きたい!
火野一左(ひの・かずさ)に、子安さん。
めっちゃミステリアスなんです、このこやぴ…っ!!!ねこ
ヒトとしての感情のネジが数本何処かに迷子になってしまっているこやぴ。
“仕事”と割り切った風でもなく、当たり前のように人を殺してしまえる男。
抑揚の殆どない、気怠げな喋り方…。
感情の機微が全然感じ取れません。
こんなに淡々としているだけなのに、なっ、何なのこのフェロモン……っ(もはぁっ)
何を考えているのか全く解らない怖さ…、ふわふわ、ふわふわ、夢遊病者のような…本当にめちゃくちゃ胡散臭いこやぴ。
“得体が知れない”が此処までぴったり来るこやぴヴォイスは久々に聴きました。
2枚目だとか、クールだとか、鬼畜だとか、萌えー!! とか、そんな安易に喜べるような雰囲気でもなく、兎角掴めないし、形容出来ない。
そんな火野にぴったりの、形容出来ぬお声と演技プランでしたよ…。
お蔭様で記憶喪失の安見と共に、こやぴに惹かれたり畏れたり、此方の感情はフル回転でした(苦笑)。
近藤さんに向けてだけ、声に甘さが乗るのがたまらんかったーねこ

記憶喪失の青年、安見亨(やすみ・とおる)に、近藤さん。
何処か中性的な雰囲気。
綺麗で、時に色気のあるお声でした。
けれど基本は男前路線でサバっとしていて、受け受けしくありません。
透明感のある、けれどもぶっきらぼうなお声がとっても心地好い
素っ気無い雰囲気からどんどん艶を帯びていく近藤さんヴォイス最高ですっ
近藤さんのお声はとっても不思議で、ひろは自分=安見の構図がすぐに出来上がりました。
妖し過ぎる謎の同居人・こやぴに身も心も囚われて行く近藤さんに引き摺られまくり…。
安見の目線でこやぴを感じ、怯え、惹かれ、そして自分が誰か解らぬ漠然とした恐怖心や不安感がすっと入り込んで来る感じです。

那岐顕司(なぎ・けんじ)に、鳥海くん。
若き諜報員のリーダー。
32歳の等身大の鳥ちゃんヴォイスは落ち着いたトーン。
地声に限りなく近い感じで、語尾が甘く気怠いのがずるいっっ!(ぇ)
こやぴと対峙する墓地のシーン、好きだったなあ…ねこ

そんな鳥ちゃんの相棒・加賀谷功(かがや・こう)に、三宅さん。
超重低音!
めっちゃ格好良いとかそう云う前に迫力に圧されます。怖い!(笑)
鳥ちゃんを愛し過ぎているのがツボでしたねこ
そしてたまに鳥ちゃんのお母さんみたいになるのも美味しい

この2CP、ほぼ比重は変わらず互いの関係や何かが交錯するように描かれます。
けれど、ひろは自分=近藤さんで聴いてしまうせいか、どうしてもこやぴのことと自分の素性のことばかりが気になって三宅さん×鳥ちゃんCPをじっくりみっちり聴き込めていません…。
うう、これは下巻が出てからかなあ


・雑感
これ、語るのが凄く難しいです。。。
繰り返すようですが、この作品の良さって、簡単に語れる“萌え”じゃなく。
いや、萌えられる方はきっと存分に萌えられるのだろうけれども、ひろは…。(萌え能力低い子)
じっくり聴きたい2枚組ではあるのだけれども、じっくり聴くとどっと疲れます。
それくらい重い…のに、下巻「迷鳥」は更に重いと云う…ひいいいい…っ
そんなこんなで、今更ですがこの記事、ちっとも役に立たないと思います。(チーン)


取り敢えず好きだったのが、初っ端の雨のシーン。
柔らかで、包み込むような雨の音がリアルで凄く雰囲気有ります。
サイバーさんは音作りにリアリティがあって好き★

萌えがないと呟いていますが、ひろにとってこのCDはこやぴ萌えと三木くん萌え。
まず、トラック4のえろ怖いこやぴに悶絶!

近「…火野……、ごめん。」
子「――何がだ?」
近「恋人のこと……、忘れるなんて最低だよな」
子「…謝らなくていい。お前が悪いんじゃない」

この会話にキュンとしていたのも束の間、いやらしい意志をもって触れて来るこやぴの手を拒絶した近藤さんを静かに責めるような声がもうヤバイ!

近「火野、やめてくれ。無理だ!」
子「…何が。何が、無理なんだ?」
近「そんな風に触らないでくれ。すぐには無理だ…、応えられない」
子「…じゃあ、待てば応えてくれるのか。その内、お前から誘ってくれるって云うのか――?」

恋人同士の会話の甘い感じは欠片もなくて。
この後もこやぴの殺し屋と云う仕事についての話題に移るのですが、もう淡々と近藤さんを追い詰めて行く感じ。
その淡々さ加減、時に囁くような妖しいお声が怖くてエロくてくらくらします。
笑い方も何処か壊れていて、すっごく怖いの!
ちょびっと某BASARAの明智@SHOW HAYAMIを思い出すような…

「たっぷり可愛がってやるから――俺に抱かれる歓びを思い出せ…」

このキメ台詞はかなりリピートしました(笑)。
囁いているこやぴに一切噴かないなんて、何て凄いことなの…!!!(待)
それにしても、折角の絡みがモノローグのBGMのようになっていて口惜しい…
原作ではもっと濃ゆいし、火野がもっと鬼畜なのにーっっ!

そして三木くん。
トラック6初っ端から、「三木様~っ!!と黄色い声を上げたのはひろです(笑)。

「――どうして連絡を絶った? ずっと心配していたんだぞ」

やっばい!
正直に云うと、このCDで一番萌えたのは三木くんヴォイスでした。
ユギさんのオムニバスCDへの期待が高まりましたっ
ほんと三木くんって、声自体は殆ど変えていないのに、変幻自在だなあ…。
押し殺したような低音、お堅い職業の人なんだろうなあってすぐに解るこの不思議。
この三木くんヴォイスのために「エス」シリーズを聴いてもいいかも…ねこ(待)

あと、トラック7のこやぴの纏う何とも淫靡な雰囲気も最高です。
指をしゃぶる音のいやらしさ…近藤さんの気が昂ぶっている感じもエロス

「来いよ。ベッドでもっと…気持ち良くしてやるから…」

い、いいいいいい行く…っ!!!(ひろさん自重してください)

がつん、とキツく云うわけでもないのに、有無を云わせぬ命令口調に感じるこやぴの喋り方。
そんな中、「キスしてくれ…」と云う言葉だけやけに甘く聴こえました。
「俺が居るんだ…、もう怖くないだろう――?」と云いながらも、その声は逆に近藤さんに縋るように感じられたことも、火野と云う男の揺れ幅の妙だと唸る唸る。
ほんとに難しいよこのCD!(……)
それにしてもこの絡み、もっともっと長く聴きたかったなあ…

絡みと云えば、2枚目のトラック4の近藤さんはすっかり従順になっていて可愛かったです
従順と云うか、身も心もすっかりこやぴに堕ちてしまっているのが…ねこ
けれどこの絡み、もっともっと長く聴k(強制終了)

そして、トラック5の鳥ちゃんとこやぴの墓場のシーン。
此処めっちゃ好きだった…
早く下巻のあのシーンが聴きたい~~っ!!(どのシーンですか)

下巻のリリースはとても愉しみですが、「囮鳥」よりも更に難しい出来栄えになる気がして…。
そして気力・体力共に必要だろうなあと(珍しく原作を読んだので)思ってしまいます。
レビュを書けるところまで聴き込むことすら大変そうです。
今回みたいなダラダラ雑感になりそうな予感…(…)。


フリートークは9分弱。
本編を聴き込むのに疲れたせいか、ものすっごく癒されました(笑)。
矢張りひろはコメディか微シリアスくらいを聴くのが性に合ってるのかなあ…(…)。
こやぴの地声、「びょんびょんびょんびょん…」を聴いて安心したひろはちょっとアレですか?(笑)

三宅さんへのこにたんの突っ込みも異様に嬉しくなりました。
小粋なジョークを云えとかどんどこハードルを上げられて、どんどこ声のトーンが上がって(笑)へたれる三宅さんがひろは大好きです(笑)。

そして最も萌えたのが、

三木くんが「コヤピー」って云った瞬間

だったひろははい、アレ(どれ)です、ね…(…)。
うわ~~~っっ、我乍ら何かすっごいへたれ記事!
す、すみません(笑)。
結構何日も掛けて書いたのになあ(笑)
纏めると、ひろには未だ難しい大人の作品ってことで…って、ひろもいい大人なんですけれど(笑)。
ひろのように声萌え・癒し・絡み…辺りを求めて聴くよりも、英田さんファンの方、『デコイ』原作ファンの方が聴かれるのが一番幸せで、正しい気がします。(勿論、それはどんな時でもそうなのでしょうけれども)


▼原作
デコイ 囮鳥
デコイ 囮鳥 (SHYノベルズ)

↓続きが気になってうっかり買ってしまったス…(笑)
デコイ 迷鳥
デコイ 迷鳥 (SHYノベルス)

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

COMMENT

この作品、子安さんの声のトーンが好評なんで気になってるんですが、自分もコメディ~微シリアス派なんで踏ん切りがつかないんですよねぇ…(英田作品未読と言うのもあるのですが)。
でも子安さんのあんな台詞やそんな台詞とフリートークの三木さんの発言は聴きたいなぁ(笑)。
こういうとき、1枚のならエイッ!と冒険もできるけど、2枚組しかも続編ありだと躊躇ってしまいますね(最近そんなのばっかりな気もしますが…)。
by yuka☆ #XWELPq6Y
2009/05/21(木) 00:40 [Edit
ひろサン、おはようございます♪
先日は、メールありがとうございます~♪

この、超ヘビー級お聴きになったんですね!
わぁい! ひろサンのご感想が聞けて、嬉しいです~♪
私は、原作もそうだったんですが、‘迷鳥’まで聴いてからじゃないと感想が纏められないです…本当に、難しい!
とにかく、この聴き応えはちょっとないですよね…原作から覚悟はしてましたけど、想像以上に凄かったです、子安サンが!

CD化の話が出る以前から、火野は子安サンで脳内変換してたんです。あの雰囲気は、子安サンしかないだろうと思ってたので…
実際、あの重傷の低音ヤケドしそうな芝居に唸ってしまって、そして怖くてなりませんでしたよ。
火野という男に絡め取られて、呑み込まれるしか術がないって感じ…

子安サンの、ジワジワーっとしたプレッシャーの中で、あのお芝居を聴かせてくれた近藤くんの頑張りがとっても嬉しかったです。
巻末トークで、近藤くんがもうクタクタになってるのが判って、どんなに現場が凄まじいものだったのか、想像を絶するなぁと…

鳥サンと健太は、後半が正念場ですね。
鳥サンの那岐も健太の加賀谷も、とっても嬉しかった!
健太は、また良い役もらったなぁ~♪と思います。同時発売の『ドロップアウト』での健太が、また良かったんですよ~
4月は他に『かわいい悪魔』もあったし、健太贔屓には嬉しい月でした♪

ところでひろサン、お持ちなら『エス』シリーズ聴きましょうよぉ!
『エス』シリーズご存じない状態だと、小西サンの登場がどんなに嬉しいものかとか、三木眞サンの厳しい立場とかが…
特に、‘迷鳥’での篠塚の無念とか喪失感とか、索漠としたものが半減以下になっちゃうかも…
だから、『エス』シリーズ聴きましょう! 中村悠一も出てますから(笑)。
by 季菜子 #-
2009/05/21(木) 06:41 [Edit
ひろさん、こんにちは^^お久しぶりです!

・・・そうなんです!そうなんですよ!!!!

私も原作が好きで、原作もとにかくストーリーを楽しむものだって思っていたのですが。でも随所に萌えた部分はあったんですよね(Hもちょっとあったし←)・・・CDが絡みフェードアウトなこともあって、萌えが半減してしまって、少し残念でした。でもコヤピの甘い声が萌えました・・・さすがコヤピ。

まさに。このCDは原作ファンが買うもので、絡みとか萌えとかの期待する人には簡単にすすめられないかもです。

私も原作のほうがいいな、という感じで後編があるだけにうまく感想がかけませんでした。原作読みかえしているときにCDかけながらきくのがいいかな・・・。

三木さんのコヤピー発言は・・・確信犯でしょうね!笑
by ありぃ #-
2009/05/21(木) 10:52 [Edit
>yuka☆さん
こんばんはv

これ、あちこちでかなり高評価ですよねえ…。
そうそう、特にこやぴの火野が絶賛されていて><//
コメディ~微シリアス派で、原作未読ですと、手放しでお勧めは出来ないと敢えて申し上げておきます。。。
兎角ストーリーを追って夢中になれないと、声萌えだけでは結構厳しい作品だと思いました。
yuka☆さんに一番聴いて戴きたいのは、正直三木くんの「コヤピー」です(笑)。
萌えた箇所を挙げろと云われれば挙げられますが、けれど、そこじゃないんです、って弁解したくなるようなCDです。(不明)

なんて云いながら、こやぴにはがっつり堕ちましたv(笑)
これを聴くなら絶対に「迷鳥」の方も聴きたくなると思うので、結局は4枚…。
思い切るにはちょっとお高いですね(´∀`;)
下巻の評判待ちでも良いんじゃないかなあと思います。(コラ)
by ひろ #hurAyYjo
2009/05/21(木) 23:01 [Edit
>季菜子さん
こんばんはv
先日は此方こそ、本当に有り難う御座いましたっvv(ぎゅううううっ)

聴きましたよう…何の前知識もなく、「エス」も積んだままで(笑)。
本当に捉え方が難しくて、雑感ですら苦しみながら書きました(苦笑)。
あまりに書けないので、途中、ひろも「迷鳥」を聴いてから書こうかとも思ったのですが、そうすると自分の怠惰癖のせいで結局書かずに流れてしまいそうな気もして、無理矢理UPしちゃいました(…)。

こやぴ凄かったですね。
火野が掴めなさ過ぎて解釈出来ず、また続きが気になって原作にも手を伸ばしましたが、こやぴの芝居が一切ズレていなかったことを知り、更に難しくなりました(´∀`;)
季菜子さんの脳内では最初っからこやぴだったんですね♪
何だか嬉しい~(´∀`*)vvv

それにしても近藤さんの疲労は凄かったですね(笑)。
兎角、大変な収録だったんだろうと思います…。
だって、聴き手の此方ですら聴き応え有り過ぎてめっちゃ疲れましたもん…(ぇ)。

鳥ちゃんと三宅さんは、物語が完結した段階でもう一度愉しみ直そうと思います。
萌えどころは絶対此方のCPの方が多い気がするんですよねえ…。
季菜子さんの三宅さんレビュも今から愉しみ♪(´∀`*)むふ

「エス」は本当に…ねえ?(待)
すっごく勧められて、じゃあ…と纏めてゲットしてみたものの、クローゼットで熟成中です。
どうも、英田さんの世界観がひろの普段のBL萌えとは違う空間に在るせいか、凄く構えてしまって…。。。
シリーズもので枚数があるせいもあるのですが(´∀`;)
そのせいで「エス」の中村さんどころか、ユウトな中村さんも一切手付かずのままなんですよねえ(笑)。←
ああ、けれど重たい腰を上げなきゃいけないかなあ。
うう、デコイだけでこの疲労感なのに大丈夫でしょうか、季菜子先生…っ!(ノд<。)゜。(ひしっ)
by ひろ #hurAyYjo
2009/05/21(木) 23:12 [Edit
>ありぃさん
こんばんはv

CDとしては中々に難しい作品でしたねえ、これ><
ありぃさんは原作がお好きとのことですので、ひろよりは全然堪能なさったんじゃないかなあと思いますが(´∀`*)
ひろは原作未読で1回目を聴いたので本当に唸りました(苦笑)。
CD的には絡みの濃さが激減していたのが勿体無い!
原作ファンじゃなくとも、原作に忠実に絡みが入っていれば、もっと萌える人が増えたと思うのにー! と原作を読みながら吼えました(笑)。
だってこやぴの声萌えは完璧ですもんねえ…(´・ω・`)

自分が聴く分には良しとしても、ありぃさんが仰ったように、CDって絡みや萌えを期待される方が絶対多いと思うので(ひろもそうですし/…)手放しにお勧めするのは難しい作品だと感じました。

しかもストーリーがストーリーなのと、かなりいいところで続く…になっているせいで、全然感想書けないですよね(笑)。
と、取り敢えず三木くんのコヤピー発言に萌えたからいいか…v(ぇえええ)
by ひろ #hurAyYjo
2009/05/21(木) 23:19 [Edit
>拍手コメントレス//ぴよさん
こんばんはv
うわわ~~~っ、ご無沙汰しております~~っ!(ぎゅううううっ)
偏頭痛…辛いですね(´・ω・`)、
頭痛と腹痛は本当に一番消耗しますもん…どうぞお大事になさってください><。
はっ。
もっ、もしやぴよさん…1日に3度も来て下さっているせいで、ひろの変態オーラにやられているんぢゃ…!(しーん)
おおおおおお…(ノд<。)゜。(泣かないでください)
冗談はさておき(冗談…?/…)いつも本当に有り難う御座います><。
ぴよさんのように、コンスタントに遊びに来て下さる方がいらっしゃるお陰で続いています。

デコイ、久々にぴよさんのお好みのこやぴでしたよねえ♪*♪
ヨレヨレになりながら、ぴよさんはお聴きになったかなあ…って思っていましたv(´∀`*)
うう、ぴよさんも三木くんの「コヤピー」には矢張り萌えておられる…!(安心/笑)

と云うか!
コルセーア全サでこやぴ×三木くんが聴けるんですか?!
ひえええええええ…!!!!!
全然知りませんでした…!
うわわわっ、何でそんな素晴らしいCPが全サ?!
サイバーさん、何故なの~~っ(ノд<。)゜。

この罪滅ぼし(ぇえええ)に、下巻はこやぴと近藤さんの絡み、もっと原作に忠実にねっとり鬼畜にお願いしたいところですね…><//
by ひろ #hurAyYjo
2009/05/21(木) 23:28 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by #
2009/05/24(日) 06:45 [Edit
>鍵コメレス//アヤさん
こんばんはv
お返事が遅くなってしまってすみませんっ><。

アヤさんは『デコイ』→『エス』と6冊ハシゴでしたか…!
矢張り『エス』を読むなり聴くなりした方が『デコイ』も愉しめる感じなんですねえ。
あ、寧ろ『エス』の世界を知っていないとだめな感じですか!(笑)
あわわわ、引っ張り出して来なきゃ…、、、なんて云っている間に「迷鳥」がリリースされてしまいそうです><。(とろ過ぎ)

この世界観は慣れない人間には結構大変ですよね(´∀`;)
関係がほんとにちんぷんかんぷんで、けれどそれが解っていないと色んな伏線が回収されたところでちっとも「おお!」ってならないのがつまらないし。。。
ひろもきっと、6冊×2回読みコースだと思います(笑)。
『デコイ』は飛ばし飛ばしですが、結構何度も読み返したんですけれど…矢張り『エス』が足りないのね><。(ぇ?)


しかし窮鼠&俎上、予約したのに発送されなかっただなんて(ノд<。)゜。
最近Amazon、そう云うの良く聞きます。。。
それじゃあ予約の意味ないですよねえ…しかも発売日にならないと解らないなんて…。
Webでは寧ろ『窮鼠~』の再販が遅れていた印象でした。
単純に『俎上~』より初版の数が少なかったんでしょうけれど…、せとなさん人気ほんと凄まじいですね!
アヤさんまで振り回されてしまうなんて凄過ぎます!(鼻息)
by ひろ #hurAyYjo
2009/05/26(火) 22:51 [Edit

Comment Form


 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

    管理者:ひろ
    西に生息中のBL・ネイルアート好き声ヲタ。
    男性声優さんに関してはかなりの博愛主義。
    どうぞお気軽にお話ししてやって下さいv

    ●愛・好・尊・萌
    緑川光・中村悠一・中井和哉・子安武人
    戦国BASARA・TIGER&BUNNY
    西川貴教(TMR/TMR-e/abs)
    鹿乃しうこ・京極夏彦・辻村深月 and more...

    嗜好の詳細は取り扱い説明書をどぞ。

    ぱちぱち(*゚▽゚ノノ゙☆

    --
    2008年マイベストBLCD * 2009年マイベストBLCD
    2010年マイベストBLCD * 2011年マイベストBLCD

    緑川光さんにまつわる20の質問 * 中村悠一さんにまつわる20の質問



カウンタ

 
現在の閲覧者数:

Thank you for visit!
500,000HIT 08/07/23
1,000,000HIT 09/04/02
1,500,000HIT 09/12/07
2,000,000HIT 10/12/07
2,500,000HIT 11/09/22
3,000,000HIT 12/12/27
with Ajax Amazon



ブログ内検索

blog ranking★ * にほんブログ村へ * blogram投票ボタン * FC2 Blog Ranking



ゲーム・BL新作商品情報



新着記事



カテゴリ



コメント有り難う御座いますv

    データ取得中...



過去ログ



blog内記事ランキング



拍手ランキング



読書メーター

ひろの最近読んだ本



BLCD攻×受リスト



お買いもの?



ひろ×Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter



    Link



    QRコード

    QRコード



    RSS



    --

    track feed .



    Copyright © Little Sweets. All Rights Reserved.
    テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材: ふわふわ。り )     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。