05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2009.08.21 *Fri*

『猿喰山疑獄事件』

猿喰山疑獄事件
遙々アルク//2009/07/10
猿喰山疑獄事件 (ビーボーイコミックス)

※8/21夜 雑感を追記しました。

たった今読了して、放心状態です。
でも、何か書いておかなきゃって思ってPCを立ち上げたは良いけれど、何も言葉が浮かんでこない…。
アルクさんは、『ビター×スイート』が凄く好きで。
今回、総てに於いて確実に上手くなっていらっしゃる…! を強く思いました。
この世界観、一見色々と無理もあるように思うのに、突っ込みどころがない。
結局ご都合主義でしょ、って鼻で笑ったり出来ない。
そうそう、前に比べてエロスのレベルも上がっていました。


・ストーリー
星グループの若き総帥、星義彦。
猿喰山にある星家の屋敷に入り込んできた庭師・鷺坂貢。
義彦は鷺坂の美貌と自由な心に次第に魅了されて行くが、鷺坂の意図は別にある。
愛を告げる義彦に応えた鷺坂の思惑、そして真実とは?
最後まで予測不能な純愛物語、ここに開幕――。


先ず、ぐぐっとこの世界に引き込む最初の1ページがとてもいい。
2ページ目からは兎に角先が気になって仕方ない。
一息もつかず、つけず、ページを捲る手が止まらない。
貪るように読み続けて、最後の4ページ。
一体何処から来たものなのか解らない、正体不明の涙がぼたぼたっと膝に落ちて、自分が一番驚きました。。。
突然凄く息苦しくなって、暫く見開いた眼が上手く動かなかったくらい。
意識しないと、上手く呼吸が出来なくなりました。
哀しいとか苦しいとか、そう云うのだけではない、形容出来ない感情が怒涛のように押し寄せて来て、たぶん心が壊れないように涙が出ちゃったんだと思う。。。
それくらいに、読後感がただ、“呆然”。

今もこれを打ちながら、胸の辺りに何か重石が沈んでしまったみたいな感覚。
このエンディングは、何?
一体何なの、この本。

凄く力のあるストーリー展開に、ただただ圧倒。
ドラマティックな癖に、シニカルでシビアな大人の御伽噺。
面白かった。理屈じゃなく、面白かった。
たぶん、本仁戻さんがお好きな方は何処かツボに刺さると思います。
その代わり、合わないひとは徹底的にだめだと思う(苦笑)。
ただ、イラストは苦手でも一度トライする価値は充分にある! この際イラストは不問。(何が)
ちっとも上手く纏まらないけれど、取り敢えず一読のインパクトを書かなきゃ! と云うことで。

※8/21夜 此処から先、もう少し雑感を追記しました。


遙々アルクさんは、自分が世界から要らないと思われているような気持ちになる孤独を、良く知っている。
誰もがきっと持ったことがあるであろう感情を、良く覚えている。

ぎ‐ごく【疑獄】
1 政治問題化した大規模な贈収賄事件。
2 犯罪事実がはっきりせず、有罪か無罪か判決のしにくい裁判事件。



仰々しいタイトル。
おバカなひろは取り敢えず意味が捉えられず、第一印象は「???」。
最初「脱獄事件」って勘違いしていました(笑)。
猿喰山と云う地名にも何か思惑があるのかなあ…と勘繰ってしまう程度に、深いです。
一読目は兎角必死で読んでしまったので、読み零してしまった伏線や小話も多々。
映画のようなストーリー展開でした。
有無を云わせない力強さ。
下手な茶々を入れることは無粋だと思わされます。


星グループの若き総帥、星義彦。
彼がただの冷徹非情な考えなしの王ではなく、身近な家人たちから、そしてグループ傘下の社員から誇られ、愛される存在であるのがとてもいい。
星がそう云う人物であると云うことを、アルクさんは独特の台詞回しと、相変わらずの詞的なモノローグで実に巧く魅せてくれます。
ああ、ひろは本当にこのひとのテキストのセンスが大好き。

このお話、ただの“王様”の初恋物語や、庭師のシンデレラストーリーなどではありません。
星は最初から地に足のついた大人だから。
彼の存在と、その深い孤独、そして優しさにとても救われました。
彼は、自分が「人を愛せない人間」であることを悟りのようなレベルで気付いていることに、一種の諦めと哀しみを覚えています。
人からそう云われることよりも、己が己自身をそう評していること、そしてそれをちっとも否定出来ないことを、心底哀しみ、苦しんでいるように思いました。
彼の抱える深い深い孤独は、そこが根底なんじゃないかなあ…。

そんな哀しみの王の前に現れた、庭師・鷺坂貢。
鷺坂は子どものように無邪気に、そして時に誰よりもシリアスに、星の生活に少しずつ介入して行きます。
空を行く鳥のように自由に生きる彼は、星に対してすら物怖じしません。
やがて、その愛らしさと、けれど飛び続けねばならぬ宿業を背負った小鳥のような彼を、星は深く愛してしまうようになるのですが…これがねえ、鷺坂ほんとに可愛いんですよ。(何)
文字だけで「美貌の庭師」とか云われても、正直「ビボー??」なのですが(待)、鷺坂のくるくる回る表情と、何処か抜けたような喋り口調に親近感を抱き、そして時に見せる裏の顔に胸がしめつけられました。
そう、彼は星をカモにしようと企む詐欺師だったのです。

鷺坂の真意は何処にあったのかな。
星が王たる発言をする度にそっと諌める。
それは、星に取り入るためのステップでしかなかったとはひろには思えませんでした。

「信じて下さい、人を」

星に投げ掛けた言葉は、本当は己に云ってやりたい言葉だったのかもと邪推してしまいます。


先にも書いた通り、星は最初から地に足のついた大人でした。
王として、光の中を颯爽と背筋を伸ばして歩いて行くひとです。
彼は見た目は冷たくスマートに、けれどきっと必死で生きていました。
光の中を行く彼の傍らで、何とも惨めで哀しいそれぞれの生涯が描かれます。
星も鷺坂に出逢わなければ、非情な暴君を巧く演じ切るだけの生涯だったかもしれません。
御伽噺の主人公は紆余曲折の果てに幸せを掴むけれど、その影で容赦なく斬り捨てられていく魔女や継母や王がいるのです。
勧善懲悪とはちょっと違う。
けれど、総ての行いには、やがて帳尻合わせの皺寄せがやって来る。
人に働いた悪事はそのまま、呪詛となって自分に返って来る。
このお話を、シニカルでシビアな大人の御伽噺だと思った理由は此処にあります。


そして何度読み返してもぐうっと涙の押し寄せるラストシーン。

「迎えに来たよ」
「うちに帰ろう」


こんな何てことない言葉に、こんなにも心が震えたのは初めてです。
ひろはどんなに理不尽でも、ハッピーエンド至上主義ですが…、こう云うハッピーエンドもありだなあと思わされるラストでした。
やっぱり放心状態。
そしてどうしてもとっちらかって云いたいことが纏まらない

兎にも角にも、どうか2人が薫彦とアヒルの3人と1匹、そして彼らを家族のように愛する家人たちと共に、猿喰山で心安く、穏やかに暮らしていますように…!
そうそう、ビター×スイートのあの彼の兄が検事として登場していてちょっと嬉しくなりました♪

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

COMMENT

ね、ね!
良かったでしょ~!

あの最後の4ページの為にこの物語はあったんだなあと、私も読み終わってため息が出たもの。
お伽噺のハッピーエンドは、色んな残酷の上に成り立ってるんだよね(´;ω;`)
でもやっぱりこれも幸せなのかな。
ちゃんと王様は迎えに来てくれたしね!
by 乱菊 #pMXl.iIs
2009/08/21(金) 00:59 [Edit
ひろさん、こんにちはー!

アルクさん、実は前々から気になっておりまして…(´・ω・`)
『ビター×スイート』を買おうか買うまいか、長い期間迷ってました。
ひろさんが仰ったように、絵柄に苦手意識持ってたかもしれませんねぇく(´∀`)
でも、最近は年の所為か(爆)、前は食わず嫌いをして読まなかった作家さんの作品を、
それこそ貪り読むように…飢えているのかもしれません(*´Д`*)

本仁さんが好きならツボに刺さるというお言葉と、
ひろさんのこの記事を拝読して、「よし買うベ!」と決意しました(爆)
何やらこの本、読後感が凄そうですね!(`・ω・´)
早速書店に探しに行かねばです。
設定だったり内容の構成だったり、絵柄云々を差し置いてでも作品として秀逸なものってありますよねぇ。
エロスのレベルも上々とのことなのでvv読んでみるのが楽しみです!

BLCDアンケの結果関連の記事も拝読しましたー(*´∀`)ノシ
最近は以前に比べてめっきり聴く機会が減ってしまったBLCDだったので、
私は楽しく傍観する側に回っていたんですが、何故だか無性に色々と聴きたくなってきました!
特に気になっていたのが、大和名瀬さん原作の『教師も色々あるわけで』ですね。
原作漫画も元々好きなんですが、あの杉田さんが受けなので!
買いたいなーとは思っていたんですよーvv
私も杉田さん受けに近々感動すると思います(笑)

そうそう、こちらのブログのサイドにあるコミックスのタイトル!
私も狙ってた本がかなりあって、ひろさん同じだわーとワキワキ(笑)してました!
夏目さんの『フリーパンチ』と、
阿部あかねさんの『奪われることまるごと全部』が非常に楽しみであります。
今月は迷う男のCDとGOLDもありますしね…夏コミ新刊もあるしで散財確定です(´;ω;`)
BASARAの勢い、本当に止まりませんね…。
by #-
2009/08/21(金) 12:02 [Edit
>乱菊さん
こんばんはv

うーっ、良かったよおおおっ(ノд<。)゜。
荷物重たかったけど(待!)買って良かった><。
お勧め有り難う御座いましたv(´∀`*)むふ

最後の4ページ、あれ何でしょうねえ…。
本当に素で衝撃を受けました。
あんなラストシーン、ちっとも想像してなかったです。
色んな残酷は、このお話ではどちらかと云うと「哀れ」で、正直見たくない、触れたくない部分も多く…けれど、BLでこんなにズシリと来たのは久々で素直に面白かった!><//
前のコミックスに収録されていた「Cleaning」がひろはどうしてもだめだったのですが(そしてこれが世間的には凄い大評判だった罠/笑)、このお話はハッピーエンドだったと思えます。
あー…アルクさんもっと読みたいぃ~vv(´Д`*)
by ひろ #hurAyYjo
2009/08/21(金) 22:14 [Edit
>暁さん
こんばんはv

おおっ、暁さん『ビター×スイート』未読でしたか…!
是非是非是非! お勧めですよ~っ!><//
絵柄は今回のこの本より更に古いのでアレですがもにょもにょ(…)。
でもね、不思議なことに読んでいるうちにのめり込んでしまって、前作も今作も、ひろは受けちゃんが凄く凄く凄く可愛く見えてしまいました。
本仁さんがお好きな暁さんの飢えをきっと癒して下さる作家さんだと思います!(鼻息)
漫画なのに小説を読んでいるみたいに、兎角テキスト量が尋常じゃないので最初は吃驚なさるかもしれませんが…(笑)。
そして今作は読後、放心状態になると思います。
胸がいっぱいになると云うか…、総てが飽和状態に(…)。
是非暁さんのご感想、お聴きしたいですっ!(挙手)
はっ!!
でもねでもね(ガシ)、エロスのレベルはあれ(どれ)なんです、前作に比べてUPしていたのだけれど、前作はプラトニックだったんです…!
なので、濃ゆさはごめんなさい。(謝った)


アンケート結果も読んで下さって有り難う御座います~v(´∀`*)でれ
「教師も色々あるわけで」、正に今ひろの手元にキープしてあります(笑)。
共に成長した杉田さん受けに感動しましょうぞ…!(笑)

暁さんとは好き作家さんがかなりカブる気がしています♪*♪
趣味が似ているのかなあ(´∀`*)vv
夏目さんは大人気ですが、阿部あかねさん!
いいですよ、ね…?!(ガシ)
と云うか阿部あかねさんがお好きなら、アルクさん作品は更にお勧めしたい感じですヨ(笑)。
しかし8月から年末まではかなりの財政難が続きそうです…。
一体どれを諦めれば良いのか悩む毎日(苦笑)。
「迷う男」、もうすぐ届きますね~vv(*´Д`*)どきどき
GOLDは勿論発売日にダッシュ(!)ですし、何より恐ろしいのは夏コミ新刊…!
暁さんに戴いたBASARA作家さんリストと睨めっこしつつ、お蔭様で良きお買い物が出来そうですvv(ぎゅぎゅっ)
けれど更に厳しくなる財政…。(チーン)
by ひろ #hurAyYjo
2009/08/21(金) 22:27 [Edit
ひろさん、こんばんは。

これ、私もいろいろと衝撃的な1冊となりました。
絵柄が苦手な方にも、ぜひとも読んでもらいたい1冊だなと。

『Cleaning』もかなり衝撃的で、めっちゃ胸が痛くなったんですよ。
ダメってことはなかったんですが。
ぼろぼろっと泣いちゃって。

でもでも、今回はあれ以上の衝撃が走りましたよ。
「うわっ、なんだこれ」でしたね、まさに。
地に足のついた大人たちの御伽噺だけに、こんなハッピーエンドもありだよねと。

いまだに、何をどう書いたらいいのかわからないんですけど、何度も読み返したくなる、そんな1冊であることだけは、間違いありません。
by あけみ #-
2009/08/21(金) 23:15 [Edit
あけみさん、こんにちはv
そしてお帰りなさ~い(´∀`*)vv

ガツンと来る1冊でしたよねえ…。
アルクさんの久々の新刊と云うことでちゃんと購入リストに入れていたのですが、「Cleaning」のこともあり、読後感が気になって中々手を出せなかったんです(´∀`;)ヘタレ…
こう云う云い方は失礼かもしれませんが、絵柄は読んでいる内に不思議と気にならなくなりますよね?!
イラストで喰わず嫌いが勿体無い作家さんです><//

「Cleaning」、めちゃくちゃ評判良かったですよね。
ひろはあれがどうしてもだめで、受け容れられなかったのですが…今回のこの結末は、物凄い衝撃と動揺を感じながらもハッピーエンドだと思えました。
まさかあんなところに結末を持って行くとは…凄い作家さんが出て来たものです。。。
ほんと、この作品を読んで自分が感じたことや感動したことや、心が揺さ振られたことを文字に起こすの、めちゃくちゃ困難ですよね。
何て云っていいのか解らないけれど、でも書かなきゃ!! って思わされる力のある1冊でした。
この本は手放せません!><//
by ひろ #hurAyYjo
2009/08/22(土) 13:39 [Edit
こんにちは、ひろさん♪
なんかちょっとお久しぶりです^_^;
日参して読ませては頂いてたんですけど、目が痛くて長時間パソコンの前に座っていられなかったり・・・
それでも夏コミ新刊の通販の検索はしっかりやってたんですけどね・・・
そんなだからドンドン痛くなって画面が見れなくなるっていうのに・・・

「猿喰山疑獄事件」泣きました~(T_T)
前作を購入した時は絵柄のせいでかなり躊躇した上にUSEDだったんですけど、今回は新刊でgetしましたよ(^^)v
読み終わって胸の中がグルグルもやもやして、でもなんとなく気持ちイイそんなお話でした・・・
タイトル仰々しかったですね~
てか比喩だと思って読んでたんですけど、ほんとに疑獄事件になってビックリe-329
攻様がBLにありがちなただの冷徹な帝王じゃないところがとっても好きでした。
by マキ #-
2009/08/27(木) 12:27 [Edit
マキさん、こんばんはv
お目々大丈夫ですか??(ノд<。)゜。
目が痛いとPC作業辛いですよねえ、ほんと。。。
なるべくPCを使わないと云うのも、ネット依存症ひろには辛かったです><。
早くマシになりますように…!
と云うかそんな状態でこんなところに日参しちゃだめです!(笑)


この本、流石はアルクさんと云いますか、、、期待を裏切らない1冊でしたよねえ…。
ひろも読了後はグルグルもやもやを通り越して、マグマが爆発したみたいにスカーン! と胸から何かが飛んでしまって、放心状態でした。
星はいい男でしたよね。
個人的には救いのあるENDだったと思っています。
しかし色々と考えさせられるお話でした…(´・ω・`)
by ひろ #hurAyYjo
2009/08/28(金) 00:49 [Edit

Comment Form


 


TRACKBACK

TrackBack List

猿喰山疑獄事件 (ビーボーイコミックス)遙々アルクリブレ出版 2009-07-10by G-Tools楽天&rarr;猿喰山疑獄事件正直「この題名は何?」って思いました。『疑獄事件』ってだけでも?なのに、『猿喰山』って何よ&hellip;&hellip;と。でも、あちこちで絶賛されてるし、『ビター...
2009/08/21(金) 23:15:49 | BLな毎日 [Del


プロフィール

    管理者:ひろ
    西に生息中のBL・ネイルアート好き声ヲタ。
    男性声優さんに関してはかなりの博愛主義。
    どうぞお気軽にお話ししてやって下さいv

    ●愛・好・尊・萌
    緑川光・中村悠一・中井和哉・子安武人
    戦国BASARA・TIGER&BUNNY
    西川貴教(TMR/TMR-e/abs)
    鹿乃しうこ・京極夏彦・辻村深月 and more...

    嗜好の詳細は取り扱い説明書をどぞ。

    ぱちぱち(*゚▽゚ノノ゙☆

    --
    2008年マイベストBLCD * 2009年マイベストBLCD
    2010年マイベストBLCD * 2011年マイベストBLCD

    緑川光さんにまつわる20の質問 * 中村悠一さんにまつわる20の質問



カウンタ

 
現在の閲覧者数:

Thank you for visit!
500,000HIT 08/07/23
1,000,000HIT 09/04/02
1,500,000HIT 09/12/07
2,000,000HIT 10/12/07
2,500,000HIT 11/09/22
3,000,000HIT 12/12/27
with Ajax Amazon



ブログ内検索

blog ranking★ * にほんブログ村へ * blogram投票ボタン * FC2 Blog Ranking



ゲーム・BL新作商品情報



新着記事



カテゴリ



コメント有り難う御座いますv

    データ取得中...



過去ログ



blog内記事ランキング



拍手ランキング



読書メーター

ひろの最近読んだ本



BLCD攻×受リスト



お買いもの?



ひろ×Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter



    Link



    QRコード

    QRコード



    RSS



    --

    track feed .



    Copyright © Little Sweets. All Rights Reserved.
    テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材: ふわふわ。り )     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。