04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

2010.01.18 *Mon*

「世界が終わるまできみと」レビュー

世界が終わるまできみと
世界が終わるまできみと ドラマCD

お勧め:★★★★★
絡み:★★★(+★)
主要キャスト:鈴村健一・立花慎之介・千葉一伸・小西克幸・代永翼・大川透


これ、とてもとてもいいです。
大好きな作品です。
心にじんわり落ちてくるような、切ないけれどハッピーエンドがお好きな方。
是非聴いてみてください、絶対損はさせません。

年間ベストを決める作業の中で、ふとこの作品の記事を上げていないことに気付きました。
ひろお気に入りの1作ではあるのですが…どうも上手くレビュが書けない。
何でだろうなあとぼんやり考えていたのですが、これ、ひろにとっては所謂“萌え”とは違う場所にある作品です。
たぶんバレバレですが、ひろは常にテンションだけでレビュを書いているので(…)お手軽に萌えられる作品や、コメディ作品の方が記事は書きやすいんですよね…。
シリアスなものを取り上げると、自分のボキャブラリィのなさや浅薄さがぽろぽろと露呈して行く…(…)

けれど、もしも聴くのを迷う方がいつかいらしたら、是非に! と心からお勧めしたいので、今更ではありますがこっそり書き残しておきます。
お聴きになる際はハンカチよりも、フェイスタオルを片手にどうぞ。
恥ずかしながら、ひろは番外篇ミニドラマまで3時間弱、殆ど泣きっ放しでした(…)。


・ストーリー
杉原理生さん原作。
速水有理(鈴村さん)が家庭の事情で身を寄せることになった父(千葉一伸さん)の友人・高宮(小西さん)の家には、同い年の怜人(立花さん)という息子がいた。
次第に親しくなり、恋に落ちる2人だったが…
怜人との突然の別れと父親の失踪で、2人は決定的に引き裂かれる。
それから5年。
大学生になった有理は、怜人と再会するが――。

ひとつひとつの表現がとても綺麗なのが印象的です。
一文一文ぴかぴかに磨かれた、とても丁寧な原作なんだろうなあと、先ずそちらに思いが行きました。
全編、鈴村さんの語りでゆったりと物語は進んで行くのですが、彼の優しく穏やかな声が文章の美しさを引き立たせているように感じます。
冒頭に語られる穏やかで幸せな過去回想にすら一片の哀しみや切なさを常に感じさせられたのは、その効果が大きかったのではないかと…。
透明感のある、とても綺麗で幸せな御伽噺。
それが綺麗で澄み渡っていればいるほどに、切なさも加速して行くようでした。
個人的な印象ですが、スピッツの「楓」を思い出すような、そんなお話…

ひろは全くネタバレを気にしないタイプなのですが、以下は読まない方が純粋にこの世界の初聴を愉しめるかもしれません。


・声
速水有理(はやみ・ゆうり)に、鈴村さん。
過去回想の14歳と、現在軸の19歳、そしてナレーション。
この作品、すずの膨大なモノローグとナレで成り立っているのですがとっても心地好くて。
本当に、少年たちの御伽噺を聴いているかのようでした。
14歳のすずの少年声がめちゃくちゃ可愛いのと、19歳のすずも決して暗い子ではないのに少し翳りを帯びた雰囲気がとても好きです。

高宮怜人(たかみや・れいと)に、立花さん。
“お城”に住んでいる“王子様”。
それに相応しい麗しいお声です。
立花さんのお声は過去回想と現在とではそこまで区別はないかな。
硝子の硬質さと優しい物腰の両方を感じさせる、正に王子様ヴォイスでした
ナチュラルヴォイスなので、愛する某拓人を思い出す…ねこムフ

2人をメインに、脇も安定感のあるキャスティング。
中でも、すずの弟・学(まなぶ)の代永くんがめちゃくちゃ良かったです。
5歳ヴォイスのあの無邪気さ!
何でこんなに可愛いの?!
傍若無人な子どもではなく、何処か健気さすら感じさせる愛らしい代永くんです…
あれを無理なく演れるなんて凄い。心の中で何度抱き締めたことか!

そして、この2人の父親が千葉一伸さん。
一伸さん独特の線の細い、何よりクセモノな雰囲気がぴったりだったと思います。
病弱な妻を献身的に支える良き夫であり、2人の子どもの前で弱音を吐かぬ良き父親であり、そして悪い男でもあると云う多面性はお見事でした。
このお話、何処までも切ない土台の上に、ひとの優しさや善意…、兎に角綺麗なものを寄せ集めたような印象があるので、彼の真意もそこに繋がって行くのだと信じたいです。
失踪する前夜、大切に護ってきた2人の息子の寝顔を人知れず覗きに来た父親の…、それが答えであったと。

立花さんの父親はおっとりとした、何処までも優しい小西さんヴォイス。
叔父の大川さんは、甥の立花さんにとても親身な反面、すずには意地悪です。
久々に悪役を拝聴しましたが、それも愉しかった~♪


・雑感
この作品は総合的に良過ぎて、●●買い! と云う一点や、此処を是非聴いて! と云うシーンが思い浮かびません。
好きなシーンは沢山ありますが、聴いて欲しいって思うのはそれこそ全編。
原作未読のせいもあるかもしれませんが、それこそ貪るように聴きました。
あっと云う間の3時間弱。
ひろ、流石にBLCDに若干食傷気味であることは否めないのですが(…)、こう云う作品に出逢えるから聴くのを辞められないと思ってしまう、とっておきの1作です。

酷い例えですが、BLCDってストーリーに中身がなくても不思議に萌えられることがあります。
凄くいいお話なのに、BLCDになった途端に退屈になってしまう場合があります。
ストーリーも演出もいいのに、何だか声のイメージが違って集中出来ないこともあります。
そんな色んなパターンの中で、この作品は過不足がなく、世界が綺麗に閉じているイメージです。
ただ、そこに有理と怜人が居て、2人を取り巻く人たちがいて…それだけでした。
有理は有理でしかなかったし、怜人もまた然り。
それだけ、世界にどっぷり浸って聴いた証しなのだと思います。
正直、立花さんはもう少しこうだったら良かったなあ…と思ったシーンはありましたが(笑/コラ!)
…だから、ひろは何を書いていいのか解りません(…)。


物語のはじまりは、何とも心地好いすずのナレーションから。

――先ずは、御伽噺のようなはなしをしようか。
透けた空色のオーガンジーを纏ったみたいに綺麗で、
黄金色に光る蜜のように甘く流れる幸せに包まれていた時間のことを…



またね、BGMが何とも云えず心地好くて優しくて、いつも何処か切ないの…。
それこそ、御伽噺を聴くように思わずうっとりと聴き入ってしまいます。
穏やかな声で語られるのは、可愛い弟・代永くんと優しい父・一伸さん、そして少し幼い声の“お兄ちゃん”であるすずと、病弱な母の4人家族の物語。
幸せで、けれどこの家族のあまりにも儚い未来が想像出来てしまう、脆い御伽噺。
冒頭のすずのモノローグがとても印象的なのは、この物語が、幸せに包まれていた時間が終わってしまった後に続くことにすぐに気付いてしまうから。

男3人で暮らしていた僕たち親子は、毎日必要以上にはしゃいでいた。
総ては、忍び寄る哀しい気配を消すために。



どんなに幸せそうなシーンも儚く脆く聴こえてしまうのは、何故か涙が出るのは、聴いている自分が、幸せが壊れる瞬間が訪れるのを心の何処かで準備しているから。

「大丈夫だよ。……大丈夫だ。何も心配することはない」

――父は、嘘吐きだった。
何時も、嘘ばかり吐いていた。



トラック1のこのあたりでひろは既に瞳にいっぱい涙をためて聴いていました(…)。

代永くんの、我が侭過ぎない、健気さすら感じる愛くるしい弟と。
お兄ちゃんだからしっかりしなければと云う思いで無意識に自分を律しているすずと。
そんな少しの我慢の積み重ねでうまくまわっている世界に、立花さんの優しい手が差し伸べられます。

「有理だって、辛いだろう?」

これに対するすずの心情吐露が本当に何だろう、覚えのある感情だなあ…と。

“お兄ちゃんすず”の健気さでもうひとつ涙がぼろっと零れてしまったのが、トラック3の冒頭。
病床の母親との会話のあとのモノローグです。

頷いたら、涙が出てしまいそうだった。
だから僕は、顔を上げたまま笑った。



色んなことを我慢して、けれどそれを大きな不遇だとは思わないすずと。
己の辛い経験をひけらかすでも悲観するでもなく、比べるでもなく、ただすずを思い遣る立花さんと。
2人共いい子過ぎて、最早それだけで泣けます(…)。
トラック3で立花さんの過去を知った後、ただただ純粋な声での、

“弟が欲しかったんだ”

と云う回想は胸に迫るものがありました。


母を亡くした後も哀しみをこらえ、自分の哀しみよりも母が望んだようにと弟のことを先に思おうと努力するすずが、立花さんの前でだけは解放されて泣いてしまうシーンは、2人のピュアな絆に涙がぼろぼろ零れます。。。

それと同じトラックで、突然の別れ…。

怜人の声が、耳の奥に張り付いたまま、消えない――。



父親の失踪。
そのせいで起きてしまった不幸な事故。
結果的に父が背負っていたものを総て背負い、更にもっと重たいものも背負い込むことになったすずが、それを理不尽だと父や世界を恨むでもなく、ただ、今だけ泣いてもいいだろうかと密かに涙を零すそのいじらしさがもう…。
自分のことだけでも大変な事態なのに、それでも立花さんの幸せを願うと云う…何でそんなに綺麗な心を持てるのだろうと涙で前が視えません…。


対する立花さんは、5年後に再会し、また記憶を失くして尚、過去と同じようにすずの一番欲しい言葉を何の気負いもなくするりと云ってのけます。
その優しさに、あとからあとからどんどん涙が。。。

ぐだぐだになっていたひろの涙腺が決定的に決壊したのは、2枚目のトラック5。
大好きで、互いに想い合っていて、そのことも互いに解っているのにどうしてもだめで。

「これでもう会わないって云うなら、最後に君を抱きたい」



哀し過ぎて自分の鼻を啜る音とかむ音がうるさくて(ヲイ)ちっとも絡みが聴けない!
BLCDの絡みで過去1度大号泣してしまうことがありましたが、この絡みもそんな感じ…。
挙句、

「――大好きだったよ…さよなら」

なんて、こんなに哀しい別れの言葉、この2人には相応しくない…!ねこ
涙で前が視えなくなるくらいずびっずびに泣いて、更に最終トラックのすず・代永くん兄弟の会話では、たまらず声を上げて泣きましたねこ

代「ねえ、ほんとに? 僕たち、また怜人くんに会える?」
鈴「…っ……、会えるよ…っ」



すずの泣き芝居がこんなに秀逸だったなんて!!!!!
本当に、泣くのを必死に我慢して、でも全然無理だった時に息をしたらこの音になる! って云う音がねっ!!(マニアック過ぎて何がなんだか)

ずーーーっと泣き続けているせいで、絡みはいつもじっくり聴けません(笑)。
けれど立花さんは攻めていてもやっぱり喘いでいて、お花畑まっしぐらでしたねこ
絡みに対する萌えとか、そう云うのとはちょっと違う作品だとは思うのですが…矢張り何度聴いてもとてもいいし、泣いてしまいます。


あっ、初回特典のミニドラマでも絡んでます!(何情報)
フリートークは32分強。
テッカテカ★ の立花さんヴォイス(笑)。
一伸さんと代永くん…いや、翼(笑)の寸劇がめっちゃ面白かった!
と云うか代永くんのハイテンション司会、邪気がなくて面白くてひろは結構やみつき(笑)。
そして一伸さんがリアルツンでめちゃ萌えです
あっ、代永くん×一伸さん、是非お願いします!(笑)

最後の力を振り絞って代永くんのために頑張って司会をするすずに対して、

「(世界が終わる時には)ゲリラライブとかやってみたいです(笑)」

てアンタ…!!!(爆笑)
ちょっと代永くんがツボ過ぎた(本編もトークも)作品でした(笑)。


▼原作
世界が終わるまできみと
世界が終わるまできみと (幻冬舎ルチル文庫)

ひとことコメントも送信出来ます(*´ω`*)
▲何時も拍手を有り難う御座います♪*♪
 お気に召して戴けましたらポチって下さると飛び上がって喜びます(´∀`*)でれ
 拍手コメントのお返事は、コメントを戴いた記事へお返ししていますので覗いてやってください★

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by #
2010/01/19(火) 01:17 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by #
2010/01/19(火) 07:08 [Edit
>鍵コメレス//コモさん
こんばんはv

携帯版のテンプレ、シンプルにしたくてチェンジしてみました♪
ひろ、水玉模様が大好きなんですv(´∀`*)むふ
ドットいいですよね♪
コモさんが使っているテンプレも可愛くて好き好き~vv

この作品、お勧めですよう!(´∀`*)
ひろも原作がとっても気になっています。
でも、涙で本がぐちゃぐちゃになってしまいそう(…)。
CDは聴いている間ずーーーっと涙ぐんでいたので…いや、そんなずっと切ない話なわけでもないんですが、何だか泣けてくるんです><。

そして、代永くんは例の(笑!)三橋ですよ~!(´∀`*)ムフ
これはコモさんは是非是非(!)な作品ですねえ♪(にやり)

『Punch↑3』、早くゲットしたいです><//
鹿乃先生、だいぶ頑張って描き下ろして下さったみたいなので愉しみ過ぎます~vv(*´Д`*)
by ひろ #hurAyYjo
2010/01/19(火) 23:31 [Edit
>鍵コメレス//季菜子さん
こんばんはv

これは去年、書けない病がじわじわと進行していた頃に聴いたのでついつい書けないままになっておりました(´∀`;)
大好きな作品に限って、逆に記事を上げていないものも結構あったりして…一体何の天邪鬼なの、と云う感じですが(苦笑)。

> 最初のBGMが流れて、鈴村くんが「先ずは、御伽噺のようなはなしをしようか」と語り出した時点で、最早、涙腺決壊です…

もうね、これが本当にその通り!!(首ガクガク)と云う感じで…。
CDの入りのBGM、あれ聴いたら涙が出るまじないでも掛かっているんでしょうか?
ひろも、すずの第一声のあれだけでジワっと涙が込み上げました。
何で? って凄く吃驚したのを覚えています。
通しで聴いて、そして泣き続けてしまう何かがあるんですよねえ、このCD…。

すずが本当に凄かったですよねえ(´∀`*)
2009年度リリースのCDの中で、これが一番心地好い気がします。ずっと泣いてますけど(笑)。
あとはもう、立花さんを差し置いて(待)代永くんに思いっ切り(!)メロメロになりました(*´Д`*)
成人男性の芝居とは思えない…最早声優界の宝ですね、彼は><//

一伸さんのパパは或る意味大川さん以上の悪役だったようにも思いますが、それでも(それだから?)とても魅力的でした。
声が一伸さんじゃなかったら、ひろは心の中で蹴り飛ばしていたかもしれません…。(笑/ぅおい!)
と云うか云われて初めて気付きました、2009年度は一伸さん受けがなかったことに!(ノд<。)゜。
あんなに可愛かったのにー!
五番街さん、味を占めてもう少しがっついてくれたって(…)。

> こういう作品に出逢えるから、BLCDは今年も止められない…たまには、即、割ってやろうかって激怒モノもあるけどね(笑)。

爆笑!(笑)
ほんとに萌えは難しいですよね。
けれど、色んな萌えや萎えがある中で、私たちリスナーが心を惹き寄せられる作品は或る程度似通っていたりして、そこに何の法則性があるのかなあといつも思わされます。
by ひろ #hurAyYjo
2010/01/19(火) 23:42 [Edit
ひろさん、こんばんは。

このCD、ずっと気になってはいたものの、今ひとつ決め手に欠ける感があって聞いていなかったのですが、ひろさんのレビューに後押しされてつい数日前に聞きました。

勝手な大人たちの思惑に振り回されるあまり閉じてしまっている子供たちの世界が落ち着いた雰囲気で表現されていて、まさに「お伽噺」という聞き心地のCDでした。

原作を読んでいないので適切かどうかはわかりませんが、CDで聞く限りは、メインの6人の声優さんはみな適役だなぁと思いました。

特に鈴村さんの演じ分けは、素晴らしかったですね。
すごく達者な役者さんなんだなぁと再認識しました。

立花さんはイラストの印象より少しかわいい感じで(でも王子系というのを充分納得させる声質)、絡みのシーンではなんだかほのかに百合臭が漂っている感じがしました。

そして一伸さん演じる父さんの、自覚があるのかないのかわからない魔性っぷり…!
また一伸さんの受けが聞きたいなぁと、心から思ってしまいました。
(フリートークを真に受けるとすれば、ご本人は案外乗り気ですよね?)

今回もおすすめに乗って大正解でした。
それでは、また。
by ぎが #-
2010/01/29(金) 22:07 [Edit
ぎがさん、こんばんはv

わああっ、これ、聴いて下さいましたか~!(´∀`*)
そうなんですよねえ…何と云うか、華々しく(?)宣伝もされなかったように思うし、キャストも豪華なのだけど、平均的に豪華過ぎて逆に…そう、正に決め手に欠けている感は否めないかも…。
けれど、娯楽BLとはまた違った、純粋に物語を愉しめる作品で。
ひろは大好きなので、ぎがさんにお勧め出来てめっちゃ嬉しいですv(´∀`*)

そうそう、原作を読んでいないのにぴったりなのが解るんですよね。
と云うか、このキャラがあの人だったら…みたいなことを考えると云うような発想自体がこの作品にはちっともなかったです。
すずのブレのないお芝居はお見事! のひとことでしたよねえ…(*´∀`*)
個人的に、彼のこう云うしっとりとした声が大好きなのでそれもまた嬉しかったですv
立花さん、ほんとだ、百合っぽかった!!(爆笑)

そして一伸さんですよ~~!!><//
もうもうもうっ、こんなに大好きなのに何故受けがないの~!(ノд<。)゜。
一伸さん受けの需要ってそれなりにあると思うんだけどなあ…ご本人も乗り気ですし(笑)今年は受けにキャスティングされて欲しいですっっ!(鼻息)
by ひろ #hurAyYjo
2010/01/30(土) 01:20 [Edit

Comment Form


 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

    管理者:ひろ
    西に生息中のBL・ネイルアート好き声ヲタ。
    男性声優さんに関してはかなりの博愛主義。
    どうぞお気軽にお話ししてやって下さいv

    ●愛・好・尊・萌
    緑川光・中村悠一・中井和哉・子安武人
    戦国BASARA・TIGER&BUNNY
    西川貴教(TMR/TMR-e/abs)
    鹿乃しうこ・京極夏彦・辻村深月 and more...

    嗜好の詳細は取り扱い説明書をどぞ。

    ぱちぱち(*゚▽゚ノノ゙☆

    --
    2008年マイベストBLCD * 2009年マイベストBLCD
    2010年マイベストBLCD * 2011年マイベストBLCD

    緑川光さんにまつわる20の質問 * 中村悠一さんにまつわる20の質問



カウンタ

 
現在の閲覧者数:

Thank you for visit!
500,000HIT 08/07/23
1,000,000HIT 09/04/02
1,500,000HIT 09/12/07
2,000,000HIT 10/12/07
2,500,000HIT 11/09/22
3,000,000HIT 12/12/27
with Ajax Amazon



ブログ内検索

blog ranking★ * にほんブログ村へ * blogram投票ボタン * FC2 Blog Ranking



ゲーム・BL新作商品情報



新着記事



カテゴリ



コメント有り難う御座いますv

    データ取得中...



過去ログ



blog内記事ランキング



拍手ランキング



読書メーター

ひろの最近読んだ本



BLCD攻×受リスト



お買いもの?



ひろ×Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter



    Link



    QRコード

    QRコード



    RSS



    --

    track feed .



    Copyright © Little Sweets. All Rights Reserved.
    テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材: ふわふわ。り )     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。